加州でEV電池のリサイクルが開始
2020年6月3日(水)、中国福建省寧徳市のCATL本社ビルのウェルカムセンターに展示されている電気自動車用バッテリーの断面図。CATLは、テスラやフォルクスワーゲン社などに製品を供給している中国企業で、100万マイル以上の走行が可能な電気自動車用バッテリーを開発した。Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

加州でEV電池のリサイクルが開始

【ブルームバーグ】テスラの元最高技術責任者(CTO)が設立した新興企業レッドウッド・マテリアルズは、カリフォルニア州で電池のリサイクルに乗り出す。フォードとボルボはこのプログラムに参加する最初の自動車メーカー。

ブルームバーグ

【ブルームバーグ】テスラの元最高技術責任者(CTO)、J.B.ストラウベルが設立した新興企業レッドウッド・マテリアルズは、カリフォルニア州で電池のリサイクルに乗り出す。フォードとボルボは、このプログラムに参加する最初の自動車メーカー。

カリフォルニア州は、米国における電気自動車(EV)への移行を先導しており、2035年までにガソリンやディーゼルを燃料とする自動車やトラックの新車販売を終了する計画を立てている。昨年、カリフォルニア州で販売された小型車のうち、EVとプラグインハイブリッド車が占める割合は12%を超えている。これらの自動車が老朽化して引退すると、レッドウッドはリチウム、コバルト、ニッケル、銅などの主要金属を抽出して、新しい電池パックに使用し、産業界のコストを削減する。

レッドウッドの目標は、使用済みの電池パックを米国のサプライチェーンに戻すことができる「持続可能な閉ループシステム」を構築することだという。レッドウッドは、カリフォルニア州環境保護庁をはじめとする州政府機関と協力して、より効率的な取り組みを検討している。

「ストラウベルは木曜日に行われた記者会見で、「私たちはカリフォルニア州と協力して、このリサイクルプログラムを開始する。「カリフォルニアは最も古いEV市場であり、電池はすでに戻ってきている」と述べた。

レッドウッドは9月にフォードとパートナーシップを結び、フォードはネバダ州カーソンシティに拠点を置く同社に5,000万ドルを出資した。

「レッドウッド・マテリアルズとのこの新しいプログラムは、フォードがアメリカの持続可能でカーボンニュートラルなEV製造への移行をリードし、最終的にはEVをより持続可能で顧客が手に入れやすいものにするのに役立つ」と、フォードの最高経営責任者ジム・ファーリーは声明で述べている。

© 2022 Bloomberg L.P.

Dana Hull. Electric-Car Battery Recycling Kicks Off in California. © 2022 Bloomberg L.P.