クラーナの決算報告は苦境に陥ったBNPL企業の試金石になる
2021年1月21日(木)、英国ロンドンに配置されたノートパソコンと携帯電話に表示されるクラーナ(Klarna)のロゴ。Hollie Adams/Bloomberg

クラーナの決算報告は苦境に陥ったBNPL企業の試金石になる

後払い決済(BNPL)のクラーナは先月、その高価な世界的成長ぶりに一部の投資家が恐れをなし、史上最も劇的な「ダウンラウンド」を経験した。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 後払い決済(BNPL)のクラーナは先月、その高価な世界的成長ぶりに一部の投資家が恐れをなし、史上最も劇的な「ダウンラウンド」を経験した。スウェーデンのフィンテック企業は来週、投資家の懸念が正しかったかどうかを明らかにする予定だ。

オンラインショッピングのコストを分散させる方法としてZ世代やミレニアル世代に親しまれているBNPLの巨大企業は、昨年456億ドルの価値を持つヨーロッパ最大のスタートアップだった。現在では67億ドルの価値にすぎない。クラーナとその顧客1億5千万人は、半期決算の発表を控えて、予算の圧迫に直面している。

ニューヨークを拠点とするArctic Venturesの創設者で、クラーナの株を保有しているアントン・アリコフは、「インフレによる金利上昇と流動性の枯渇がBNPLのビジネスモデルにストレスを与え、実際に耐久性が試されている」と述べた。「クラーナが調達したばかりの8億ドルでは、同社を黒字化するには十分ではないかもしれない」

ロシアのウクライナ侵攻で金融市場が混乱し、世界的にサプライチェーンが緊張しているため、多くの企業が今年の資金調達を見送った。クラーナは、より持続可能な運用コストとともに世界的な拡大を模索しており、5月には「起こりうる不況」に備えて従業員の10%を解雇すると発表しているため、今回の資金調達に踏み切った。

キャッシュバーン(資金燃焼)

資金調達の前に、クラーナは現金を使い果たした。第1四半期の手元資金は73億スウェーデンクローナ(945億円)減少し、116億クローナになった。このままでは、最近の現金注入でも、2022年末までに使い果たすことになる。

第1四半期の管理費は47億クローナ、信用損失は12億クローナで、いずれも急増しており、当期の26億クローナの損失につながった。

GlobalDataの決済アナリストであるクリス・ディンガは、「クラーナの2つの大きな問題は、信用損失と管理費(従業員の給与、オフィスなど、実際に事業を運営するためのコスト)だ」と述べている。「これらの経費がこれほど高いのに、どうやって利益を上げられるのか分からない」

それでも、同社の支援者たちは、その将来性に自信を持っている。英国のグルース・ファンド、クリサリス・インベストメンツ(Chrysalis Investments)が2019年8月に初めてクラーナに投資したが、最近の資金調達ラウンドは過去3年間の「クラーナの進歩を反映していない」と述べた。

同社は「複数の地域で圧倒的な市場ポジション」を築き、現在は収益性に達するための資本を有していると、共同ポートフォリオマネジャーのリチャード・ワッツはダウンラウンドの時期に投資家向けのメモに書いている。クリサリスは今週のメモで、投資額から78%減価したが、引き続き強気であると述べている。

クラーナの最高経営責任者セバスチャン・シミアトコフスキーは資金調達後、同社は設立から14年間は黒字だったと述べ、Twitterで米国での成長のために投資してきたと言及した。

デフォルトファクター

欧米が持続的な生活費圧迫に直面する中、借り手は消費を続け、今のところ順調に返済を続けている。しかし、顧客が必需品に無利子ローンを利用するなど、潜在的な苦境の兆候も見られる。

フィッチ・レーティングスのフィンテック・アナリストであるマイケル・タイアノは、日常的な買い物で「買い時・払い時」の需要が増えるだろうと述べている。「これは危険なゲームだ。融資額は増えても、失業率が上がれば、これがデフォルトになり、それが課題になる」と彼は言う。「BNPLの多くは信用度の低い層を対象にしており、債務不履行が発生しやすいのです」

クラーナの会長であるマイケル・モーリッツは、7月に、彼の投資会社セコイア・キャピタルが2010年に初めて投資して以来、この事業は最も好調であると述べた。彼は、他のベンチャーキャピタルが、当初はこのセクターを支持していたのに、資金調達の際に「逆の行動」を取ったことを非難した。「結局、投資家が地下壕から出てきた後、クラーナや他の一流企業の株が相応に注目されることになる」とモーリッツは述べた。

しかし、バリュエーションの切り下げによる資金調達を通じた低い利益率のビジネスであるBNPLがこのまま生き残れるかどうか、確信が持てないという人もいる。クラーナは顧客に無利息ローンを提供し、その代わりに実質的に2%から4%の手数料を加盟店に課している。しかし、ブルームバーグがまとめたデータによると、ここ数週間、クラーナの2024年2月の変動利付債の実効利回りは5%に近づいたという。

ベイン・アンド・カンパニーでグローバル・フィンテックの責任者を務めるジェフ・ティッセンは、「彼らは低金利環境の恩恵を受けることができ、それらの融資のコストはとてもとても低かった」と語った。「しかし、金利は大幅に上昇し、彼らは非常に薄い利幅で経営しています。持続可能な収益性の高いビジネスを構築することは、根本的に難しくなっているのです」

ベンチマーク金利の上昇に伴い、クラーナの債券の利回りは今年に入って急上昇している。

クラーナは、スウェーデンとドイツの顧客に提供する普通預金口座に預金を集めることで、このリスクの一部を緩和してきた。しかし、中央銀行がインフレ対策としてベンチマークを大幅に引き上げ、競合他社がより魅力的な金利を提供することで、この裏付けも課題に直面する可能性がある。

一方、米国のJPモルガン・チェースやApple、ナットウエスト・グループ、バークレイズ、HSBCホールディングスが同様の商品で市場に参入している。

ティッセンは「競争の状況は劇的に変化している。ピュアプレイのBNPL企業であれば、将来は非常に厳しい状況になるでしょう」と言う。

ブルームバーグ・インテリジェンスの意見

クラーナ、Revolut、Monzo、Starlingは、フィンテックが提供する幅広い商品と成長(現在は急速に減速)を象徴する企業である。今後の資金調達と事業計画の更新は、成長のみに焦点を当てるのではなく、効率性を取り入れる必要があり、ダウンラウンド(企業が前回の調達額より低い評価の株式を売却して資金を調達すること)はまだありそうだ――Jonathan Tyce、欧州銀行・決済部門シニアアナリスト

-- Jan-Henrik Försterの協力を得ています。

Abhinav Ramnarayan, Aisha S Gani and Agatha Cantrill. Klarna’s Earnings to Show How New Credit Firms Cope Under Stress.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ