米国で急増する自社株買い、低迷する市場の支えに
2022年2月3日(木)、米国ニューヨークのNasdaq MarketSiteにて。今シーズン、テクノロジー関連の大規模な決算は、ウォールストリートの期待と企業の実態との間にズレを生じさせ、極端な株価変動を引き起こしています。Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

米国で急増する自社株買い、低迷する市場の支えに

【ブルームバーグ】地政学的緊張が高まり、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを実施すれば収益成長が鈍化するとの懸念がある中、米国企業は自社株買いを強化し、低迷する株式市場を支えている。

ブルームバーグ

【ブルームバーグ】地政学的緊張が高まり、米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げを実施すれば収益成長が鈍化するとの懸念がある中、米国企業は自社株買いを強化し、低迷する株式市場を支えている。

ブルームバーグがまとめたデータによると、S&P 500指数企業の前四半期における10大自社株買いの総額は860億ドルで、前年同期比で約30%増加している。このリストは完全なものではなく、指数メンバーの約20%が今後数週間のうちにデータを報告する予定だ。

パンデミックの間に蓄積された現金を利用して、企業は自社株買いを急増させている。投資家の中には、この資金を事業に使った方が良いという意見もあるが、多くの投資家は、一株当たりの利益を増やし、潜在的な株価を上昇させるための努力を支持している。この傾向は2022年も続くと予想され、株価が史上最高値を下回って低迷する中、市場の追い風となっている。

クリアブリッジ・インベストメンツの投資戦略アナリストであるジョシュ・ジャムナーは、「自社株買いが復活した」と述べている。「市場のボラティリティーが高い今、企業は流動性のある資金を持っており、それを活用することができる。

多くの企業は、パンデミックの間、バランスシートを強化するために配当や自社株買いを中止し、その後、歴史的な低金利を利用して借入を行い、剰余金を増やした。そして今、企業はその現金を株主にアピールするために使っており、株主は経営陣に株価の向上を求めている。S&P500種株価は2022年に8.8%下落した。

前期の買戻しのほとんどは、一部の企業に集中していた。一般的にキャッシュフローが最大のテクノロジー・通信サービスセクターが先導している。昨年、自社株買いを活発化させた大手銀行も、数週間後に発表される自社株買いの件数では、上位に加わることになりそうだ。

過去最高のペース

S&P 500企業は、第4四半期に少なくとも2,650億ドルの自社株買いを行ったと予想される。ブルームバーグとは異なる方法を採用しているS&P Dow Jones Indicesのデータによると、これは第3四半期の過去最高額である約2,350億ドルを上回る。

S&P Dow Jones Indicesのシニア・インデックス・アナリストであるハワード・シルバーブラットは、「自社株買いは、市場の支えになるので重要だ。特に第1四半期の買い戻しが好調な年になりそうだ」と述べている。

シルバーブラットのデータによると、2021年の自社株買いは全体で8,700億ドルを超える可能性があるという。これは、連邦税制改革で企業が本国に送金した資金を利用した3年前の8,060億ドルを上回る記録になる。

シルバーブラットによると、このような動きは株式にも影響を与えているが、バリュエーションが高いために買い付けの対象となる株数が少ないため、その影響は小さくなる可能性がある。また、企業の収益や市場価値と比較した場合、投資額は必ずしも大きくはないと言う。

しかし、自社株買いの勢いは衰える気配がない。ウォルマートは、2023年度に少なくとも100億ドルの自社株買いを行う計画を発表したばかりで、ツイッターは40億ドル、エクソンモービルは100億ドルの計画を前倒しで行うと発表した。

また、ツイッターは40億ドル、エクソンモービルは100億ドルの計画を前倒しすると発表した。

メタ(旧フェイスブック)は、株価が300ドルを超えていた第4四半期に約200億ドルの自社株買いを行った。しかし、2月3日には、失望的な業績を受けて、米国企業としては過去最大となる約2,510億ドルの市場価値が失われた。18日の終値は206.16ドルだった。

しかし、ビートは続いている。アルファベットは昨年、500億ドルの自社株買いを承認し、今月には20対1の株式分割を発表したが、これは経営陣が株主に対してよりフレンドリーになっていることの表れだとアナリストは述べている。

「最も重要なのは会社の健全性であり、企業は過去最高に近い現金残高を持ち、依然として非常に良好な財務状況にある」とクリアブリッジのジャムナーは述べている。「そのため、今後も株主への資本還元が進むと思われる」

Jess Menton, Matt Turner, Tom Contiliano. Surging U.S. Share Buybacks Offer Support to Sputtering Market. © 2022 Bloomberg L.P.