WBC優勝は日本のソフトパワーの勝利である: Gearoid Reidy

日本の過去30年間は、しばしば停滞、衰退、国際的な影響力の低下と描かれることがある。しかし、大谷翔平選手がワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で米国が発明した野球を制覇したように、スポーツは大きな例外である。

WBC優勝は日本のソフトパワーの勝利である: Gearoid Reidy
1月6日、都内で記者会見する大谷翔平選手。Yuichi Yamazaki/AFP/Getty Images.

(ブルームバーグ・オピニオン) --日本の過去30年間は、しばしば停滞、衰退、国際的な影響力の低下と描かれることがある。しかし、大谷翔平選手がワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で米国が発明した野球を制覇したように、スポーツは大きな例外である。

また、5月に開催される主要国首脳会議(G7サミット)を控えた岸田文雄首相の士気を高める役割も果たしている。

東京の桜が満開になった水曜日の朝、侍ジャパンはマイアミで行われた試合で、ある作家の言葉を借りれば「100年後に語り継がれる」もので、アメリカチームを破った。侍ジャパンはこの大会で3度目の優勝を果たしたが、日本同様、プロ野球のトップ選手を送り込み、真剣に大会に取り組んでいる米国チームと対戦したのは、おそらく初めてのことだろう。

ブルージーンズやウイスキーと同様、野球もまた、島国が創造者を凌駕する輸入発明のひとつになるかもしれない。ほんの四半世紀前、野茂英雄がアメリカに移った最初の選手となり、日本人はメジャーリーグで戦える選手がいるだけで嬉しがった。しかし、大谷選手は、少なくとも1人のアナリストが「史上最高の選手」と称した二刀流選手である。

そして、それはアメリカの偉大な娯楽だけではない。日本経済が低迷する一方で、日本の地位は複数のスポーツで向上している。ゴルフからフィギュアスケートまで世界最高峰の技術を誇り、東京オリンピックでは23年前のシドニー大会の5倍以上の金メダルを獲得している。女子サッカーでは「なでしこジャパン」が2011年のワールドカップで優勝した。ラグビーでは、ワールドカップで南アフリカとアイルランドを破り、2019年大会も開催されるなど、近年はトップ10入りを果たしている。

日本のプロサッカーリーグであるJリーグは、30年前の今年、バブル崩壊の現実を目の当たりにして誕生した。日本には、欧州で最もエキサイティングな選手が何人もいて、日本代表チームは、ワールドカップに7回連続で出場し、今ではノックアウトステージに進むのが日常茶飯事になっている。中国は、10年経っても、習近平国家主席が掲げたワールドカップの出場権獲得という最初の目標すら実現していない。残り2つの目標、すなわち開催と優勝についても未実現である。モンゴルを中心とする外国人が日本の国技である相撲を支配している中で、こうした成功がもたらされたことは皮肉なことだ。

スポーツが強力な外交手段となる世界では、ソフトパワーの勝利がますます重要になる。カタールやサウジアラビアが世界有数のチームを所有することで、影響力を買おうとしたり、人権問題を「スポーツウォッシュ」したりするのは、そのためだ。

日本はスポーツウォッシャーではないが、ソフトパワーの成功は必要だ。四半世紀前、日本の経済規模は中国を凌駕していた。しかし、スポーツの成功やメディア、国際的な援助を通じて、経済的に優位に立つことができる。カリスマ性があり、表情豊かな大谷選手は、国にとってもスポーツにとっても素晴らしい大使である。

このようなパワーが、岸田氏の首相就任以来、最も成功した1週間に欠かせなかった。韓国との友好関係を回復させ、インドとの関係を深めた。来月、首相の地元である広島でG7首脳会議が開かれるが、大谷選手のカリスマ性が岸田氏にも少しでも伝わればと思う。

また、中国の習近平氏がロシアのプーチンと肩を並べたように、G7サミットに招待したウクライナのゼレンスキー大統領と握手しているところを写真に撮られたことも、岸田氏にとってプラスになるだろう。駐日米国大使は、岸田氏が「あらゆる人々のための明るい未来」を求めているのに対し、習氏は「自由の灯を消そうとしている」と述べ、この対比を明確に説明した。

これは、東京の国際的な役割がいかに拡大しているかを示すもう一つの例である。スポーツの成功は、「変わらない」と不当に分類されるこの国の新しい現実を宣伝している。テニスの大坂なおみ選手は父親がハイチ人、ロサンゼルス・レイカーズの八村塁選手は父親がベナン人、WCBのラース・ヌートバール選手は母親が日本人だが、カリフォルニアで育ったため言葉が話せないなど、新世代のスター選手にはますます多様な人種が見られるようになった。最近では、50人に1人の割合で、片方の親が日本人でないカップルが誕生している。

この成功はタダではない。この15年間で、日本のスポーツ予算は2倍になった。その明確な目的は、国民がより長く健康でいられるようにすることであり、医療費が急増する高齢化社会では必須と考えられている。しかし、そのような困難にもかかわらず、大谷選手や他の国民的英雄たちは、末期的な衰退の物語とは相反する自己信頼を示している。決勝戦前のスピーチで、ロサンゼルス・エンゼルスのスター選手は、より有名なライバルへの賞賛を捨て、代わりに彼らの上に立つようチームメイトに呼びかけたという。フィールドの外でも外でも、この国に必要なのは、まさにこのような姿勢なのである。

Baseball Win Is a Triumph for Japan’s Soft Power: Gearoid Reidy

© 2023 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)