ESGは「排出量」というシンプルな指標に集約されるべき
Photo by veeterzy 

ESGは「排出量」というシンプルな指標に集約されるべき

エコノミスト(英国)
“The

地球を汚染し、労働者を酷使し、役員を取り巻きで固めるような企業に投資するのは嫌だという人なら、金融業界で最もホットなトレンドの一つである環境・社会・ガバナンス(ESG)投資について、間違いなく知っていることだろう。これは、資本主義をより良く機能させ、気候変動がもたらす深刻な脅威に対処するための試みである。近年、このトレンドは急速に拡大しており、投資運用の巨人たちは、その資産の3分の1以上、総額35兆ドルを、何らかのESGレンズを通してモニターしていると主張している。そして、このことは、世界中の上司や関係者の口からも語られている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン