孫正義氏のソフトバンクG非上場化はデルよりマスクに似ている―Gearoid Reidy
2022年2月8日(火)、那覇で行われた仮想決算発表会で演説するソフトバンクグループ株式会社の孫正義会長兼最高経営責任者(CEO)。

孫正義氏のソフトバンクG非上場化はデルよりマスクに似ている―Gearoid Reidy

SBGの取引は、イーロン・マスクが最近行ったTwitterの買収のような形になるかもしれない。この買収額の大部分は借金でまかなわれ、Twitterは335億ドルの負債を抱えることになった。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 孫正義氏はドラマチックな取引が大好きだ。彼の次の取引は、これまでで最も魅力的なものになるかもしれない。

ブルームバーグ・ニュースの分析によると、日本の億万長者のソフトバンクグループ(SBG)に対する出資比率は3分の1以上にまで上昇している。これは、SBGの創業者が株式を追加購入したことよりも、自社株買いや消却によって浮動株比率が低下したことに起因しているが、その効果は同じである。このため、孫氏は780億ドルの企業を非公開化し、史上最大のマネジメント・バイアウト(MBO)を計画しているという噂が再燃している。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン