エクスペディアCEO、今夏は「史上最も忙しい旅行シーズン」と予測
2020年5月11日(月)、米国ニューヨーク州ブルックリン区で撮影された手配写真には、スマートフォンに表示されたエクスペディア・グループ・インクのロゴが写っている。コロナウイルスは、戦後の世界における文化的・経済的な大現象のひとつである数十年にわたる航空ブームの時計を、わずか数カ月でリセットしてしまった。Photograph: Gabby Jones/Bloomberg

エクスペディアCEO、今夏は「史上最も忙しい旅行シーズン」と予測

【ブルームバーグ】エクスペディアグループのピーター・カーン最高経営責任者(CEO)は「2022年の夏は、これまでで最も忙しい旅行シーズンになる。欧米、豪州で旅行者への障壁が緩和し、人々はコロナの間にためた貯蓄を使う準備ができている」と語っている。

吉田拓史

【ブルームバーグ】エクスペディアグループのピーター・カーン最高経営責任者(CEO)は、2023年は旅行の回復を予測するのをやめて、実際に旅行を楽しみ始める年になると考えている。

しかし、その前に、彼は何か大胆なことを予測している。「2022年の夏は、これまでで最も忙しい旅行シーズンになる」と、ワイオミング州の自宅からズームを使ってブルームバーグに語ってくれた。

「2022年の夏は、これまでにないほど忙しい旅行シーズンになる。ヨーロッパでは規制が緩和され、米国のリベラルな州でもマスク着用が義務付けられなくなり、オーストラリアのように海外からの観光客を歓迎していなかった地域でも国境が開かれるようになると、パンデミック時代の旅行の障壁の多くが後退していく」

復活を予感させるのは、単に旅行のしやすさだけではなく、数量の多さと価格の高さの組み合わせだ。

航空会社は、8月までには歴史的な水準に戻ると予想している。「確かに、価格は高くなる。しかし、現時点では、人々は自分が行きたい場所に行くためには、何が何でもお金を払いたいと思っているのではないか」。結局のところ、いまのところ潜在的な需要の一部は貯金に充てられている。物質的な家財道具に費やすことに疲れた人々は、現金であれ、2020年以降に貯まったポイントであれ、体験のためにお金を使う準備ができているのだ。

2021年11月12日、ニューヨークのタイムズ・スクエアでは、ブロードウェイ・ショーのチケットを購入するために観光客が列を作っていた。Photographer: Alexi Rosenfeld/Getty Images North America
2021年11月12日、ニューヨークのタイムズ・スクエアでは、ブロードウェイ・ショーのチケットを購入するために観光客が列を作っていた。Photographer: Alexi Rosenfeld/Getty Images North America

どこに行くかというと、カーンは都市に注目している。「人々は国立公園に行くことに飽きている。フィレンツェ、パリ、ロンドンのように、文化的なアトラクションや食事の選択肢が豊富なヨーロッパの都市は、莫大な需要を維持できる」と述べている。

業界全体での大胆な主張

大きな夏のシーズンを予測しているのは、カーンだけではない。世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)は2月9日、経済モデルを更新し、米国の旅行・観光業は流行前の水準を6.2%上回り、米国の国内総生産に占める割合は約2兆ドルになると予測した。欧州では、同協議会のデータによると、2022年夏の予約は、すでに2021年の水準を少なくとも80%以上上回っている。

旅行代理店コンソーシアム「Virtuoso」の副社長であるミスティ・ユーイング・ベレス氏は、そのことを身をもって体験しており、今週のブルームバーグに、パンデミックの不安があった過去2年間に主流であった直前旅行の傾向に反して、夏の予約はすでに加速していると語っている。ワクチンを接種した旅行者が到着前にコロナウイルス感染症の検査結果を提出する必要がなくなった英国では、ライアンエアーのマイケル・オリアリーが最近、2022年夏の旅客数はパンデミック前の2019年に記録した旅客数の115%になると予想していると述べた。

2021年に動きが制限されていた世界の一部の地域では、旅行者が失われた時間を取り戻したいと考えている。エクスペディアのデータによると、オーストラリア人の約3分の1が2022年に少なくとも3回の旅行を計画している。

夏のハイシーズン

カーンによると、夏はエクスペディアにとっても、旅行業界全体にとっても、伝統的に最も忙しく、最も収益性の高い季節だという。これまでのパンデミックの際にも同様の主張をしてきたが、2022年はそれとは異なると考えられる理由がある。

より多くの政府がパンデミックを風土病として扱うようになると、入国制限や入国規則の変更の増減がよりシンプルになると考えられるからだ。その結果、政府や国民がパンデミックへの対策に「次第に無感覚になっていく」ため、今後感染者が続出しても観光への影響は少なくなるとカーンは予想している。政府や国民がパンデミック対策に「だんだんと無感覚になっていく」からだ。「波が来るたびに『今度はどれくらいの規模の戦いを始めればいいのか?』と自問するだけになるだろう」

昨年、米国のメモリアルデー(今年は5月30日)を目前にして、欧州政府が検査やワクチンの接種を義務づけて国境を再開し、多忙な夏のシーズンを救おうとする圧力を感じたように、各国政府は夏の旅行が滞りなく行われるために必要なことは何でもするだろうと、再び期待されている。例えば、欧州連合(EU)がここ数週間で規制緩和を打ち出したことは、まだ大西洋を横断する長距離路線を再開していない航空会社の自信につながるという戦略的利点がある。多くの旅行者が夏の予定を決めてしまう前に、航空会社がキャパシティの追加を促せば、価格が正常化し、海外旅行が回復する可能性がある。

また、多くの労働者が、子供の学校休暇に縛られながらも、柔軟なスケジュールを維持していることから、夏休みに長期休暇を取ることにも魅力を感じているようだ。

カーンは、ライバルであるAirbnbのブライアン・チェスキーに向けて、「人々はどこでも仕事ができ、伝統的なカレンダーから解き放たれている」というテーゼを唱えることができる。「でも、夏は子供たちが学校を休んでいて、天気もいいので、みんなどこへでも出かけていく」

懸念事項

カーンは、旅行業界が一様に回復するわけではないと注意を促している。例えば、クルーズビジネスはホテルや航空会社に比べて回復に時間がかかると思われる。地域的には、アジアとラテンアメリカでは、2022年に強力な回復が見込めないとしている。ビジネス旅行はまだ大きく遅れている。

5歳以下の子供や免疫不全を抱える家族は、これまでとは違った旅行をすることになるだろうと彼は言う。「しかし、人々はどこかに行きたいと思っている。だから、人々は移動するための方法を見つけると思う」

彼の描く黄金の夏を脅かすものはないかと尋ねられたカーンは、自分の信念を貫いた「私たちは、その方向にかなり傾いている」

Nikki Ekstein. Expedia CEO Predicts the ‘Busiest Travel Season Ever’ This Summer. © 2022 Bloomberg L.P.