中国はデジタル人民元でSWIFTを回避可能

ロシアをSWIFTから放逐することは中国に、デジタル人民元を推進する口実を与えうる。デジタル人民元ベースの国際決済には米国の影響力が適用されず、長期的にはドルの国際的な影響力が弱まる可能性がある。

中国はデジタル人民元でSWIFTを回避可能
2022年2月25日(金)、イタリアのローマで、ウクライナの人々への支援を示すために市庁舎からコロッセオまでキャンドルライトで行進している間、「Ban Russia From Swift」と書かれた看板を持つデモ参加者。世界中で、ウクライナの人々への支持を表明するために、数十から数千のグループに分かれて人々が集まりました。

世界の資金移動の中核をなすメッセージングネットワークである国際銀行間通信協会 (SWIFT)へのロシアの一部の銀行のアクセスを遮断することは、ウラジーミル・プーチン大統領のウクライナ侵攻に対する極めて有効な処罰となり得るだろう。しかし、それは他の地政学的ライバル、特に中国に、グローバルな貿易と金融において自国の中央銀行の貨幣のデジタル版を推進する口実を与えることになる。そうなれば、ドルの国際的な影響力が弱まる可能性がある。

米国の経済覇権を支える重要な柱は、SWIFT、クリアリングハウス銀行間支払システム (CHIPS)、そしてドルである。このうちの一つを武器に、経済規模第11位のロシアの銀行システムを攻撃すれば、中国はアメリカの権力から逃れるために、この3本柱に代わるものが必要だと確信するだろう。

ブリュッセルに本部を置き、バージニア州にデータセンターを持つSWIFTは、米国が国境を越えた資金の流れを監視できる「金融パノプティコン」である。しかし、実際の取り締まりは、世界のドル決済の95%が不可逆的に決済されているニューヨークで行われることが多い。

CHIPSは、金融機関の私的クラブである。その43の加盟社は、連邦準備制度にある事前資金口座を使って、毎日1兆8千億ドルの債権を決済している。これらの金融機関はすべて米国内に事務所を構えており、米国の法律の適用を受けるため、当局による摘発や処罰が容易である。何百万ドルもの手数料は、BNPパリバやスタンダードチャータードなどのCHIPS加盟社がイラン関連の制裁措置違反で20年近くにわたって支払った約130億ドルの罰金にはとても及ばない。

アメリカの権力の道具として、CHIPSは北京で見過ごされてはいない。ファーウェイの最高財務責任者(CFO)である孟晩舟の米国への引き渡しを阻止するためのカナダの法廷闘争において、中国企業はHSBCが1億ドルのイランで機器を販売する香港のパートナーであるスカイコムの取引をニューヨークで処理するという決定に対して疑問を呈した。ファーウェイは、HSBCがスカイコムと同社の関係を知っていたのだから、中国特別行政区にある小規模なオフショア・ドル決済システムを通じて資金を流すべきだった、それによって米国内に資金を置くのを避けるべきだ、と主張したのである。

CHIPSのくびきを脱するため、中国は独自のクロスボーダーインターバンク決済システム(CIPS)を準備している。CIPSは国際的な債権を人民元で決済し、独自のメッセージングネットワークを運営できる可能性がある。(2016年以降、通信チャネルとしてSWIFTを使用している)CIPSは急成長している。しかし、世界の国際決済の40%がドル建てである限り、シェアが3%の人民元の決済機関は、CHIPSの代替にはなり得ない。そこで、現在大規模な試験運用が行われているデジタル人民元「e-CNY」の出番となる。

中央銀行が昨年発表した白書によると、このトークンは国境を越えた使用に「技術的な準備ができている」が、「現時点では主に国内の小売決済用に設計されている」。それが変わる可能性もある。中国の企業や個人が、CHIPSが決済できない、あるいはSWIFTが指示を受け付けないために海外送金ができないという事態に直面した場合、友好国の仲介業者がいつでも説得してe-CNYを受け入れ、中国の買い手の海外の取引先にドルのステーブルコインの支払を転送することができるのである。

仲介者は、世界第2位の経済大国の納税者に支えられた通貨を扱っているため、信用リスクに直面することはない。また、決済リスクもない。ブロックチェーンはすべての取引を極小化する。つまり、トークン化された形でお金が動くので、取引相手が合意した対価を受け取らずに価値あるものを手放したという宙ぶらりんな状態に陥ることはないのである。中国の買い手が有効な人民元を持っていない場合、売り手は支払いを受けることができないので、仲介者が損をすることはない。そして、そのデジタル人民元をドル、あるいはテザーや米ドルコインなど米ドルを模倣したステーブルコインに戻すには、仲介者は世界の他の国々の人々が中国の商品や資産を購入したいと望むだけでよく、そのためにはeCNYの送金が必要となる。

SWIFTはeCNYの取引を見ることはなく、CHIPSはその取引を決済する必要はない。実際、国境を越えて資金を移動させるのに、欧米の銀行は必要ないかもしれない。米国がステーブルコイン企業が中国の住民と取引することを禁止しても、第三国の事業体が暗号通貨取引所でドルトークンを購入し、米国が規制する企業に支払うことを妨げることはできないだろう。アメリカの経済支配圏は、1年や2年ではなく、おそらく10年以上かけて縮小していく可能性がある。

そして、それが覇権主義的な力の最大の特徴でしょう。銀行システムの崩壊、各国通貨の暴落、株式市場の急落などその強制的な行使の結果が潜在的な標的の想像に任されている限り、覇権は無敵である。しかし、実際にその力を行使した場合、長期的な結果は予測不可能なものになる可能性がある。将来のライバルを萎縮させるか、あるいは代替手段を模索する姿勢を強めるか。e-CNYは後者になり得るだろうか? 北京はその答えを知らないかもしれないが、ロシアがSWIFTから半ば放逐された後では、それを知りたいと思うかもしれない。

Andy Mukherjee. China Can Bypass SWIFT by Putting Digital Money in Play: Andy Mukherjee. © 2022 Bloomberg L.P.

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)