日本で「ESGファンド」のラベルが消失
2021年8月13日金曜日、東京の池袋地区で道路を横断するのを待つ歩行者たち。Photographer: Soichiro Koriyama/Bloomberg

日本で「ESGファンド」のラベルが消失

日本ではESGが少し汚れた略語になりつつある。過去5カ月間、「ESG」を名称に含む新規ファンドはなく、過去数年間は1カ月に1本程度だったのが急減した。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 日本ではESGが少し汚れた略語になりつつある。

過去5カ月間、「ESG」を名称に含む新規ファンドはなく、過去数年間は1カ月に1本程度だったのが急減した。しかし、金融庁がESGラベルの付いたファンドに新たな規制を示唆したため、資産運用会社は環境、社会、ガバナンスの略語であるESGを使用しなくなった。

楽天証券のファンドアナリスト、篠田尚子はインタビューで、「金融庁はファンドマネージャーに対し、ESGラベルで個人投資家に誤解を与えることを警告し、投資する銘柄について具体的な理由を提示するよう求めている」と述べた。「だからこそ、資産運用会社はより慎重になっているのです」

ESGタブー|日本では、新しく立ち上げられたESGファンドが名称にESGを避ける傾向にある。

世界の規制当局は、ESGファンドと銘打ったファンドによるグリーンウォッシングを取り締まるため、さらなる規制を導入している。シンガポールと香港は追加的な情報開示義務を課している。欧州では、サステナブル投資の規制が強化され、資産運用会社は新しい「True-to-Label」ルールへの対応を始めている。

日本の金融庁は昨年、モルガン・スタンレーが運用し、みずほフィナンシャルグループが販売する人気のファンドが、環境と社会的影響に関する十分な情報を投資家に提供していないとして批判を浴びたことをきっかけに、ESGファンドルールに関する議論を開始しました。金融監視委員会は3月までに新しいガイドラインを発表する予定だ。

日本はアジアのどの国よりもESGファンドの流行に乗っかっているが、今年、これらのファンドから約4億2,600万ドルの資金流出があった。モーニングスターのデータによると、上場投資信託を除く運用資産は昨年末の343億ドルから約219億ドルに減少している。

イボットソン・アソシエイツ・ジャパンのアソシエイト・ディレクター、Hiroaki Satoによれば、資産減少の原因は円安と運用成績の低迷で、ほとんどのファンドが世界株にフォーカスしており、今年の株売りの打撃を受けたためだという。運用資産総額の3分の1を占める大手3社のファンドは、日経平均の4.2%下落に対し、今年平均で8.3%下落している。

資金流出|日本のESGファンドはパフォーマンスの低迷により年初から資金流出が続いている

「ESGファンドのフローが勢いを失っているため、企業にとって新しいファンドを立ち上げるインセンティブがない」とSatoは指摘する。モーニングスターによると、昨年同期に56本あったESGファンドのうち、今年立ち上げたのはわずか18本。ESGのラベルを使った最後のファンド、ESGゴールドキャピタルAMは5月20日にローンチした。

金融庁の警戒がESGブームを冷え込ませている一方で、開示ガイドラインの厳格化は、より多くのフローを呼び込むのに役立つと篠田は言う。「個人投資家はESGやインパクト投資に関心を持っている」と彼女は言う。「彼らが求めているのは、ファンドマネジャーがなぜその銘柄を選ぶのか、より透明性の高い情報です。それが大きな助けになるでしょう」。

りそなアセットマネジメントは今月、ESGの名を冠した新しいファンドを発売し、5カ月にわたる低迷に終止符を打つ予定だ。

-- 取材協力:Takashi Umekawa

Satoshi Shizume, Sheryl Tian Tong Lee. ESG Fund Labels Disappear in Japan as Clampdown Spooks Industry.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ