DAOが違法行為で訴追されるとトークン保有者全員が法的措置の対象になり得る
Photo by Bradyn Trollip

DAOが違法行為で訴追されるとトークン保有者全員が法的措置の対象になり得る

米商品先物取引委員会(CFTC)による最近の強制措置は、分散型自治組織(DAO)とともにそのガバナンストークンを保有する数百万の人々が、同機関の監督範囲に含まれることを示唆している。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)-- 米商品先物取引委員会(CFTC)による最近の強制措置は、分散型自治組織(DAO)として知られる暗号で人気のコミュニティー運営プロジェクトとともに、意思決定に使用されるガバナンストークンを保有する数百万の人々が、同機関の監督範囲に含まれることを示唆している。

CFTCは木曜日、bZeroX LLCとその創設者であるTom BeanとKyle Kistnerに対して、「デジタル資産のレバレッジとマージンをかけた小売商品取引」を違法に提供したことなどで告発し、和解に至った。同時にCFTCは、カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に、Ooki DAO(bZeroXが昨年展開した分散型の取り組み)を連邦民事執行法違反で告発し、「非法人化団体」として責任を問う姿勢を示している。

トラッカーのDeepDAOによると、この措置は、現存する約5,000のDAO、そのうち約2,300が100万ドル以上の資産を持っていることに大きな影響を与える可能性がある。多くの暗号化プロジェクトは、規制当局の監視を避ける目的もあり、昨年からDAO(特別なトークンの保有者によって管理される組織)に変身している。これらの暗号通貨アプリの中には、顧客の身元を確認しないものや、既存の多くの金融業界の法律を遵守しないものもある。

アメリカン大学のヒラリー・アレン法学部教授は、「これは重要な行動だと思う。最終的には、たとえDAOを利用して規制当局から隠れようとしたとしても、暗号通貨サービスを設立し運営する人々は常に存在するのです。CFTCは、非集中のレトリックを見抜き、DAOがどのように運営されているかの経済的現実を見るための先例を作ったのです」と語った。

CFTCの措置は、ガバナンストークンを行使してOokiプロトコルの意思決定に参加した個人をDAOの違反行為として責任追及する。このことは重要であると専門家や市場関係者は述べている。

「これは、ガバナンストークンを行使する全員がDAOに対して何らかの責任を負うというCFTCによる実に広範な主張です」と、Katten Muchin Rosenmanの金融市場および規制慣行の議長であるGary DeWaalは述べている。「それは非常に重要であり、業界の観点から、かなり怖いです」

DeepDAOによると、ガバナンストークンの保有者は390万人で、その中にはアンドリーセン・ホロウィッツのようなベンチャーキャピタル企業も多く含まれている。

ブロックチェーンのインフラを構築するPolygon Companiesの最高法務責任者であるMarc Boironは、「CFTCが、たとえ一度でもプロトコルのガバナンスに参加した者は、CFTCが施行する法律に違反しプロトコル上の活動に対して責任を負うべき者であると考えていることは明らかです」と述べている。

CFTCの広報担当者は、コメントの要請にすぐには応じなかった。

Boironは、裁判所などの独立機関がCFTCに同意していないため、CFTCの措置は前例にならないと考えている。しかし、「トークンを保有している人は誰もOoki DAOを擁護しないので、裁判所が同意する可能性はある」と付け加えた。

Ookiプロトコルは世界中に分散しており、シャットダウンすることができないため、CFTCに有利な裁判を起こすと、「CFTCが何も悪いことをしていないと考えるトークンの保有者は(ガバナンスに参加していなければ)、プロトコルが存在し続け、CFTCが法律違反と主張する方法で米国および米国以外の人々が使用できる一方で、トークンの価値を大きく失うことになる」とBoironは述べている。

投資家へのメッセージとしては、「DAOに関与することは、より多くのリスクと潜在的な責任を意味する可能性がある」ということだ。

Olga Kharif, Allyson Versprille. Crypto DAOs and Their Token Holders Aren’t Safe From the CFTC.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ