中国はハイテク企業取り締まりの後、ベンチャーキャピタルの役割を再確認
北京、中国 - 3月05日:中国の李克強首相は、2022年3月5日に中国の北京の人民大会堂で行われた全国人民代表大会の開会式で演壇から発言しました。Photo by Kevin Frayer/Getty Images

中国はハイテク企業取り締まりの後、ベンチャーキャピタルの役割を再確認

中国ではこの一年、オンラインゲームや家庭教師に対する取り締まりでテック企業の株価が打撃を受けたが、李克強首相はベンチャーキャピタルがテック分野で重要な役割を担っていると発信し投資家を安心させようとした。

ブルームバーグ

中国は、オンラインゲームや家庭教師などに対する1年にわたる取り締まりでアリババやテンセントなど最大手企業の株価が打撃を受けた後、ベンチャーキャピタルがテクノロジー分野でまだ役割を担っていると投資家を安心させようとした。

李克強首相は、全国人民代表大会(全人代)の開会式で「我々はベンチャーキャピタルの発展を促進する」と述べた。また、研究開発を支援するために、「新しい金融商品とサービス」を開発すると述べた。

中国政府の規制強化は、民間企業に対する過去数十年で最大規模の協調行動であり、昨年は1兆5,000億ドルの市場価値を一掃した。Didi Global(滴滴出行)のニューヨーク上場は炎上し、かつて隆盛を誇った家庭教師部門は、TAL Education Group(好未来教育集団)のような企業が最も儲かる事業の一部で利益を得ることを禁じられたため、その未来が再定義された。

この取り締まりは、シリコンバレーに匹敵するテクノロジー産業の育成を目的とした政府の野心的なプログラムの下で選ばれた新世代の新興企業への扉を開くことになった。いわゆる「小さな巨人」たちは、チップから医療に至るまで、あらゆるものの海外依存から脱却するために、北京の支援を受けることになる。

李は演説で、「無秩序な資本拡大」の防止が昨年の成果の1つだと述べた。2021年以降、北京はテック企業や家庭教師会社、著名人に対する一連の規制措置を説明するために、「無秩序な資本拡大」の防止を口にしてきた。直近では、ハイテク拠点である杭州市の元党書記を談合や無秩序な資本拡大を支援したなどの罪で除名した。

李は、「私たちは、資本の特徴やその仕組みをよく理解しなければならない。そうすれば、規制された健全な発展を支援し、導くことができる」と述べた。

李の演説の他の技術的ハイライト

  • デジタル経済のガバナンスを改善する
  • 主要産業、新興産業、外国企業が関与する産業に対する規制ルールの改善に迅速に対応する
  • 科学技術イノベーションの推進と供給ボトルネックの解消
  • デジタル情報インフラの整備
  • 主要なソフトウェアとハードウェアの研究・供給能力を強化する
  • 新製品やユニークな製品を生み出す専門的かつ高度な企業の育成

China Shuns Energy Use Target to Focus on Securing Fuel Supply. © 2022 Bloomberg L.P.