ウォール街の大物たちは破綻前までFTXを支援していた
2021年5月11日(火)、中国・香港にて、FTXの共同創業者兼最高経営責任者のサム・バンクマンフリード。

ウォール街の大物たちは破綻前までFTXを支援していた

最も洗練された金融界のコミュニティでさえ、バンクマンフリードの事業が、暗号業界だけでなく従来の市場にも有益な混乱をもたらす可能性のある、重要なイノベーションの源として注目されていたことが浮き彫りになっている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- サム・バンクマンフリードの暗号通貨帝国が急速に崩壊して以来、金融界では「誰もこんなことになるとは思わなかった」という言葉がよく聞かれるようになった。ウォール街の規制が厳しいデリバティブ取引に革命をもたらすとされるFTXの申請に対し、米規制当局に送られた書簡ほど、この感情が表れているところはない。

フィデリティ、フォートレス、サスケハナ、ヴァーチュ・ファイナンシャル、ジョージタウン大学、シカゴ大学、ウィリアム&メアリー大学、スタンフォード大学の教員から、Jones Day法律事務所、Heritage Foundationシンクタンクまで、FTXの計画を支持する数百通の手紙が今年初めに米商品先物取引委員会(CFTC)に到着していた。

これらのコメントを総合すると、最も洗練された金融界のコミュニティでさえ、バンクマンフリードの事業が、暗号業界だけでなく従来の市場にも有益な混乱をもたらす可能性のある、重要なイノベーションの源として注目されていたことが浮き彫りになっている。しかし、FTXの破綻で明らかになったのは、対立の可能性をはらんだビジネスのもつれだった。FTXの破綻は、対立する可能性のあるビジネスが混在していることを明らかにした。不十分な監督によって顧客の資金が危険にさらされ、バランスシートの穴が開き、同社は破産に追い込まれた。

FTX US Derivatives(旧名LedgerX)は、倒産に関与した130以上のFTX関連企業の中には含まれていなかったが、同社は混乱の中でCFTCへの申請を取り下げた。しかし、清算前には多くの支持を集めていた。

「FTXの提案はリスク管理の面で革新的だ」 とヴァーチュの顧問弁護士ジャスティン・ウォルディは申請書に書き、「強固な開示、コンプライアンス、監視の枠組みの もとで市場へのアクセスを拡大する」という計画を支持している。ヴァーチュの広報担当者は、この記事へのコメントを拒否した。

マーケットメーカーのバーチュや他の多くの支持者を感心させた「革新」は、FTXが商品先物取引委員会に申請した、ブローカーなどの従来の金融仲介業者ではなく、アルゴリズムを介して生成された証拠金を用いて投資家と直接取引するデリバティブ取引所の認可を求める内容に含まれていた。この計画では、FTXが証拠金を1日1回、通常の取引日にのみ計算する従来のやり方ではなく、10秒ごとに四六時中計算することになっている。担保不足のポジションは自動的に清算される。

米国の既存のデリバティブ取引所では、証拠金水準は1日1回、通常の取引日(週末や休日を除く)にのみ設定される。FTXでは、証拠金は10秒ごとに、24時間365日設定される。Twitter Web Appで送信された。

フィデリティ・デジタル・アセッツのトム・ジェソップ社長は、FTXの計画を支持するためにCFTCに手紙を出した。「FTXの証拠金モデル案のようなイノベーションは、原則的にシステミックリスクの低減、投資家保護の強化、金融商品への幅広いアクセスの促進に役立つと考える」としながら、同案が市場構造を大幅に変化させることを付け加えた。また、それについて答えるべきいくつかの疑問があると指摘した。フィデリティの広報担当者はコメントを控えた。

他の何人かは、暗号通貨デリバティブの投資家と直接対話するFTXの計画を賞賛し、リテールトレーダーがこれまでプロにしかできなかった新しい機会にアクセスできるようにすると述べた。申請書によると、同社は顧客の暗号通貨デリバティブ取引のあらゆる側面を自社で実行する計画で、他の取引所や銀行、専門的には先物取引業者として知られる証券会社を排除している。

顧客の資産は、伝統的な金融のような証券会社ではなく、FTXによって管理されていたという事実が、FTXが崩壊したときに、そのユーザーの多くの暗号通貨が凍結された理由である。それらの資金の運命は、破産裁判所で決定されることになる。

この新しいタイプのデリバティブ取引所から流動性が追加されるという約束も、FTXへの支持の多くを占めたが、その破綻は最終的に、殺到する引き出し要求に応えるための流動性の欠如に起因していた。

「FTXは投資家が携帯端末のアプリケーションから市場にアクセスできるダイレクト・トゥ・インベスター・モデルを採用しています」と、ヘリテージ財団のリサーチ・フェロー、ピーター・セント・オンジはFTXの申請を支持する書簡で書いている。「モバイルでアクセスできることだけでも、リテール投資家にとって魅力的なユーザーエクスペリエンスです。FTX USが提供する商品全体の他の特徴と組み合わせれば、FTX USは顧客に優れた体験を提供でき、その結果、これらのデリバティブ商品のプラットフォームに流動性を有意に引き寄せることができるだろう」。

セント・オンジはインタビューで、FTXが自分の支持を得るために「何度も」連絡を取り、最初は不審に思ったものの、バンクマンフリードを支持しているからではなく、「FTXがやろうとしていることを支持するのは、こうした産業を新しい競争に対して開放するためだ」と書簡執筆に同意したと述べている。

「責任あるイノベーション」

FTXの投資家であるセコイア・キャピタルとソフトバンクグループが支持を表明したのは、さほど驚くことではない。

ソフトバンクグループのグローバル・ガバメント・アフェアーズ共同責任者のブライアン・コンクリンは、「この提案が承認されれば、デジタル資産市場が成長と発展を続ける中で、小売参加者に力を与え、責任あるイノベーションを活用できると考えています」と記した。コンクリンはこの記事のためにコメントを求める電子メールに返信しなかった。

いくつかの書簡は、デリバティブ市場が少数のプレーヤーに集中している事実を指摘し、バンクマンフリードのような中間マージンのないオペレーションを信頼する方が安全であると主張した。サスケハナ・インターナショナル・グループのチーフ・レギュラトリー・カウンセル、リチャード・J・マクドナルドは、「従来の仲介モデルでは、限られた数の清算機関に依存することで、リスクの体系的な集中が生じる」と書いている。「CFTCは、FTXのようなプラットフォームが、仲介を必要としない証拠金取引への直接アクセスを可能にすることで、市場リスクを最小化する機会を得ている」

投資運用会社フォートレス・インベストメント・グループのピーター・L・ブリガーCEOはCFTCに宛てて、「FTXの計画は、複雑で伝統的な市場インフラに接続できる、十分な資金を持つ少数の有力投資家にしか利用できなかった商品へのアクセスを個人投資家に認め、米国の投資家を保護し力を与えるだろう」と書いている。「FTXは以前、競合他社が必要とする複雑な清算機構をサポートするインフラや関係を持たない顧客に、直接サービスを提供することに成功していることに留意してほしい」。フォートレスの広報担当者はコメントを避けた。

長い支持のレターのひとつは、ウィリアム・アンド・メアリー法科大学院のケビン・S・ヘーベル教授からのものである。この14ページのコメントには、FTX US Derivativesの関連会社であるWest Realm Shires Inc.から報酬を得たという断り書きがあり、「私の結論と理由は私自身のものであり、私の学術論文と、金融商品取引市場の最適市場構造に関する私の大きな考えと一致しています」と付け加えている。

ヘーベルは今週のインタビューで、バンクマン=フリードの父親でスタンフォード大学の法学教授ジョセフ・バンクマンに、彼の市場構造に関する学術論文を知っていたことから、この手紙を書くように依頼されたと語った。彼は、報酬の額は明らかにしなかったが、彼が書いたものを形作ったり束縛したりするようなことはなかったと述べた。

「私はこの提案を読んで、これはデジタルアセット市場の構造から、より伝統的な金融商品の取引のための流通市場に多くの利益をもたらすことができると思った」。彼は、FTXが提案した革新的な技術は市場に役立つという意見を支持しているが、FTXの破産は、それらの改善が実行されそうにないことを意味している。しかし、FTXの倒産は、そうした改善が実現する可能性が低いことを意味している。

FTXの申請を支持するための書簡を書いた弁護士、金融専門家、大学教授とは別に、CFTCに手紙を出した個人は何百人もいて、その多くは同じ文言のフォームレターを使ったようだ。

「独立した投資家として、仲介業者を通さない証拠金取引への直接アクセスを支持するよう、CFTCに要請する」と、CFTCに送られた6段落の手紙の冒頭に何度も何度も書かれている。「独立した投資家は、インターネットや電話アプリへのアクセス以外に、市場への参入にいかなる障壁にも直面すべきではないと信じています」

特に、FTXのデリバティブ革命の試みから最も大きな利害関係を持つ企業の間では、すべてのコメントレターが支持されたわけではない。CMEグループとインターコンチネンタルエクスチェンジ(ICE)は批判の声を上げていた。

「FTXの提案の『革新』と称するものは、そのオフショア市場で活用されている単純なコスト削減策と理解するのが最も妥当である」とCMEの顧問弁護士キャサリン・クローニンは書いている。「このようなコスト削減策は、リスク管理のベストプラクティス、市場のインテグリティ、ひいては金融の安定性を犠牲にすることになるだろう」。

この提案に対するもう一つの目立った批判者は、FTXのライバルであるBinanceである。Binance.USの顧問弁護士であるノーマン・リードは、この計画によって個人投資家が損害を受ける可能性があると書き込んでいる。「FTXは、その提案が個人顧客にとって公平であることを十分に示していない」

Michael P. Regan. Before the Blowup, Wall Street Heavyweights Went to Bat for FTX.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ