インドネシアのウィドド大統領、G20でパワーブローカーに
2022年8月18日(木)、インドネシアのチカランにある現代自動車・マニュファクチャリング・インドネシアで、ブルームバーグニュースのジョン・ミクルスウェイト編集長とのインタビューで話すインドネシアのジョコ・ウィドド大統領(右)

インドネシアのウィドド大統領、G20でパワーブローカーに

世界第4位の人口を誇り、東南アジア最大の経済大国でありながら、インドネシアは長い間、国際情勢において自国よりも低い地位に甘んじてきた。しかし、今年の20カ国・地域(G20)首脳会議でその状況は一変した。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ)-- 世界第4位の人口を誇り、東南アジア最大の経済大国でありながら、インドネシアは長い間、国際情勢において自国よりも低い地位に甘んじてきた。しかし、今年の20カ国・地域(G20)首脳会議でその状況は一変した。

インドネシアのジョコ・ウィドド大統領(通称ジョコウィ)は、慎重な外交とユーモアを交えながら、紛争と危機に苛まれる世界に協調の精神をもたらした。リゾート地のバリ島で、ウクライナ、米中関係、気候変動、インフレをめぐる高い緊張の中で始まった会議は、数日前にはあり得ないと思われていた共同声明で幕を閉じた。

習近平氏とジョー・バイデン氏は、様々な主要分野で協力関係を回復し、対立に傾いていた世界最大の経済国の関係を安定させた直接会談で、低い予想を上回った。その結果、「ほとんどのメンバーがウクライナでの戦争を強く非難する」という声明で、より大きな合意が得られることになった。

物腰が柔らかく、笑顔を絶やさないインドネシアのジョコウィ氏は、この世界で最も期待される外交的対決の間、落ち着いた存在として活躍した。ゴルフカートで各国首脳を走らせ、熱帯の暑さの中でマングローブの植林をさせるなど、ジョコウィはサミットの成功のための基調を整えた。そして、インドネシアは石炭から脱却するための200億ドルの融資を獲得したのである。

インドネシアのレトノ・マルスディ外相は、水曜日に記者団に対し、「このサミットの前までは、ほとんどの人が悲観的だった。これまでの国際会議では、誰もが失敗していた。だから、すべての当事者による合意であるこの宣言に到達したことは、私の意見では異常である」と語った。

この結果は、数ヶ月にわたる慎重な外交の集大成であった。非同盟を貫くインドネシアは、ウクライナに侵攻したロシアを孤立させるという圧力に抵抗した。その代わりにジョコウィはキエフとモスクワに飛び、プーチンとヴォロディミル・ゼレンスキー両氏に招待状を送り、戦争が始まって以来、アジアの指導者として初めてウクライナを訪問したのである。

プーチンは外相のセルゲイを派遣した。プーチンはラブロフ外相を派遣したが、ラブロフはゼレンスキーが事実上演説している間、会場にとどまったとされる。G20の首脳も、事前にラブロフ外相が演説する可能性が示唆されていたにもかかわらず、席についたままだった。

これは、今年の他の会議での不和とは対照的であった。5月にタイで開催されたアジア太平洋経済協力会議では、米国とロシアの通商代表が一触即発の事態を引き起こした。

G20が始まる数日前、カンボジアで開かれた東南アジア諸国連合主催の首脳会議で、米国とロシアは文言をめぐって意見が対立し、従来の共同声明を出さずに会議が終了してしまった。

ワシントンの戦略国際問題研究所(CSIS)で東南アジアプログラムを担当するグレッグ・ポリング氏は、「インドネシアが大きな混乱もなく、無事に通過したことは評価に値する」と述べた。「政治的な花火の後、食糧安全保障、気候変動、エネルギー安全保障といった、インドネシアが望んでいた真の問題を議論することができたのだ。それは勝利だ」。

ジョコウィ政権下のインドネシアは、国際的な存在感を徐々に高めている。昨年は、米国がアフガニスタンから撤退するための交渉で重要な役割を果たした。また、昨年のクーデターで政権を掌握したミャンマー政府に対し、市民への暴力行為が続いているとして、ASEAN諸国での責任を追及する取り組みも主導している。

水曜日に行われたG20首脳会議での演説で、彼は率直にこう言った。

「戦争をやめてほしい。繰り返すが、戦争をやめてほしい」と述べた。「この状況が改善されない限り、世界経済の回復はありえない」と述べた。

東南アジアは、地域の中心性を強化し、この地域の約7億人の人々により大きな経済的利益を確保するために、競合する大国の側につくことをほとんど控えてきた。そのため、国連安保理で膠着状態が続く中、インドネシアが独立した仲介役を引き受ける余地がある。

元ASEAN事務局長のオン・ケンヨン氏は、「インドネシアは伝統的に、ここぞという時の戦略的チャレンジに長けている」と言う。「インドネシアの高官はベテランの外交官であり、自国と大統領を当然視するのは常に危うい」

最後の任期を終えようとしているジョコウィにとって、ボルネオ島(カリマンタン島)に340億ドルの新首都を建設するための新規投資を推進することが最大の関心事だ。水曜日には、2036年のオリンピックを同地で開催する意向も表明している。

インドネシアは、2036年に開催されるオリンピックの世界的な開催地となることを発表した。

「インドネシアの視点から見ると、これは非常に成功したG20だった」と、シンガポールに拠点を置くControl Risksのインドネシア担当主席アナリスト、アクマド・スカルソノ氏は言う。「インドネシアが望んでいるのは、他の加盟国にインドネシアをアピールすることだ。今、私は『ジョコウィは世界のリーダー』という見出しを目にする」

-- Grace Sihombing、Yudith Hoの協力を得ています。

Philip J. Heijmans and Norman Harsono. Soft-Spoken Jokowi Emerges as Surprise Power Broker at G-20.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ