利上げ主導の不況がバイデン二期目を阻みかねない
アメリカの家庭は、退職金が減って請求書が増えるのを見ながら、過去40年間のどの時期よりも経済に対して暗くなっている。デビッド・ポール・モリス/ブルームバーグ

利上げ主導の不況がバイデン二期目を阻みかねない

インフレ対策としての利上げにより、Bloomberg Economicsのモデルで景気後退のリスクが72%に上昇。 ホワイトハウスにトラブルの前触れか?

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 高騰する物価が米国人を苦しめている。治療法も痛手となりそうだ。インフレを食い止めるには不況が必要かもしれない。そしてそれは、ジョー・バイデン大統領の在職中に起こる可能性が高い。

ブルームバーグ・エコノミクスの最新の予測によると、2024年初頭までの景気後退は、ほんの数カ月前まではほとんど視野に入っていなかったが、今では4分の3の確率に近づいている。

突然の弱体化?| 数ヶ月前まで、米国が近い将来に景気後退することはあり得ないように思われた。今は避けるのが難しいようだ。

水曜日、FRBは過去30年間で最大の利上げを実施し、インフレとの闘いを加速させた。中央銀行が景気を減速させようと必死になると、しばしば景気を完全に反転させることになる。

投資家はそのような悪い結果に賭けることを急ぎ、株式や債券を急落させている。アメリカの家庭は、食料品や光熱費が高騰する一方で退職金が減少しているのを見て、過去40年以上のどの時期よりも経済に対して暗い気持ちになっているという。

これらのことは、米国の消費者がまだ潤沢な資金を持ち、失業率が歴史的な低水準にある時に起きていることを指摘する価値がある。パウエルFRB議長は水曜日に、より大きな減速の兆候は「ない」と述べた。FRB自身の予測や政権が強調する他の予測は、景気後退の可能性は依然として低いことを示唆しており、異なる経済モデルがいかに幅広い結果を生み出し得るかを示している。

それでも、雰囲気は驚くべき速さで悪化しており、バイデンは、うらやましいクラブの一員になる危険性がある。ジミー・カーターからジョージ・H・W・ブッシュ、そしてドナルド・トランプまで、過去半世紀の1期限りのアメリカ大統領はすべて、不況の余波によって再選の望みが致命的に傷つけられたのである。

11月に行われる重要な中間選挙を前に、民主党は議会でのわずかな優位を守らなければならない。

嵐の予感

有権者は民主党の世論調査に対し、経済の嵐が吹き荒れていることを伝えている。ホワイトハウスの政策決定過程に詳しいある人物によれば、学生ローンなどの問題に対する重要な決定は、インフレ懸念によって麻痺しているという。石油利潤への課税から、中国の関税が撤廃されれば小売業者は値下げを約束するなど、苦境にある家計のために戦っていることを示すために、政権は枠にとらわれない解決策を模索している。また、経済学者たちは、生活費の高騰がバイデンのせいではないこと、そして経済は有権者が思っているよりずっと良いことを論証している。

それがいかに困難な作業であるかを物語るように、先週は2つの重要な指標が、ホワイトハウスの立場からすれば悲惨としか言いようのない水準で発表された。

インフレ率は予想外に上昇し、株式市場の暴落を引き起こし、FRBをさらにタカ派的なスタンスに押しやった。そして、米国の消費者(有権者とも呼ばれる)のセンチメントは、1978年までさかのぼった記録で最低レベルにまで落ち込み、この期間は米国史上最悪の不況のうち3つを含んでいるのである。

悪い数字|先週発表された主要な経済データは、すでに評価が下がりつつある政権にとって問題を示唆している。

物価の上昇は、すでに今年の選挙の最重要争点になりそうな勢いだ。パンデミックと大規模な財政刺激策に端を発し、ロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギーショックで新たな刺激を受け、インフレはほとんどのアメリカ人が生涯で経験したことのないレベルにまで達している。

インフレ率と失業率を足し合わせると、経済学者が「悲惨指数」と呼ぶ指標になる。この指標は、第二次世界大戦後のいくつかの不況期よりも高く、歴史的な水準に達している。

ブルームバーグ・エコノミクスの予測によると、中間選挙の日にもアメリカ人はかなり悲惨な状態にあるようだ。その時までには景気は後退していないかもしれない(その可能性は4分の1に過ぎないが、多くの有権者にとってはそのように感じられるだろう)。

不況ではない、悪化している|家計の幸福度を示す「不幸指数」は過去の多くの不況期より高い

2020年の選挙でバイデンが率いる世論調査員の一人、セリンダ・レイクによると、彼女のフォーカスグループは、ガソリン代や住宅費の上昇、そして賃金が追いついていないことについての話で溢れかえっているという。最近では、401kの退職金の価値が下がることへの懸念も表面化している。

レイク・リサーチ・パートナーズのプレジデント、レイク氏は、「『経済が天気だとしたら、あなたはどう表現するか』と聞くと、有権者は嵐や雷雨を表現している」

非難合戦

S&P500株価指数は1月のピークから約20%下がり、平均住宅ローン金利はその後ほぼ倍増し、2008年以来最高の6%近くまで上昇している。

これらの市場の動きは、FRBが軸足を置いたことに起因している。中央銀行の新しい政策が物価を冷やすよりもずっと前に、すでに富を奪い、一般のアメリカ人の金融コストを高めていることを物語っている。

金利上昇、資産減少|S&P500は暴落、住宅ローン金利は急上昇

ホワイトハウスでは、米国経済は不況を回避するのに十分な強さを持っていると当局者が述べている。高インフレは世界的な問題であり、パンデミックと戦争が主な原因であると指摘している。

しかし、インフレへの懸念は、学生ローンの免除やトランプ政権時代の対中関税の撤廃といった問題をめぐる政策協議に影響を与え、協議に詳しいある人物によれば、何カ月も保留になっていた決定を遅らせることになるのだという。バイデン氏の側近は、インフレを助長したり、共和党に経済に関する話題を提供したりするような行動は取りたくないと考えている、とその人物は言う。

先週の物価に関する不意打ちの後、政権のトップエコノミストの二人、セシリア・ラウスとブライアン・ディースは、インフレ対策の最高責任者はFRBの仕事だと強調した。しかし、バイデン陣営は、物価を冷やす他の方法にも目を向けている。

5月、イリノイ州カンカキーの農場を訪問したバイデン氏。Taylor Glascock/Bloomberg

上院のバイデン氏の重要な盟友は今週、石油業界の利益に対する新たな連邦税を提案した。この問題に詳しい関係者によると、ホワイトハウスは、大統領が中国の関税を一部引き下げた場合に価格を引き下げることを約束するよう大手小売業者に求め、それがどの程度早く実現するのか詳細を求めているとのことである。これは、潜在的な政策決定が関係者にどのような影響を与えるかを理解するための典型的な働きかけだ」と、ホワイトハウス関係者は述べた。

この努力は今のところ成功しておらず、企業は何がインフレを引き起こしているのか理解できていないことを理由に挙げていると、関係者は述べている。バイデン氏のチームは、インフレの責任の少なくとも一部を企業の強欲に押し付けようとしているが、この考えを支持する経済学者はほとんどいない。

マラソンのようなペース

政権自身の経済的な話の中心は、最近の米国史の基準からすると印象的で、米国のグローバルな仲間たちが成し遂げたよりもはるかに強力な、コロナウイルス感染症によるスランプからの立ち直りである。

バイデン氏の経済諮問委員会のメンバーであるヘザー・ボウシェイは、「私たちは、雇用と世帯収入において、信じられないほど強固で記録破りの急速な回復を見てきた」と述べている。

「パンデミック不況を乗り切るのは、短距離走のようなもので、本当に早くすべてを実行する必要があった」とボウシェイは言う。「今は、もっとマラソンのようなペースにする必要がある。いつまでも疾走しているわけにはいかない。それは、経済がうまく機能する方法ではない」。

我々は不況に陥っているのか?| アメリカ人の大多数は、アメリカはすでに不況に陥っている、あるいは今後12ヶ月のうちにそうなると考えている。

共和党の主張は、バイデン氏と彼のチームが物価高騰の責任を共有するというものだ。なぜなら彼らは2021年3月に、すでに回復していた経済にさらに1兆9千億ドルの刺激策を投入したからだ。

共和党の世論調査員で、議会で共和党指導部の経済メッセージを作成する戦略家でもあるデイビッド・ウィンストンは、「彼らはみんなのポケットにお金を入れたが、サプライチェーンの問題については何もしなかった」と言う。「需要を増やしても、同時に供給を増やす方法を考えなければ、インフレになる」

共和党は、インフレを解決するための具体的な提案をする必要があるが、バイデンはそれを思いつくことができない、とウィンストンは言う。と、「皆の課題は、いかにインフレがひどいかを人々に伝え続けるだけでなく、それに対して何をするつもりなのか、ということだ」

パンデミックによるサプライチェーンの逼迫と行き過ぎた財政出動に端を発し、ロシアのウクライナ侵攻に伴うエネルギーショックで新たな刺激を受けたインフレは、ほとんどのアメリカ人が生涯で経験したことのないレベルにまで達している。アリソン・ディナー/ブルームバーグ

ホワイトハウス当局者は、オミクロン、中国の新たなロックダウン、ウクライナ戦争など一連のショックが供給側の回復を妨げ、インフレが沈静化すると思われた矢先に新たな刺激を与えたこと、そして新たなショックが景気後退回避の可能性を危うくしかねないことを認めている。

ホワイトハウス高官は、政権のエコノミストたちは、新種のコロナウイルスから原油価格のさらなる高騰まで、極端なシナリオをモデル化しており、緊急時に素早く行動できるように準備していると語った。

早ければ早いほどいい

また、経済に関してもより明るい話を展開している。別の高官は、景気後退の可能性を25%から35%の間とする民間予測を引用して、家計の高い貯蓄、企業の高い利益、低い債務返済コストは、差し迫った景気後退の特徴ではない、と言った。

手術は成功し、患者は死亡 | FRBの積極的な引き締めサイクルはしばしば不況を招く

バイデンのチームによる有権者への経済演説は、何よりもアメリカの雇用の豊富さを強調している。失業率は3.6%と半世紀ぶりの低水準にあり、コロナ危機の際に2,000万人以上のアメリカ人が数週間のうちに職を失ってからわずか2年である。失業者1人に対して求人が2件と、過去最高水準に近く、特に低賃金のアメリカ人は賃金の値上げを迫られている。

「この国の大多数の人は、収入の大部分を仕事から得ている。経済的な安定を確保するためには、労働市場で自分に合った仕事を見つけることが重要なのだ」

6月14日、連邦準備制度理事会の外で行われた「完全雇用のための張り込み」デモの様子。Tom Brenner/Bloomberg

確かに、選挙は経済以上に重要なものだ。1992年にビル・クリントンが選挙キャンペーンで掲げた有名なスローガン「It's the economy, stupid(大切なのは経済だ、愚か者)」は、現在では誇張されていると多くのアナリストが考えている。

中絶の権利、銃規制、ドナルド・トランプの性格など、アメリカ人の関心を引き、分裂させる話題は他にもたくさんあり、それが投票方法を形成することになる。

さらに、仮に経済が後退したとしても、2024年の大統領選投票までに経済が立ち直り、バイデンの評価もそれにつれて上昇する時間はある。

テキサス大学の政治経済学者クリストファー・ウレジエンは、景気後退が避けられないのであれば、それが早期に起こることがバイデンにとって最善であると言う。「早く来れば来るほどいいの。2023年の景気悪化は、おそらく2024年の大統領に重くのしかかるでしょう。2024年に到来する不況は、さらに悪いものになるでしょう」

生活費の高騰は、すでに今年の選挙の争点になる可能性がある。デビッド・ポール・モリス/ブルームバーグ

今年の経済指標「Misery Index」が高水準であったとしても、必ずしも選挙に不利になるとは限らない。ブルームバーグ・エコノミクスの予測によると、この指標は11月までに、ちょうど10年前にバラク・オバマが大統領に余裕で再選されたときとほぼ同じ水準になるという。

しかし、ひとつだけ重要な違いがある。当時は失業が不幸の主な原因だったが、今はインフレが原因だ。ノーベル経済学賞を受賞したロバート・シラーによれば、現職の政府にとって、これはより悪い組み合わせである。

人々は自分が失業することはないだろうと考えている」とシラーは言う。「インフレはすべての人に影響を与える。買い物に行くたびにインフレを目の当たりにして、腹が立つ」。そして彼らの反応はこうだと言う。「誰かのせいにしよう」

-- Jenny Leonard, Justin Sink, Rich Miller, Chloe Whiteaker, Andrew Husby, Martin Keohan, Jeremy Cf Linの協力を得ている。

Nancy Cook, Reade Pickert, Gregory Korte. US Faces a Fed-Triggered Recession That May Cost Biden a Second Term.

© 2022 Bloomberg L.P.