ユベントスの腐敗した財政が意味すること―Chris Bryant
出典:ユベントスFC

ユベントスの腐敗した財政が意味すること―Chris Bryant

ユベントスの財務報告に関する複数の調査の中で、アンドレア・アニェッリ会長を含むユベントスの全取締役が辞任したことは、ユベントスとサッカー界にとって痛烈な瞬間である。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) --サッカーは美しいゲームかもしれないが、ピッチ上での成功には、トップ選手と契約し、その膨大に膨れ上がった賃金を支払うための醜い金銭的争奪戦が必要である。ユベントスの財務報告に関する複数の調査の中で、アンドレア・アニェッリ会長を含むユベントスの全取締役が辞任したことは、ユベントスとサッカー界にとって痛烈な瞬間である。

サッカーはいわゆるファイナンシャル・フェアプレーのガイドラインに則って運営されているが、チームは常に優位に立つための創造的な方法を探し求めている。下位リーグへの降格や、主要大会への出場権・優勝の取り消しは、経済的に大きな打撃を与えるからだ。

イタリアの金融規制当局と検察当局は、近年ユベントスが作成した財務諸表を調査し続けており、辞任した取締役が求めている再出発の可能性は低いと見られ、チームの潜在的な買い手は思いとどまる可能性がある。

ユベントスは、アニェッリ家が保有するエクソールを後ろ盾に持つとはいえ、上場クラブとして、財務情報の伝え方には特に気をつけなければならない。少なくとも、選手の賃金という一点において、ユベントスは不十分であり、監査法人デロイトは先月、監査法人デロイトは先月、ユベントスの最新の決算に対する意見を述べるよう促された。

この問題で取締役会が辞任するのは行き過ぎと思われるかもしれないが、これが最初の失策ではない。パンデミックによるチケット販売への影響もあって損失は膨らみ、2018年に大々的に行われたクリスティアーノ・ロナウドとの契約では、悲願のチャンピオンズリーグ制覇は果たせなかった。ユベントスは2019年と2021年の2回のライツオファリング(新株予約権無償割当)で合計7億ユーロ(約7億2,000万円)を調達したが、これは現在の大幅に減少した時価総額とほぼ同じ水準の取引だった。そして、アニェッリが批判を浴びた欧州スーパーリーグ結成の試みは、昨年、無に帰した。

ユベントスは、その会計をめぐって2つの大きな疑問符に直面している。まず、パンデミック時の2シーズン、選手たちが数千万ユーロの給料を免除したことで、クラブは一時的に低い経費を計上することができた。しかし、多くの選手は、放棄した年俸の多くを、その後のシーズンで保証する副契約を結んでいた。イタリアの金融規制当局と監査法人デロイトは、ユベントスは当時その負債を認識すべきだったと述べている(EYは2021年6月までユベントスの会計を監査していた)。

クラブはこの件に関する財務報告を修正する予定だが、一方で現金や純負債には影響がなかったと指摘している。事実上、ユベントスが2021/2022年に計上した2億5,400万ユーロの損失は過大計上されており、それ以前の年は過小計上されている。

2つ目の、より議論を呼ぶ調査は、近年ユベントスや他のヨーロッパのクラブにとって重要な収入源となっている、選手売却による金銭的利益に関するものだ。ユベントスが、いわゆるクロス取引でライバル会社の選手と事実上トレードした際に計上したキャピタルゲインが、多くの選手が若く経験も浅かったことを考えると、過大であったかどうかが問題になっているのである。

イタリア国家証券委員会(CONSOB)は今月初め、クラブがいくつかの移籍に関わった選手の公正価値の「合理性」の十分な証拠を提供できなかったとして、ユベントスに代替の財務数値を開示するよう強制した。

ユベントスは、その会計処理は他のサッカー業界と一致しており、選手の価値は最終的に主観的なもので、公正価値の利益は数年にわたり償却される(したがって最終的には利益に影響を与えない)、と述べている。デロイトは、最新の決算を発表した際、この問題について何の異議も唱えなかったが、ライバルはそれほど理解を示していない。スペインのリーガ・エスパニョーラは、イタリアのクラブに会計問題で直ちに制裁を加えたいと考えているとブルームバーグは報じている。

欧州サッカー連盟(UEFA)は今年、ファイナンシャル・フェアプレー・ルールを一新し、新たに財務安定性、支払能力、コスト管理のテストを盛り込み、すべての取引を公正価値で行うことを義務づけた。これにより、選手賃金の上昇を抑制し、より財務的に持続可能な業界を促進することが期待されているが、ピッチ上の勝利を確保するためにルールをかいくぐる誘惑が残ることを懸念されている。

Crypto's Future Could Look Like Iraq's Past: Lionel Laurent

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ