来るべき設備投資の津波の真の勝者たち:Chris Bryant

設備投資が復活し、「オールドエコノミー」の重機、工場自動化、素材メーカーが勝者となるであろう。モルガン・スタンレーは、この波を「すべての設備投資サイクルの母」と表現している。

来るべき設備投資の津波の真の勝者たち:Chris Bryant
2022年9月9日、オハイオ州ジョンズタウンで行われたインテル半導体新工場の起工式に訪れたジョー・バイデン米大統領。(写真:Andrew Spear/Getty Images)

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 設備投資が復活し、「オールドエコノミー」の重機、工場自動化、素材メーカーが勝者となるであろう。モルガン・スタンレーは、この波を「すべての設備投資サイクルの母」と表現している。

21世紀の経済を支えるチップや電池のほとんどがアジアで生産されていることに愕然とし、(ようやく)脱炭素化を決意した西側諸国の政府は、戦略上重要なサプライチェーンを自国の近くで再現することを目指しているが、それには膨大なコストがかかる。

この10年間、欧米企業は投資をためらい(データセンターやeコマースの倉庫は例外)、より安価な国に生産をアウトソーシングしてきたが、これは劇的な変化といえるだろう。また、欧米企業は自社株買いを通じて現金の多くを株主に還元していたため、しばしば批判を浴びた(現在も批判されている)。

設備投資ブーム|北米で約3,300億ドルの「メガ・プロジェクト」投資が進行中

ブリティッシュボルトの38億ポンド(47億ドル)の電池プロジェクトが最近財政破綻したことや、メモリーチップメーカーが一時的な供給過剰を期待して2023年の設備投資予算を削減したことを見ても、投資の約束が常に実行に移されるとは限らないのである。いわゆるメガプロジェクト(10億ドルを超えるプロジェクト)は、ほとんどの場合、予算超過となり、再集積は利益率を低下させる非効率性と定期的な生産能力超過を引き起こすことになる。

皮肉なことに、この非常に高価な技術主権と自給自足競争は、インフレ抑制のための金利上昇によって企業の資本コストが上昇しているときに起こっている。

しかし、機械メーカーや建設機械・建材メーカーは、消費者ほどリスクを負うことなく、数年にわたる大幅な需要増を見込むことができるはずだ。

リショアリングについて|2022年の投資家向け電話会議では「リショアリング」や類似の用語が3倍に増加

その額は実に莫大なものだ。3大チップメーカー、インテル、サムスン電子、台湾積体電路製造(TSMC)は、今後数年間で3,000億ドル以上の設備を新設することを約束しており、その多くは欧州と米国で建設される予定だ。これに対し、エクソンモービル社は年間約225億ドルを投資している

メリアス・リサーチによると、2020年以降に発表された北米の大規模プロジェクト3300億ドルのうち、半導体が56%を占めている。

納税者はそのツケの一部を負担することになる。クリーンエネルギーに焦点を当てたインフレ抑制法(IRA)、CHIPS法、超党派インフラ法といった最近の米国法の3本立ては、1兆ドルを超える新規支出と税額控除を認めている。

スティル・ビルディング|製造業とインフラプロジェクトのおかげで、米国の新規建設活動は依然として活況を呈している

欧州は、米国の強力な産業政策によって投資が奪われることを懸念しているが、欧州自身の支出も膨大で、8000億ユーロ(8,700億ドル)のポストパンデミック復興基金や430億ユーロのCHIPS法といったプログラムを包含している。後者は2030年までに欧州のチップ生産能力を世界全体の20%に倍増させることを目標としており、インテルがドイツ東部に170億ドルの新工場を建設するなど、今後10年間で最大800億ドルの投資を約束するなど、幸先の良いスタートを切っている。

欧州の電池への意欲も、それに負けず劣らず素晴らしいものだ。例えば、中国のCATLは、ハンガリーの工場に73億ドルを投資する予定だ。一方、ドイツは、ロシアからの供給に代わるものを見つける必要があるため、液化天然ガスの浮遊ターミナルの建設に100億ユーロ近くを充てる予定である。

アジアのライバルに大きく遅れをとった欧米が、熟練労働者の不足と材料費・人件費の高騰を克服できるかどうか、私は懐疑的である。TSMCは先月、投資家に対して、米国の工場建設コストは台湾の最大5倍であることを明らかにした。

インテルは先週のひどい決算報告で、需要の減速と巨額の支出を両立させることの難しさを示した。投資家は、高い修理費と部品コストのインフレに直面しているVestas Wind Systems A/Sと風力発電機の同業他社にも同様に警戒している。一方、自動車会社の株式バリュエーションが低いのは、投資家が巨額の投資に対するリターンが少ないと懸念しているからに他ならないが、テスラやフォードの最近の値下げによってその懸念はさらに強まっている。賢明にも、自動車業界はLGエナジーソリューション、SKオン、パナソニックホールディングスなど、経験豊富なアジアの電池メーカーと提携することで、これらのリスクを軽減しようとしている。

幸い、欧米企業や投資家が設備投資ブームから利益を得るには、より安全な方法がある。例えば、最新の半導体工場は建設に3年程度かかり、その価格は100億ドルだ。

オリンピックサイズのプール400個分の岩石や土壌を除去するためには、多くの重機が必要です。キャタピラー、建築資材のレンタル業者であるユナイテッド・レンタル、アシュティード・グループなどがその役割を担っている。 アシュティードは12月、投資家に対して「今後何年も半導体の話をすることになるだろう」と語った。

メガプロジェクトの勝者|米国の工場建設ブームで機器レンタルグループが恩恵を受けるはずだ

何十万立方メートルものコンクリートと何万トンもの鉄が必要だ。インテルのパット・ゲルシンガーCEOは、「私は今日、地球上のどの人間よりも多くのコンクリートトラックで働いていると思う」と自慢げに語った。これは、ホルシムやハイデルベルグセメントにとってもプラスに働くようだ。

工場が完成すると、何百万メートルもの配線と、非常に高価なチップ製造装置が必要になる。ASML Holding NV、Applied Materials Inc.、Lam Research Corp.は、その支援に熱心だ。

輸出規制は、チップ製造装置メーカーがリショアリングによって得られる利益の一部を打ち消すことになる。しかし、ASMLのボスであるピーター・ウェニンクは、先週私が尋ねたところ、「半導体製造装置メーカーはより多くの機械を販売できるだろう」と述べた。

ロックウェル・オートメーションやシーメンスといった自動化専門企業は、電池プラントの受注を集めている。しかし、電極、セル組み立て、パック組み立ての専門知識を持つバッテリーセル製造装置メーカーは欧米にはほとんどなく、大手はほとんどがアジア系であるとマッキンゼーは指摘する。

欧米の企業は、力を合わせることで、より良い競争ができるかもしれない。ドイツの3社、Duerr AG、Manz AG、そして家族経営のGROB-WERKE GmbH & Co. KGの3 社は、バッテリー工場の受注を目指し、設備に関する専門知識を結集すると発表している。

設備投資がようやく活況を呈してきた今、投資家は設備投資のより大きな割合を獲得できる企業に注目すべきだろう。ゴールドラッシュでは、シャベルを売るのが得策だ。

Brooke Sutherland. Supply Chains Aren’t Fixed, But They’re Getting There.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)