サイエンティフィック・アメリカン

サイエンティフィック・アメリカン

サイエンティフィック・アメリカンはアメリカの大衆向け科学雑誌。アルバート・アインシュタインをはじめ、多くの著名な科学者が記事を寄稿しています。1845年の創刊以来、継続して発行されている月刊誌としては米国で最も古いものです。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

AI創薬システムが化学兵器の製造に再利用される可能性を研究者が警告

AI創薬システムが化学兵器の製造に再利用される可能性を研究者が警告した。研究者たちは、分子の正確な構造を入力せずに、VXに似た物質を生成するようにソフトウェアに依頼しただけだった。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

AIは気候変動対策のゲームチェンジャー

人工知能を、気候変動対策の手段に変えようとする研究者がいることは興味深い。「気候AI」がゲームチェンジャーとなり、広く存在が確認される利益至上主義、偏見増幅、誤情報拡散のアルゴリズムとは異なる働きが期待される。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

ハエの複眼に着想を得たドローン検知AI

コンピュータ科学者はハエの視覚系を調べ、同様のメカニズムでノイズの多いデータを除去するツールを開発した。研究者は従来のAIだけよりも最大50パーセント遠くまでドローンを検知できると主張している。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

核抑止力に伴うとてつもないリスクとコスト

今回の戦争は欧州の安全保障秩序を根底から覆す可能性が高い。また、核兵器がいかに現実的な防護手段でないかを示している。世界は核兵器がない方がよいのだ。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

巨大金魚が北米で大量発生 ”最強外来種”と恐れられる理由

カナダで巨体の金魚が大量に発見された。雨水池の過酷な環境に適応したとみられる東アジアからの外来種は、五大湖周辺の在来種を打ち負かしてしまう「超侵略者」である可能性があると生物学者は警鐘を鳴らしている。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

ウクライナはいかに前代未聞の速さで電気系統の接続をロシアから欧州へと転換したか

ウクライナはロシアの侵攻をうけ、驚異的な速度で電気系統の接続をロシアから欧州へと転換することが求められた。エンジニアは「1年分の仕事を2週間で」安全にこなすことを実現した。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

人間はAIが生成した顔を本物よりも信頼してしまう

【サイエンティフィック・アメリカン】人間はAIが生成した顔を実物よりも信頼できると感じる。人々は高度に機械的に生成された顔の画像を実際の人間と区別するのに苦労する。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

NASA、月面ローバーにEV技術を採用へ

【サイエンティフィック・アメリカン】乗員を乗せた月面車は、NASAの要求によれば、少なくとも10年は使えるように設計されなければならない。商業用電気自動車を宇宙用に改造するなど、火星の表面に対する大胆なアイデアを検討されている。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

メタバースの到来、我々はすでにその中にいるかもしれない

【サイエンティフィック・アメリカン】メタバースが到来しようとしており、我々はすでにその中にいるのかもしれない。『マトリックス』の世界のように、何が現実で何が現実でないのかを見分けられなくなる。