日本はただ単に観光客を集めるだけでなくジャック・マーのような億万長者に狙いを定めろ―Gearoid Reidy
2019年5月15日(水)、フランス・パリのエリゼ宮で開催されたTech For Goodサミットに到着したアリババ グループ ホールディング リミテッドの会長(当時)、ジャック・マー。Marlene Awaad/Bloomberg

日本はただ単に観光客を集めるだけでなくジャック・マーのような億万長者に狙いを定めろ―Gearoid Reidy

ジャスティン・ビーバーからジャック・マーまで、最近の日本では外国人観光客の姿があちこちで見られるようになった。日本には超富裕層を惹きつける魅力がたくさんある。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- ジャスティン・ビーバーからジャック・マーまで、最近の日本では外国人観光客の姿があちこちで見られるようになった。

先月に国境を開放した後、50万人近くが日本に押し寄せた。岸田文雄首相は、外国人観光客による年間消費額を、パンデミック発生前の2019年に記録した4兆8,000億円を上回る5兆円に引き上げたいと考えている。中国のゼロ・コロナ政策はそれを難しくしている。中国人は観光客の約3分の1を占めただけでなく、国籍別で最も消費額が高かった。

ホテルやレストランでは、すでに十分なスタッフを確保するのに苦労しており、日本では、パンデミック前に観光客の数を増やすことに固執したことが失敗だったのではないか、少ない観光客にもっと消費してもらうためにはどうしたらいいのか、という声が上がっている。

パンデミック以前は、日本は主要な観光地となり、目標を次々と打ち破ってきた。しかし、このブームによる経済への貢献は、すでに頭打ちになりつつあった。これは、少なくとも日本が自ら招いた問題である。東京と大阪は、外国人向けの生活費調査でしばしば上位を占めるなど、物価が高いという評判とは裏腹に、日本は単純に安すぎるのだ。これは、30年にわたるインフレ率の低さ、レストランやメーカーによるコスト削減競争、そして円安の影響によるものである。多くの旅行者が気づいているように、食事からホテルまで、驚くほど安いものがある(東京の中心部で高品質のランチをわずか5ドルで食べるのは些細なことである)。

最近、京都の伏見稲荷大社を訪れたとき、その問題は明らかだった。赤い鳥居が延々と続く象徴的なトンネルに観光客が押し寄せる一方で、お金を使う人はほとんどいないようだった。神社は、観光地というよりも、むしろ周辺地域の公共財と考えられており、ほとんどの場合、入場料を取らないのが普通である。その代わり、参拝前に賽銭箱に小銭を入れたり、開運のお守りなどを買ったり、御朱印帳に印鑑を押したりすることが一般的である。

中国人不足|日本は中国人観光客の不足を補うのに苦労しそうだ、彼らはパンデミック以前は観光消費の大部分を占めていた

しかし、裕福そうなアジア人、ヨーロッパ人、北アメリカ人で構成される群衆のほとんどは、お金を要求する部分を単にスキップして通り過ぎた。彼らは興味、伝統の知識、あるいはその両方に欠けており、したがって、すべての体験をタダで得た。これは、観光客問題全体の比喩として適切であると思われる。観光客はお金を払えと言われれば喜んで払うだろうが、日本は観光客からより多くの価値を引き出す方法を見つけられていないのだ。

日本が、いくつかの国のように、外国人には課金し、地元の人には課金しないとか、二段階制を導入することは考えにくい。空港で徴収されるわずか1,000円の観光客の税金を上げることは、遅きに失したかもしれないが、それほど大きな効果はないだろう。

今注目されているのは、海外旅行で平均より何桁も多く消費する超富裕層の取り込みを強化することだ。観光庁によると、高付加価値旅行者は旅行者の1%に過ぎないが、すでに消費額の12%近くを占めているという。

大金を使う人たち|裕福な旅行者は日本での消費の大部分を占めるが、その足跡も少ない

ある議員団は、日本がこれまでこうした大消費者を引きつけることができなかったことを批判し、その機会損失は「計り知れない」と述べている。ファーストクラスだけでなく、プライベートジェットやスーパーヨットで来られる方の受け入れ態勢を強化しようというのだ。

このような富裕層向けの観光地、観光スポットが不足している。日本政策投資銀行によると、京都を含む関西圏では、今後1,300室の高級ホテルの増設が必要だという。

この問題の多くは、日本の観光インフラがいかに早く構築されたかにある。2010年代、ビザ免除の拡大によりブームとなった日本では、国内旅行者向けに作られた既存のインフラが主に採用された。彼らは平均2泊の超短期休暇をとり、豪華さよりも手頃な価格と利便性を優先する。

京都は、パンデミック時にヒルトン所有の一流ホテル「六」などをオープンさせ、他のホテルより設備は整っているが、まだ1つ問題が残っている。

「海外から人が来ないと、平日は泊まる人がいないんです」と語るのは、最近オープンしたばかりの高級ブティックホテル「丸福楼」の支配人、藤原伸五さんだ。任天堂本社のアールデコ調のデザインと、セントルイスのピューリッツァー美術館や大阪の光の教会のようなミニマルなコンクリート建築で有名な建築家、安藤忠雄の設計による新館が融合している。

外国人の富裕層を取り込むには、リピーターを増やすために、他ではできないような体験を提供する必要があるという。

京都ではパンデミック以前からオーバーツーリズムが問題視され、マンションではなく安ホテルが開発され、地元の人たちが中心街からどんどん追い出されていった。

ホスピタリティー部門は壊滅的な打撃を受けたが、パンデミックはリセットし、もう一度考える機会を与えてくれた。ジャック・マーの滞在が示すように、日本には超富裕層を惹きつける魅力がたくさんあるのだ。

Japan Needs Billionaires Like Jack Ma, Not Just More Tourists: Gearoid Reidy.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ