サイエンティフィック・アメリカン

サイエンティフィック・アメリカン

サイエンティフィック・アメリカンはアメリカの大衆向け科学雑誌。アルバート・アインシュタインをはじめ、多くの著名な科学者が記事を寄稿しています。1845年の創刊以来、継続して発行されている月刊誌としては米国で最も古いものです。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

米国人の肉の食べすぎで小水の汚染物質が問題視される

米国人が必要以上にタンパク質を食べるため小水に含有される窒素化合物が多い。その窒素化合物は畑から流れ出る肥料由来のものに匹敵することが、新しい研究で示された。有毒な藻類の繁殖を促し、大気や飲料水を汚染する可能性がある。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

GPT-3に自分についての論文を書いてもらい出版しようとしてみた

AI研究者は、GPT-3に対して、「GPT-3に関する学術論文を500字で書き、本文中に参照元と引用を加える」という簡単な指示を入力した。学術的な言葉で書かれた斬新な内容で、根拠ある文献が適切な場所に、適切な文脈で引用されていたのだ。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

SNSが人々を不幸にする理由とそれを解決するシンプルな方法

睡眠障害、生活満足度の低下、自尊心の低下などは、ソーシャルメディアに関連する精神衛生上の悪影響のほんの一部に過ぎない。自己反省の減少や注意力の低下といった状態をソーシャルメディアがいかに引き起こすかを調査した研究者が警鐘を鳴らしている。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

薬物送達に役立つ「おりがみロボット」

豆粒大の新型ロボットは、転がり、反転し、ジャンプして周囲を移動することができる。おりがみデザインの折りやすさと幾何学的特徴を統合して、ロボットを効果的に動かすことができ、人体内での薬物送達での応用が期待されている。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

汎用人工知能はまだまだ遠い

今のところ、AI研究は、企業が基礎的なアイデアよりもベンチマークを追求し、より根本的な問いを立てるよりも、すでに持っている技術で小さな改善を積み重ねていく「ローカル・ミニマム」に陥っている。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

「意識のソフトウェア」を作るべきか?

「意識のソフトウェア」を作ろうとすべきではない。それを作るべきときが来たらそうすべきだ。最終的に最も倫理的な選択肢は、すべてのリソースを非常に幸せなマシンを作ることに振り向けることかもしれない。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

大型ハドロン衝突型加速器、大幅なアップグレードで新物質探索へ

[著者:Daniel Garisto]最後の瞬間、最後の陽子は光速に近いスピードで飛行した。彼らは金属のコイルから解放され、鋼鉄でコーティングされた巨大なグラファイトブロックに叩きつけられるまで、アルプスの田園地帯の地下で27kmのループを1秒間に11,245回完了させたのだ。2018年12月以降、あちこちでテストが行われた以外、大型ハドロン衝突型加速器(LHC)はオフラインになっていた。しかし4月22日、LHCは再び始動し、3回目の運転を開始した。 「加速器は3年間停止していた」と、LHCのコンパクト・ミュオン・ソレノイド(CMS)検出器の実験粒子物理学者であるフレア・ブレクマン氏は言う。「だから、制御室に入ったことのない人がいる...データを取るための稼働を経験したことがない人だ。彼らにとっては、非常にエキサイティングなことだ」。 フランスとスイスの国境に位置するLHCは、ジュネーブに近い欧州原子核研究機構(CERN)の至宝である。LHCは、資金、人員、物理的サイズなど、ほぼすべての面で世界最大の素粒子物理学実験である。2012年、LHCの2つの実験、A Toroidal LH

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

銃による24歳以下の死亡者数が自動車事故より多い米国

銃による死亡者数は自動車事故より多い。銃事件は1歳から24歳までの人々の傷害関連死亡原因の第1位となり、自動車事故を上回ったことが新しい分析で明らかになった。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

AI創薬システムが化学兵器の製造に再利用される可能性を研究者が警告

AI創薬システムが化学兵器の製造に再利用される可能性を研究者が警告した。研究者たちは、分子の正確な構造を入力せずに、VXに似た物質を生成するようにソフトウェアに依頼しただけだった。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

AIは気候変動対策のゲームチェンジャー

人工知能を、気候変動対策の手段に変えようとする研究者がいることは興味深い。「気候AI」がゲームチェンジャーとなり、広く存在が確認される利益至上主義、偏見増幅、誤情報拡散のアルゴリズムとは異なる働きが期待される。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

ハエの複眼に着想を得たドローン検知AI

コンピュータ科学者はハエの視覚系を調べ、同様のメカニズムでノイズの多いデータを除去するツールを開発した。研究者は従来のAIだけよりも最大50パーセント遠くまでドローンを検知できると主張している。

サイエンティフィック・アメリカン
無料会員 公開

核抑止力に伴うとてつもないリスクとコスト

今回の戦争は欧州の安全保障秩序を根底から覆す可能性が高い。また、核兵器がいかに現実的な防護手段でないかを示している。世界は核兵器がない方がよいのだ。