【一問一答】ESG投資とは何か? ESG投資では財務リスクがあるか?[ブルームバーグ]

ESGと似たような、時には重複する戦略との違いを整理するのは、この言葉が人によって異なる意味を持つようになったこともあり、難しい。ESGは単なるマーケティング・ギミックに過ぎないとの懐疑的な見方もある。

【一問一答】ESG投資とは何か? ESG投資では財務リスクがあるか?[ブルームバーグ]
2021年4月29日木曜日、ブラジル・サンパウロ州グアインベにあるAES Tiete SA太陽光発電所の太陽電池モジュール。

(ブルームバーグ)— 「ESG」を定義するのは、ある意味では簡単だ。環境要因や社会問題、コーポレート・ガバナンス(企業統治)の問題に起因するリスクを管理することに焦点を当てた金融・投資のアプローチ。ESGと似たような、時には重複する戦略との違いを整理するのは、この言葉が人によって異なる意味を持つようになったこともあり、難しい。ESGの採用がブームになったことで、このアプローチは単なるマーケティング・ギミックに過ぎないとの懐疑的な見方が広がり、反発や規制当局の取り締まりに拍車がかかっている。

1. その大義名分とは?

ESGは、サステナブル投資として知られる幅広い戦略の一部である。大まかには、社会的インパクトを達成すること、個人の価値観に沿うこと、リスクを管理することが目的であると、支持者は言う。ESGは今世紀初頭、金融業界と協力する国連職員によって開発された。彼らは、気候変動、労働者紛争、コーポレート・ガバナンスの不備に起因する訴訟など、主要なESGリスクを計量化することが投資保護に役立つと主張した。このような分析は、投資家の受託者責任と両立するものである、と彼らは述べた。

2. ESGはどのように進化したのか?

時が経つにつれ、ESGのラベルは、グリーンエネルギー株の保有から、石油会社やロシアのような独裁的な国の資産を含むベンチマーク債券インデックスを追跡するファンドのような予想外のものまで、様々な投資対象に貼られるようになった。業界の淘汰は現在進行中である。しかし同時に、異常気象や労働者のストライキが自動車メーカー、保険会社、旅行会社に打撃を与える中、ESGリスクはより顕著になっている。

3. ESGの規模は?

何をESGと定義するかによって見積もりは異なる。ブルームバーグ・インテリジェンスによると、ESGと持続可能性にラベル付けされたファンドは、2023年第1四半期に2.3兆ドルを突破した。

4. 反発は?

米国では、当局者がESGの取り組みを「woke(ウォーク、意識高い系、覚醒した系などの意)」と揶揄し、財務的リターンを犠牲にしてリベラルな価値観を優先していると主張している。2024年の共和党大統領候補であるフロリダ州のロン・デサンティス知事や他の批判者たちは、ESGの初期の支持者であったブラックロックから数十億ドルの州資金を引き上げた。共和党が主導する各州も反ESG法案を提出したが、これらはほとんど失敗に終わった。この攻撃はウォール街に冷や水を浴びせ、銀行や投資会社はマーケティング文書や顧客との会合でこのラベルを使うことを控えるようになった。しかし、その後、2023年7月は地球上で記録的な猛暑となり、猛暑と山火事の影響に注目が集まった。また、米国の自動車メーカーで歴史的な労働争議が発生し、ESG分析が脚光を浴びた。

5. リターンは?

2022年、ロシアのウクライナ侵攻によって石油株が上昇する一方、二酸化炭素排出量が少ないことからESGファンドが広く保有しているハイテク企業の株価が低迷したことは、ESGの大義名分には役立たなかった。2023年、世界のESGファンドは回復したが、ベンチマークを下回っている。例えば、最大の市場を持つ欧州では、9月22日までの1年間で、ESG関連ファンドのリターンは8.5%で、MSCIワールド・インデックスの12%、STOXXヨーロッパ600価格指数の9.9%を上回った。それでも、調査会社モーニングスター・ダイレクトによると、少なくとも2019年以降は、ESGファンドの設定本数が解約本数を上回っている。

6. 規制当局は何をしているのか?

ESGラベルが投資信託から複雑なデリバティブまで多様な金融商品に採用されるにつれ、欧米の規制当局はESGの善意を誇張しているとする企業を取り締まり始めた。

9月、米国証券取引委員会は、ファンドの投資対象の80%をそのファンドが掲げている重点事項に沿ったものとすることを求める規則を採択した。2022年、SECはゴールドマン・サックス・グループとバンク・オブ・ニューヨーク・メロン・コーポレーションのESG認証に関連する部門を提訴した。

ドイツ銀行のDWSアセットマネジメント部門は、グリーンウォッシングとマネーロンダリング対策の不備の疑いに関するSECの調査に対し、2,500万ドルを支払って和解することで合意した。

EU規則の改正により、ファンド・マネジャーは2022年7月から2023年3月までの間、約2,000億ユーロ(2,150億ドル)の顧客ファンドからESGの最上位タグを剥奪することになった。

7. サステナブル投資は違いを生むか?

一部の投資家や学者は、サステナブル投資のインパクトは、その支持者が示唆するよりもはるかに小さいと不満を述べている。もちろん、企業にプラスチック使用量の削減を迫ったり、労働者の権利に取り組んだり、いわゆる公民権監査を実施するなど、いくつかの前進はしている。また、エクソン・モービル社の取締役を交代させ、石油大手がよりクリーンな燃料を使用できるようにすることにも成功している。しかし、サステナブル投資だけで複雑な問題に対処できるという考えは間違っており、最低賃金や温室効果ガス排出量の増加といった社会問題に対処するためには、より多くの政府の介入が必要だと、反対派は言う。

8. ESG支持者からの批判は?

支持者の中には、ESGという用語があまりに広範に使われるようになり、その意味の多くが失われたと考えている人もいる。その多くは、グリーンウォッシングの蔓延を指摘している。グリーンウォッシングとは、企業が自らの行動による環境上の利益を誇張することである。他の批判は、ファンド・マネジャーがESG要因のパフォーマンスによって企業をランク付けする方法に焦点を当てている。ESG要素が企業にもたらすリスクではなく、例えば環境や社会にもたらすリスクによって企業がランク付けされるケースもある。(方程式の両面を見る「二重の重要性」として知られるアプローチは、EUでは採用されているが、他では採用されていない)。支持者の中には、ESGラベルを完全に廃止し、代わりにエネルギー転換、天候、保険リスクについてもっと話すことを提案する人もいる。

9. ESGは持続可能性の中でどこに位置づけられるのか?

ESGの人気は、ESGが世界をより良い場所にするというポジティブな役割を果たすという信念に依存している部分がある。しかし、このような温かみのある考え方は、資産運用会社が重要な違いを曖昧にしてしまうことを意味する。社会的責任投資とは一線を画し、リスクを重視するウォール街にアピールするために創設された。これは、サステナブル投資の中でも、さらに踏み込んでいるものがあるのとは対照的だ。

倫理的投資と価値観に基づく:これらは、投資家が政治的、宗教的、哲学的信条や価値観を反映しているかどうかによって、企業を敬遠したり投資したりすることを可能にする広範な戦略である。初期の実践者はクエーカー教徒などの宗教団体で、アルコール、武器、ギャンブルなどへの投資を避けた。スウェーデンの教会系団体は、1965年に最初の倫理に基づく投資信託を開始した。

社会的責任投資: 1980年代から1990年代にかけて、反ベトナム戦争デモ、ナパーム弾製造企業への消費者ボイコット、南アフリカにおけるアパルトヘイトに刺激された投資家グループは、社会に害を与える企業を避けるだけでなく、ビジネス慣行を改善している企業に投資することで、善を行おうとした。また、グリーンエネルギーなどに取り組む企業にも注目した。

インパクト投資: 社会的責任投資が上場企業に焦点を当てる傾向があるのに対し、インパクト投資は主に民間プロジェクトに焦点を当てる。ニッチな戦略であり、投資家は、手頃な価格の住宅を提供する企業など、測定可能な特定の成果をターゲットとする。

システムレベル投資: ESGのインパクトが限定的であることから、その限界を超えることを期待している。システム・レベル投資とは、投資全体と、その要素が長期的にすべての資産にどのような影響を与えるかを考慮した意思決定を行うことである。例えば、気候変動がエネルギーや保険会社の株式からソブリン債や外国為替に至るまで、あらゆるものにどのような影響を及ぼすかがその例である。

What Is ESG Investing and What Financial Risks Does It Highlight?

By Saijel Kishan

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史

Read more

コロナは世界の子どもたちにとって大失敗だった[英エコノミスト]

コロナは世界の子どもたちにとって大失敗だった[英エコノミスト]

過去20年間、主に富裕国で構成されるOECDのアナリストたちは、学校の質を比較するために、3年ごとに数十カ国の生徒たちに読解、数学、科学のテストを受けてもらってきた。パンデミックによる混乱が何年も続いた後、1年遅れで2022年に実施された最新の試験で、良いニュースがもたらされるとは誰も予想していなかった。12月5日に発表された結果は、やはり打撃となった。

By エコノミスト(英国)
中国は2024年に経済的苦境を脱するか?[英エコノミスト]

中国は2024年に経済的苦境を脱するか?[英エコノミスト]

2007年から2009年にかけての世界金融危機の後、エコノミストたちは世界経済が二度と同じようにはならないことをすぐに理解した。災難を乗り越えたとはいえ、危機以前の現状ではなく、「新常態」へと回復するだろう。数年後、この言葉は中国の指導者たちにも採用された。彼らはこの言葉を、猛烈な成長、安価な労働力、途方もない貿易黒字からの脱却を表現するために使った。これらの変化は中国経済にとって必要な進化であり、それを受け入れるべきであり、激しく抵抗すべきではないと彼らは主張した。 中国がコロナを封じ込めるための長いキャンペーンを展開し、今年その再開が失望を呼んだ後、このような感情が再び現れている。格付け会社のムーディーズが今週、中国の信用格付けを中期的に引き下げなければならないかもしれないと述べた理由のひとつである。何人かのエコノミストは、中国の手に負えない不動産市場の新常態を宣言している。最近の日米首脳会談を受けて、中国とアメリカの関係に新たな均衡が生まれることを期待する論者もいる。中国社会科学院の蔡昉は9月、中国の人口減少、消費者の高齢化、選り好みする雇用主の混在によってもたら

By エコノミスト(英国)
イーロン・マスクの「X」は広告主のボイコットにめっぽう弱い[英エコノミスト]

イーロン・マスクの「X」は広告主のボイコットにめっぽう弱い[英エコノミスト]

広告業界を軽蔑するイーロン・マスクは、バイラルなスローガンを得意とする。11月29日に開催されたニューヨーク・タイムズのイベントで、世界一の富豪は、昨年彼が買収したソーシャル・ネットワーク、Xがツイッターとして知られていた頃の広告を引き上げる企業についてどう思うかと質問された。「誰かが私を脅迫しようとしているのなら、『勝手にしろ』」と彼は答えた。 彼のアプローチは、億万長者にとっては自然なことかもしれない。しかし、昨年、収益の90%ほどを広告から得ていた企業にとっては大胆なことだ。Xから広告を撤退させた企業には、アップルやディズニーが含まれる。マスクは以前、Xがブランドにとって安全な空間である証拠として、彼らの存在を挙げていた。

By エコノミスト(英国)