世界的な教育テックブームは続くのか?
2017年10月10日(火)、インドのニューデリーにあるIACM Smart Learn Ltd.のラーニングセンターで、コンピュータと情報技術の授業中に学生と話すインストラクター(中央)。写真家: Anindito Mukherjee/Bloomberg

世界的な教育テックブームは続くのか?

エコノミスト(英国)

【エコノミスト】インドの教育テックByju’s(バイジュウズ)は、コロナウイルス感染症が世界中の教室を閉鎖する前からユーザーを増やしていた。インドで最も価値のある未上場スタートアップであるByju'sは、2011年にバイジュ・ラベンドランが共同で設立した。2019年には、数千万人のインドの子どもたちが、同社の主力製品である、通常の学校教育を補完するためのオンラインレッスンを提供するアプリの利用を申し込んだ。同年、Byju'sはインドのクリケット代表チームのスポンサーになった。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン