ウォール街はFRBのバランスシート縮小の準備ができていない
Created by Takushi Yoshida, Based on Photo by Brian McGowan on Unsplash

ウォール街はFRBのバランスシート縮小の準備ができていない

明らかな解決策がない中、FRBがバランスシートを縮小したことによる影響は未知数であり、金利上昇、スタグフレーション、地政学的混乱が生み出す不確実性に拍車をかけている。

エコノミスト(英国)

米国債の一生を考えてみよう。通常、週に1、2回、新しい国債が大量に誕生する。その最初の住処は、通常、投資銀行のディーリング・デスクである。そのようなディーラーは、自分たちのためにほんの少しを保有することもあるが、通常は、投資信託、外国政府、企業、連邦準備制度理事会(FRB)の債券ポートフォリオなど、より永続的な所有者に大部分を分配している。毎日7,000億ドルほどが取引され、一定の割合が何度も入れ替わるが、多くは一生涯そのままである。その死はあらかじめ決まっている。誕生からわずか1ヶ月から30年後の間に成人、つまり「成熟」し、その時点で決済され、存在しなくなるのである。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン