滴滴、サイバーセキュリティ審査で香港上場計画が頓挫か
AppleでダウンロードできるDidi Globalのアプリ。2021年12月3日(金)、中国・香港に配置されたスマートフォンのApp Storeで。Didiはアメリカの証券取引所から撤退する準備を始め、香港の株式売却に取り掛かる予定だったが頓挫。アメリカでの上場に反対していた中国の規制当局からの要求に屈するという、驚くべき逆転現象が起きている。写真家:Paul Yeung/Bloomberg

滴滴、サイバーセキュリティ審査で香港上場計画が頓挫か

滴滴出行(ディディ)は、機密性の高いユーザーデータを扱うシステムの見直しを求める中国規制当局の要求に応えられず、予定していた香港上場の準備を中断したと、この問題に詳しい関係者が明らかにした。

ブルームバーグ

滴滴出行(ディディ)は、機密性の高いユーザーデータを扱うシステムの見直しを求める中国規制当局の要求に応えられず、予定していた香港上場の準備を中断したと、この問題に詳しい関係者が明らかにした。

国家インターネット情報弁公室(CAC)は滴滴幹部に対し、セキュリティとデータ漏えいを防ぐための提案が不十分であると伝えたという。昨年、現地のアプリストアから削除された同社の主要アプリは、当分の間、停止されたままであると、ある関係者は述べた。

滴滴とその銀行家は、当初は今年の夏ごろに予定されていた紹介による香港上場の作業を中止したと、関係者は述べている。CACの審査への対応に加え、滴滴は上場目論見書に必要な第4四半期の決算を確定する作業も行っているという。

滴滴は、6月に44億ドルの米国新規株式公開を強行した後、中国当局による技術セクター取り締まりの最大の標的の1つとなった。上場から数日後、同社はサイバーセキュリティの調査対象となり、同社のサービスは中国のアプリストアから削除された。

ブルームバーグ・ニュースによると、同社はその後、データを中国の第三者企業に引き渡したり、国営企業に株式を売却したりするなど、いくつかの選択肢を検討したという。滴滴は12月、米国での上場を廃止し、香港での上場を目指す計画を発表している。

今回の停止措置は、滴滴が上場を自国に近い場所に移す計画を頓挫させる恐れがあり、機密データの海外流出に対する北京の懸念が和らぐことになる。現在、CACが提案した保護措置に不満を持っているため、これらの計画は宙に浮き、規制当局が困惑している同社にどのような罰則を用意しているのか疑問視されている。

CACは今後数週間のうちに調査結果を公表する可能性があると、関係者の1人は述べている。滴滴とCACの代表者は、コメントを求めたが、すぐに返答はなかった。

滴滴の株式売却が物議を醸したことをきっかけに、中国企業の海外での資金調達を制約する規制措置が相次いで導入された。中国政府は海外上場のルールを強化し、少なくとも100万人のユーザーを持つ企業は事前にサイバーセキュリティの審査を受けなければならず、ネガティブリストに掲載されている業種の企業は株式売却を進める前に免除を申請しなければならないという要件を導入した。

滴滴の株価はIPO価格から約76%下落した。同社は、北京のハイテク部門に対する規制強化を受けて9月期の売上高が縮小し、47億ドルの損失を計上したことを明らかにした。

ブルームバーグ・ニュースが12月に報じたところによると、滴滴は香港での上場計画について、ゴールドマン・サックス・グループ、CMBインターナショナル証券、CCBインターナショナル・ホールディングスを選定したという。

滴滴の上場は、中国国内、特に敏感なインターネット分野でのデビューの波に先行するものと期待されていた。ジャック・マーのアリババグループホールディングからMeituanまで、中国の大企業に対して下された前例のない一連の規制措置を受けて、滴滴の上場計画が中断されたことは、巨大産業に対する政府の意図に対する根強い不安を煽るものである。

先月、ブルームバーグ・ニュースは、北京が国営企業に対し、ジャック・マーのアント・グループに対するエクスポージャーを報告するよう命じたと報じた。この意外な動きは、中国株式市場の暴落を引き起こし、北京が世界最大のインターネット市場に対する新たな攻撃を準備しているとの憶測を呼び起こした。

-- 取材協力:Coco Liu.

Didi Said to Halt Hong Kong Listing Plan on Cybersecurity Probe.

© 2022 Bloomberg L.P.