年内にEVを製造できる新興メーカーは少ない - アンジャニー・トリヴェディ
2021年9月30日、ノルウェー・オスロのNioに展示されているパフォーマンスカーEP9。

年内にEVを製造できる新興メーカーは少ない - アンジャニー・トリヴェディ

現実には2022年に道路を走るEVはそれほど多くはない。EVやバッテリーを製造できない企業や、実現可能な製品を示せない企業は、生き残ることができたとしても、後発組になる。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン)--そろそろ投資家は、電気自動車(EV)の新興企業に関する現実を突きつけられるべきだろう。しかし、昨年市場を席巻した、大々的に宣伝され、安価な資本を吸引するEVメーカーにとって、株価の暴落は何を意味するのだろうか?

ニューヨークで上場しているNio、Xpeng、Li Autoなどの中国企業から、アメリカのRivian AutomotiveやLordstown Motorsなど、EVの新興企業の株価は、ここ数週間で輝きを失い、より大きなセンチメントの変化と金利上昇によってさらに悪化している。派手で未来を先取りするような車を作るのは、ちょっと難しいことがわかった。

自動車の生産コストが高騰している場合は、なおさらである。メーカーは部品を手に入れることができず、販売台数は圧倒的に少ない。さらに、米国で取引する中国企業は、ワシントンと北京の規制の応酬に巻き込まれ、プレッシャーを受けている。

これまでは、資本を集めるのは簡単なことだった。投資家はESGに配慮した銘柄にチェックを入れ、ハイテクや環境に配慮していると思われるものは何でも喜んで支援した。しかし、その一方で、製造業の基本的な要件は無視されているように見えた。その企業は実際に製品を製造できるのか? 実際に製品を作ることができるのか、その製品は大規模に生産されているのか? 試作品から大量生産まで、どれくらいのスピードでできるのか?

多くの新興EVメーカーが、人工知能やスマートドライビングシステムを誇っている。しかし、その心臓部である電池は、他社から調達する必要がある。消費者の無制限な需要や、排ガス規制への対応を前提に、大幅な生産台数の見通しを立てていた。さらに、自動車製造部門を外注するアセット・ライト・モデルを採用した企業もあった。

多くの投資家は、このようなレトリックに好感を持った。しかし今、金利が上昇し、現金の調達が難しくなっている。投資家はまもなく、別の現実に直面することを余儀なくされるだろう。生産と製造が重要なのだ。資本を活用するためには、派手な装置やソフトウェアシステムを追加したり、車のスペックを上げたりするだけでは不十分なのだ。一方、自動車購入者のEVへの熱意は高いものの、供給の妨げと価格の高騰が需要を減退させる危険性がある。売却金額の目安としてよく使われるケリーブルーブックによると、米国におけるEVの新車価格は平均6万5,000ドルである。

参入障壁も高まっている。EVやバッテリーを製造できない企業や、実現可能な製品を示せない企業は、生き残ることができたとしても、後発組になる。ここ数週間で、これらの企業は計画に現実味を帯びてきたようだ。

苦戦を強いられているLordstown Motorsは最近、現金を調達するためにiPhoneの委託組立業者であるFoxconn Technology Groupに工場を2億3,000万ドルで売却し、事業を継続できるかどうかはさらなる資金調達にかかっていると述べた。今月初めには、この組立業者と自動車製造のための合弁契約を結んだ。約2年前の上場時には、ピックアップを2,000台、翌年通年で32,000台生産することを目標としていた。しかし、今は500台の生産計画である。

生産契約は、必ずしも製造工程を早めるものではあらない。Foxconnは、Lordstownの競合企業であるFiskerとも自動車製造の提携を結んでいる。これに加えて、Fiskerはマグナ・インターナショナルという大手製造委託先とも契約している。しかし、プロを味方につけても、同社は今年末までにしか自動車を作れないと予想している。

Fiskerの公募資料には、同社のリスク要因として「自動車の製造を外注に依存するビジネスモデルである」ことが記されている。「協力パートナーと製造設備のツーリングにかかるコストは高いが、そうしたコストはFiskerが車両製造契約を結ぶまでわからない」とある。実際、EV会社は、「投資家は、Fiskerの生産計画やその実現性について、予想される期間内、あるいは全くその記述を過度に信頼すべきではない」とまで明言しているのだ。

しかし、投資家は自信満々で、EVが生産ラインから転がり出そうとしていた。コロナウイルス感染症のせいなのか、サプライチェーンのせいなのか、それとも地政学のせいなのか、現実には2022年に道路を走るEVはそれほど多くはない。

大きな後ろ盾と政策的支援を得ているEV企業でさえ、そう簡単にはいかず、ようやく生産と販売を拡大しようとしているところである。Nio、XPeng、Li Autoは、月に数千台しか生産していない。世界の他の地域では、サウジアラビアの政府系ファンドの支援を受けたLucid Groupが王国で生産を開始し、最大10万台の車の購入契約を政府と結んでいる。

EV企業は間違いなく成長痛に直面するだろうし、大胆な計画を立てるのは当然良いことだ。しかし、その約束が守られるかどうかは、誰かが確認しなければならない。今危険なのは、誇大広告が消え、消費者が期待を捨て、需要を失うことだ。その場合、私たちは最初の地点に戻ることになる。投資家は、約束されたものを取り除き、メーカーに大規模な生産を早急に行うよう圧力をかける必要がある。

Anjani Trivedi. Is Anyone Actually Making Electric Vehicles?: Anjani Trivedi

© 2022 Bloomberg L.P.

EV