シェリル・サンドバーグ、存亡の危機のメタから去る - パルミー・オルソン
シェリル・サンドバーグ Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg. 

シェリル・サンドバーグ、存亡の危機のメタから去る - パルミー・オルソン

サンドバーグが退社するのをもっと待っていれば、Facebookはもっと低調になっていたかもしれない。ユーザーにとって、そしておそらく民主主義そのものにとって明るい兆しは、Facebookを無責任な規模へと舵を切った幹部の何人かがついに会社を去ったということだ。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) --メタプラットフォームのシェリル・サンドバーグ最高執行責任者(COO)が、マーク・ザッカーバーグとともに14年間会社を運営してきたが、辞任することになった。Facebookへの1,542語の投稿で、「私の人生の次の章を書く時が来た」と述べ、同社の同僚幹部からの熱烈なコメントを添えた。

彼女の退社は、以前から予想されていたことだった。ウォール・ストリート・ジャーナルが昨年、Facebookの内部データを分析したところ、サンドバーグ(52)に報告するスタッフの割合がここ数年減少していることが判明した。また、同社に近い人物によると、ザッカーバーグとの緊張関係や、幹部や広報チームに対立する派閥が形成されているとの噂もあった。

サンドバーグのレガシーは複雑だ。2008年、ザッカーバーグが若干23歳でGoogleから引き抜き、Facebookの広告ビジネスを成長させた後、彼女は同社が20億人を超えるアクティブユーザーという比類ない規模に到達するのに極めて重要な役割を果たした。彼女はそれを成し遂げ、大成功を収めた。Facebookの2021年の売上高1,170億ドルのうち、約97%が広告の販売によるものだ。Facebookの止まらない成長により、彼女は書類上では億万長者になった。

しかし、サンドバーグのビジネス成長の手腕は、Facebookのユーザー、健全な言論、そして間違いなく民主主義そのものにとって、代償を払うことになった。2016年の大統領選挙では、フェイクニュースが横行し、ドナルド・トランプが政権を獲得した。最近では、ある内部告発者が、安全への投資が不十分なため、1月6日の国会議事堂での暴動に同社が寄与していると非難した。Facebookの批判者たちにとって、同社が社会に損害を与えているのは、サンドバーグとザッカーバーグが推進する「どんな犠牲を払っても成長する」という考え方のせいだというのだ。

サンドバーグと一緒に働いていた経営者の中にも、きつい意見を述べる人がいる。2008年に彼女がザッカーバーグと初めて会うのを仲介したシリコンバレーの著名なベンチャーキャピタリスト、ロジャー・マクナミーは、その後「Zucked」を執筆し、Facebookの巨大さゆえに、ユーザーの異なる言語や文化を調整することがほとんど不可能であることを指摘した。

メッセージングアプリ「WhatsApp」の共同創業者であるブライアン・アクトンも、サンドバーグの成長への固執に憤慨していた。2014年にWhatsAppを190億ドルでFacebookに売却してから数年後、彼は大量のメッセージに対して企業に1セント以下を課金する、従量制ユーザーモデルによるアプリの収益化を提案した。しかし、2018年のインタビューで、彼はサンドバーグがこのアイデアを却下したと振り返った。「彼女の言葉は『それはスケールしない』だった」と、彼はその時私に語った。広告は、より大きな利益を得るための究極のルートだったのだ。

しかし今、そのお金を生み出す機械が怪しくなってきたところで、サンドバーグは去っていく。Facebookは最近、AppleのiOSプライバシーロックダウンの結果、2022年の収益が100億ドルの打撃を受けると発表した。また、ザッカーバーグはメタバースへの大胆な方向転換により、同社がまだ主流になるには何年もかかる新しいテクノロジーにすでに100億ドル以上を費やしているのを目の当たりにしている。

ザッカーバーグ自身のFacebookのフィードは、メタバースや、仮想現実で物に「触れる」ことができる触覚フィードバックを受け取ることができる手袋のようなスカンクワークス(本来業務以外の従業員の自主的活動)のプロジェクトに関する更新で満たされている一方で、サンドバーグはその方向性について沈黙している。

サンドバーグは長年、ザッカーバーグがよりエキサイティングなプロジェクトを追いかける一方で、ビジネスの平凡な側面を舵取りする役割を担ってきた。決算説明会では、Facebookが中小企業に貢献していることを強調し、ジャーナリストがこの問題を取り上げるよう働きかけた。ザッカーバーグに代わって議会で証言し、ダボス会議の世界経済フォーラムに出席する一方で、FacebookのCEOはその背後にとどまっていた。

以前、Facebookの元上級幹部が私に語ったところによると、ザッカーバーグとサンドバーグについて確実に分かっていることは、ウォール街が望めば、彼らは会社を去るということだった。それは、会社の株価が100ドルなどの一定の基準値を下回ることを意味した。

水曜日、Metaの株価は188ドルで取引を終え、その基準値からは程遠いが、これは昨年の378ドルの水準から50%も下落したことになる。Facebookの時価総額は当時1兆ドルに迫っていたが、現在では5000億ドル前後で推移している。Facebookの成長物語におけるもう一人の重要人物も去った。Facebookの最初の外部投資家であり、ザッカーバーグを導いたピーター・ティールは、最近、17年ぶりに同社の取締役を退任した。

ザッカーバーグは今後数年間はCEOに留まると公言しているが、バーチャルリアリティ(VR)への執着が見え隠れし、Facebookはますます舵取りが難しくなっている。

サンドバーグとティールの退任は、メタにとって財務的に非常に不透明な時期に行われた。同社がメタバースでどのようにお金を稼ぐつもりなのか、Appleからのプライバシー変更でどれだけの費用がかかるのか、ヨーロッパで施行予定のオンライン安全法の下でヨーロッパのユーザー向けにアルゴリズムをどれだけ広範囲に再設計しなければならず、同社の成長見込みが損なわれる可能性があるのかは不明だ。2月、Metaは1日のアクティブユーザー数が初めて減少したと報告し、同社のビジネスがピークに達した可能性を示唆した。

サンドバーグが退社するのをもっと待っていれば、Facebookはもっと低調になっていたかもしれない。ユーザーにとって、そしておそらく民主主義そのものにとって明るい兆しは、Facebookを無責任な規模へと舵を切った幹部の何人かがついに会社を去ったということだ。ザッカーバーグが議決権付き株式の過半数を握る支配力を手放すことがあれば、成長よりも安全を優先する新しいリーダーシップが生まれる可能性が大きくなる。しかし、今のところ、同社の将来はますます不透明だ。

Parmy Olson. Sheryl Sandberg Is Leaving Facebook at a Perilous Moment: Parmy Olson.

© 2022 Bloomberg L.P.