フロリダ州がESGへの投資禁止を厳格化
ジミー・パトロニス最高財務責任者(Chief Financial Officer)。(写真:Octavio Jones/Getty Images)

フロリダ州がESGへの投資禁止を厳格化

フロリダ州のジミー・パトロニス最高財務責任者(CFO)は資産運用会社が51億ドルの州年金プールを持続可能なファンドで運用することを阻止した。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) — フロリダ州のジミー・パトロニス最高財務責任者(CFO)は資産運用会社が51億ドルの州年金プールを持続可能なファンドで運用することを阻止した。

パトロニスは月曜日に、93,000人以上の州職員に補足的な年金を提供するフロリダ繰延補償制度が、環境、社会、ガバナンス(ESG)戦略への投資を禁止する指令に署名したという。「潜在的なESG商品」に投資しているのは、資産の1%未満だという。

「私たちは、これらのファンドマネジャーに、これらの資金を動かすこと、そして動かなければ、私たちの契約に違反することを課しています」と、パトロニスは言った。「ESGは長年、金融サービスセクターで野放しにされてきたのです」。

フロリダ州は、資産運用会社の「覚醒した資本主義(Woke Capitalism)」に反発し、ESGを考慮した政策を標的にする共和党が支配する一連の州政府の一つである。先週、ロン・デサンティス知事と州当局者は、フロリダ州の2,200億ドルを超える年金基金に関する方針を変更し、投資判断は潜在的な収益のみによって導かれるべきであると述べた。

-- Michael Smith、Silla Brushの協力を得ています。

Felipe Marques. Florida CFO Bans More State Pension Funds From Investing in ESG.

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ