イーロン・マスクは私の会社も買うと脅してきた - 対処法はこうだ
2019年4月4日、ニューヨークの連邦裁判所に到着したイーロン・マスク。

イーロン・マスクは私の会社も買うと脅してきた - 対処法はこうだ

英科学雑誌ニューサイエンテイストは2019年にイーロン・マスクからTwitterで買収提案を受けた。この文章では同社編集者のConrad Quilty-Harperがマスクによる敵対的買収の提案への対照法を手ほどきする。

ブルームバーグ

※【編注】本記事は2019年にイーロン・マスクからTwitterで買収提案を受けた英科学雑誌ニューサイエンテイスト編集者のConrad Quilty-Harperによるブルームバーグへの寄稿である。


イーロン・マスクのツイッターへの未承諾の買収提案は、私やかつての同僚にとって引き金となる出来事だ。2019年、ロンドンを拠点とする科学週刊誌『ニューサイエンティスト』のデジタル編集者として働いていたとき、マスクはのんびりと買収にいくらかかるかについてツイートしてきたのだ。

門に押しかけた野蛮人みたいではないか? もし気になるのなら、ダイレクトメール(DM)で億万長者のやり口を試してみてはいかが?

イーロン・マスクとのやりとりは、私や私のチームにとって目新しいものではなかった。ある同僚は、数カ月ごとに彼にダイレクトメッセージを送り、インタビューを求めたり、同僚の本をこっそり宣伝したりした。時には、マスクが「『ニューサイエンテイスト』は私のお気に入りの定期刊行物だ」と返信してきたこともあった。このお付き合いが、2019年の春のある日、Twitterで私たちの科学雑誌の買収提案につながるとは、私たちは知らなかった。

私たちの出版物が有料であることに不満を述べた後、マスクは『ニュー・サイエンティスト』をそのまま買うとしたらいくらかかるか尋ねた。結局、買収は実現しなかったが、同社はその後、約7000万ポンド(約92億円)でデイリー・メールに売却された。しかし、マスクの申し出は、経営陣を対応に追わせることになった。

この経験から、私のチームは以下のことを学んだ。

1. Twitterのフォロワー数を監査する

マスクからの買収提案の初期警報は、彼があなたのアカウントをフォローしているかどうかだ。彼はあなたに不可解なツイートをしていないか? DMを送ってきているか? これらは、あなたとあなたのソーシャルメディアマネージャーが探すべき、マスクによる敵対的買収の重要な指標だ。

2. マスクがあなたの会社を買いたいとツイートしても、パニックにならないでください。

どんな状況でも良いアドバイスだ。特に、Twitterで8,170万人のフォロワーを持ち、混沌を楽しんでいるように見える世界一の金持ちの気まぐれに、あなたの会社の運命がかかっている場合はなおさらだ。

3. ソーシャルメディアマネージャーを信頼する

一日中オフィスの片隅で、Slackに送る最高のGIFを考えている、給料が安くてイライラしているあの人のこと? 彼らは今、あなたの会社で最も重要な人物なのだ。

4. 絵文字のゲームプランを一緒に考えよう

マスクはミームを作成し配布する人として知られている(ミームについては後でマーケティングチームに聞いてください)。絵文字で返信することで、彼の申し出に真面目に返信しつつ、冗談だとわかっても恥ずかしくないようなカジュアルさを出すという、絶妙なバランスをとることができる。

0:00
/

5. 簡潔であること

役員や幹部は、あなたが280文字という文字数制限のある媒体を使って会社の所有権について交渉しようとしていることを、おそらく知っているはずだ。一文字一文字が大事なのだ。

マスクが会社について「いくらですか」と尋ねた後、ニュー・サイエンティストの最高経営責任者ニナ・ライトは、軽口を叩きながら(ウインクの絵文字)、ペイウォールの問題を解決することを約束するツイートを起草した。

6. ツイートを送信する

7. あまり深刻に考えないでください

マスクはニューサイエンテイストを買わなかったし、14日に認めたように、Twitterを買うこともないかもしれない。だから、どんな申し出も大目に見て、慎重に対応するのが一番だ。

Conrad Quilty-Harper. Elon Musk Also Threatened to Buy My Company. Here’s How We Handled It. © 2022 Bloomberg L.P.