バフェット出資のBYDがテスラを猛追 - アンジャニー・トリヴェディ
2021年4月27日(火)、中国・上海で開催されたAuto Shanghai 2021の自動車メーカーのブースにあるBYDの電気自動車。Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

バフェット出資のBYDがテスラを猛追 - アンジャニー・トリヴェディ

バークシャー・ハサウェイが支援するBYDは、競合他社を圧倒しており、ライバルのテスラにバッテリーを供給し始める可能性がある。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 10年以上前、イーロン・マスクは中国のBYDが正当な競争相手であるという考えを嘲笑した。これは、これまで強者がいかに堕ちていったかを再び見ているかのようである。

今、ウォーレン・バフェットの支援を受けたBYDは、中国で最も近いライバルであるテスラを一掃しようとしている。先週、BYDの幹部は、同社が「まもなくテスラに電池を供給する準備をしている」と述べた。この潜在的な取引によって、BYDは世界で最も著名で最大のEVおよび電池メーカーの1つに躍り出るだろう。

それは賢明な動きだ。BYDは過去2年間、さまざまなEVとより高い技術のリン酸鉄リチウム(LFP)電池でゲームをアップグレードし、世界的な市場シェアを獲得することを可能にした。同社は今年、150万台を販売し、2022年末までに中国のEV市場の3分の1近くを占めるようにする計画だ。BYDは4月に、販売台数で電気自動車メーカーの上位に入り、時価総額で世界第3位の自動車メーカーとなった。同月には、テスラの1728台に対し、4万6,000台以上のEVを販売し、どのメーカーよりも早く、燃料燃焼式自動車の製造を中止したと発表した。5月には、上海が封鎖されたにもかかわらず、同社のEV販売台数は前年比250%増となった。

BYDとテスラの関係はまだ明確にはなっていないが、中国企業はテスラに、数十年の歴史を持つLFPを革新的に改良したBladeバッテリーを供給する可能性が高い。この電池は同業他社が採用しているニッケル・コバルト・マンガン(NMC)系ではなく、容量、エネルギー密度、航続距離の面でより効率的なこの化学物質に着目しているのだ。また、新たに導入したセル対ボディ構造により、安全性も向上している。一方、EVと電池のメーカーは、サプライヤーとの緊密な関係により、サプライチェーンの問題を回避することができ、一貫して車種を展開してきたことが大きな特徴だ。垂直統合型のビジネスモデルの一環として、BYDはリチウムなどの資源確保を積極的に行っている。

BYDは、テスラがやりたいこと、つまり電池を作り、サプライチェーンの上下に資源を確保することをやっているのだ。また、世界最大のEVメーカーの1つになるというライバルの目標もすでに達成している。マスクの会社は、自社製の4680電池を軌道に乗せるのに苦労しており、今も世界中で場所を探している。それはそれで先見の明があるが、BYDはもっと先を行っている。確かに、同社のクルマはまだテスラほどおしゃれではないかもしれないが、売れているのだ。そして今、BYDのバッテリーはテスラにも搭載されている。

テスラにとっては、自社の車に確実に電力を供給し、中国のサプライチェーンの混乱に巻き込まれないようにすることだ。特に、上海での厳しい封鎖に耐えた後はそうだ。既存のパートナーの1つが世界最大のバッテリーメーカーであるCATLであるとしても、サプライヤーベースを多様化することは理にかなっている。

BYDの自動車生産能力とバッテリーの組み合わせで、世界最大の自動車市場を掌握することができる。今のところ、BYDの前に立ちはだかるのは、NMCとLFPの技術で先行するCATLだけである。

BYDは、CATLと韓国メーカーがより高いエネルギー密度の電池の採用を促進することに成功すれば、遅れをとる可能性がある。BYDは顧客基盤を拡大し続けており、BMWなどにテスラが使用しているのと同じ円筒形の電池セルを供給し、これまで注力してきた角型の電池セルから脱却している。

CATLが迫っているにもかかわらず、BYDは先見の明があり、よく実行された戦略によって利益を得ている。このことが、BYDがテスラの前に立ちふさがっている理由だ。

Anjani Trivedi. Who’s Got It Right on EVs: Musk or Buffett?: Anjani Trivedi.

© 2022 Bloomberg L.P.