マンCやPSGのファントークンが大暴落: 薄い実用性が興味削ぐ
Image by Manchester City

マンCやPSGのファントークンが大暴落: 薄い実用性が興味削ぐ

サッカークラブのファントークンは期待を裏切り、価格は数日で急速に低下している。トークンはファンにとって具体的な利益がほとんどないと指摘されている。市場規模は依然として小さく、今後も縮小する可能性がある。

ブルームバーグ

サッカー界のスター、リオネル・メッシが8月にFCバルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)に移籍するという噂が流れるとすぐに、ミゲル・シュワイザーは価格が高騰すると直感し、同クラブのファントークンである「PSGドル」を購入することを決断した。しかし、彼はそのトークンを長くは持っていなかった。

数日後、彼はトークンを売却し、この上昇が短期間であることに賭けた。1週間後、価格は34%下がり、4カ月後には発行時の73%になっていた。

ブエノスアイレスに拠点を置く取引所兼ウォレット「Decrypto」の最高経営責任者(CEO)、シュワイザー(29)は「長期的に投資ポートフォリオに入れることはない」と話す。「あくまでトレード機会にすぎない」

多くの希望に満ちたファンにとって、サッカークラブのトークンは期待を裏切り、価格は数日で急速に低下している。主要な暗号通貨取引所で取引を始まってから3年が経ち、クラブが資金調達するための代替手段やファンがお気に入りのチームをより身近に感じられるようになることが期待された。

この2つのオプションは、まだ期待に応えられていない。トークンを発行したクラブには、マンチェスター・シティ、SSラツィオ、FCポルト、サントスFC、FCバルセロナ、ACミラン、トラブゾンスポルなどがある。FCアーセナルのように、ファン・トークンで550万ドルもの資金を調達したところもあるが、ほとんどの取引は200万ドルに近いものである。これは、これらのクラブの経費のほんの一部に過ぎない。

アナリストは、ファン・トークンの需要はすぐに幸福感から無関心へと変わることに注意を促している。彼らの主な批判は、ファンにとって具体的な利益がほとんどないということだ。例えば、ユベントスのトークンは、ファンがトークンを使ってVIPチケットを購入できるし、PSGのトークンは、新しいチームバスとクラブスローガンのデザインに投票できるようにするために使われてはいる。

コンテンツクリエイター向けにトークンを作っているXCAD NetworkのCEO兼共同創業者のオリバー・ベルは、「現在のファントークンの問題は、クラブが積極的にプロモーションをしないこと、トークンの持つ実用性にある」と述べている。「購入しているのは必ずしもクラブのファンでは全くなく、購入者は暗号通貨の愛好家だけだ」

儚い陶酔|PSGファントークンへの情熱は8月の記録から薄れる
儚い陶酔|PSGファントークンへの情熱は8月の記録から薄れる

一方、市場規模は依然として小さい。スポーツファントークンの時価総額は4億9,100万ドルと高く、1日の取引量は2億4100万ドルだ。CoinMarketCapとCoingeckoのデータによると、上位10のファントークンの1日平均取引量は1,300万回で、これはBinanceに上場する364コインの1日平均取引量の28%に過ぎない。

CoinMarketCap.comのデータによると、時価総額で世界最大のファン・トークンであるマンチェスター・シティのものの時価総額は5,600万ドルで、1日の取引量は1,500万ドル以下であるという。その価格は発行時の半分だ。

成長の余地

ファン・トークンの支持者は、その成功を評価するのは時期尚早だと言う。これらのコインは投資資産としてではなく、サービスを提供することを目的としていると、クラブと提携してトークンを開発する企業、Socios.comの創業者兼CEOのアレクサンドル・ドレフュスは言う。

Socios.comのファン・トークンのパートナーは、サッカーからF1まで57社で、1年前の20社から増加しており、ドレフュスは、関心が高まっていることを示しているという。

「ファン・トークンの発行に対するクラブの関心は高まっている」と彼は言う。「ファンは、限定ゲームやコンテンツを楽しみ、ポイントを獲得することで、公式サイン入りグッズや無料チケット、VIP体験と交換することができる」

その利用を促進するために、4月7日、Binanceはラツィオファントークンホルダーに、オーナーがコインを売却することなく、コインの受動的収入を得ることができるプロセスである、ステークする機会を提供し始めた。トークンはブロックチェーン上の取引の検証に使用され、報酬と手数料は参加者と取引所で分配される。Binanceは保有者に対し、ラツィオトークンを30日間ロックしておくと年率8%、90日間保管すると15%のリターンを提供した。

高ボラティリティの暗号通貨に対するムードを反映した低取引量の中でも、まだ良い投資機会があると言う人もいる。彼らは、PSGやバルサのように、大きなニュースがあるときに関心が急上昇している特定のトークンを指摘している。

「市場がより強気になるとき、すべてのトークンの取引量がどのように増加するかを見極めることができる」と、4つのファントークンを発行している取引量世界最大の暗号通貨取引所であるBinanceのラテンアメリカ・ジェネラル・マネージャー、マキシミリアーノ・ヒンズは言う。「それは彼らが価格を支配する自由市場だ」と述べている。

—取材協力:ベス・ウィリアムズ