中国BYDの圧力でリチウムの高騰は冷え込むか
2018年8月6日(月)、オーストラリアのウィジムルサ郊外にあるTawana Resources Ltd.とAlliance Mineral Assets Ltd.が共同所有するBald Hillリチウム鉱山現場。

中国BYDの圧力でリチウムの高騰は冷え込むか

中国の電気自動車大手BYDが来年、リチウムの高騰が緩和する可能性をちらつかせる中、リチウム価格がやや割安になっている。電池材料に需要低迷の兆候が市場に重くのしかかり、先月につけた史上最高値から後退を続けている

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 中国の電気自動車大手BYDが来年、リチウムの高騰が緩和する可能性をちらつかせる中、リチウム価格がやや割安になっている。

中国では、電池材料に需要低迷の兆候が市場に重くのしかかり、先月につけた史上最高値から後退を続けている。炭酸リチウムは水曜日、0.2%下落して1トン57万1,500元(8万2,000ドル)となったが、価格は依然として年初の2倍程度にとどまっている。

BYDのステラ・リー・シニア・バイスプレジデントは24日のブルームバーグのインタビューで、リチウム価格が「不合理」だとし、来年には新しい鉱山が稼働する見通しだと語った。

中国の炭酸リチウム価格は、11月中旬に史上最高値を記録した後、引き下げられた。

リチウムは、電気自動車用バッテリーの急増する需要に供給が追いつかず、2年間で1,200%もの異常な上昇を遂げた。そのため、メーカーは値上げを余儀なくされている。BloombergNEF(BNEF)が毎年行っているリチウムイオン電池の調査では、今年の電池パック平均価格は実質ベースで7%上昇し、調査開始以来初めての上昇となった。

BNEFによれば、第4四半期の世界の乗用車用EV販売は、特に中国がコロナ感染の増加に直面しているため、従来の予想よりも伸びが鈍化するという。一方、過去10年間の急速な拡大を促した北京のEV向け補助金は、年末に段階的に廃止される予定だ。

需要の減速は、主要生産拠点である中国江西省での供給途絶よりも著しい。

シティグループは、リチウム価格の当面の下降は限定的と見ている。

Jiangxi Yongxing Special Steels New Energy Technology Co. は、環境精査のため、先月末から炭酸リチウムの精製を停止している。Jiangxi Lingneng Lithium Industry Co.も、地元のインフラに支障が出たため、一時的に生産を停止している。

親会社の提出した資料によると、Jiangxi Yongxing Special Steels New Energy Technology Co. は操業再開後のフル生産を確保するため、その間にメンテナンスを実施するとしている。親会社によると、Jiangxi Lingneng Lithium Industry Co.は生産停止により1日約20トンの生産高が減少すると推定している。

Rystad EnergyのアナリストであるSusan Zouは、2社の減産は需要減退を相殺するには十分でないと述べた。リチウム化合物の供給が厳しいため、少なくとも第1四半期は損失が大きくならないが、2023年も価格の低迷が続くと同氏は予想している。

Annie Lee. Red-Hot Lithium Rally Cools as China’s BYD Flags Surplus.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ