研究室から量産へ  進化するEV用電池
カリフォルニア州サンノゼにあるQuantumScapeのクリーンルームで行われた電池技術のテスト。生産技術を工場に適応させることが次の課題である。Jason Henry for The New York Times

研究室から量産へ 進化するEV用電池

先進的な電気自動車用バッテリーが研究室から量産へとフェイズを移している。数名の科学者と彼らが設立した企業が、組立ラインを設置し、ひとつの節目を迎えようとしている。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Jack Ewing]カリフォルニア州サンノゼ発 ― 何年もの間、シリコンバレーからボストンまでの研究所では、電気自動車(EV)が数分で充電でき、充電のたびに何百マイルも走行できるようにする、化学物質、鉱物、金属からなる捉えどころのない薬を探し求めており、これらは現在利用できる電池よりもはるかに低コストで実現できる。

そして今、数名の科学者と彼らが設立した企業が、ひとつの節目を迎えようとしている。次世代電池セルを生産する工場を建設し、自動車メーカーがこの技術を路上でテストし、安全性と信頼性を判断できるようにしようとしているのだ。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン