GDPの「好敵手」の方が実体経済をうまく表現するか?
Photo by MagicPattern

GDPの「好敵手」の方が実体経済をうまく表現するか?

エコノミスト(英国)
“The

国内総生産(GDP)至上主義を嘆く声は、一部で流行している。成長を追い求めるあまり、定量化できないがより価値のある目標、たとえば満足できる人口やきれいな環境といったものに目をつぶってしまうという批判である。多くの経済学者にとって、GDPに関する懸念は全く異なるものである。すなわち、経済の状態をできるだけタイムリーに正確に把握し、政府が政策を決定する際の基準として、また企業が意思決定を行う際の基準として利用することに関する懸念である。実際、GDPは時折これらを達成するのに苦労しており、より良い代替手段が存在するかもしれない、というのが彼らの批判である。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン