プーチンにエネルギー依存したドイツは自責の念に駆られている
2021年11月12日(金)、ドイツ・ルブミンのノルドストリーム2ガス受入基地付近。

プーチンにエネルギー依存したドイツは自責の念に駆られている

ヨーロッパ最大の経済大国は、天然ガスと石炭の供給の大部分が遮断され、産業基盤が破壊され、経済的混乱が起こるという見通しに直面している。

ブルームバーグ

米国は長年にわたり、ドイツが化石燃料の輸入源の半分以上を占めるロシアに危険なエネルギー依存を構築していることを警告してきた。ウクライナ戦争がベルリンに衝撃を与え、同じ結論に達した今、政府は軌道修正が手遅れになるかもしれないことに気付きつつある。

ヨーロッパ最大の経済大国は、天然ガスと石炭の供給の大部分が遮断され、産業基盤が破壊され、経済的混乱が起こるという見通しに直面している。独電力大手ユニパーや独化学大手BASFなどの企業は特にその影響を受けており、ガスの埋蔵量が少ないため、その痛手は製造業やすでに高騰する請求書に苦しんでいる家庭にもすぐに及んでくることだろう。

ドイツ銀行のチーフエコノミスト、デービッド・フォルカート・ランダウは、今週のブルームバーグTVのインタビューで、「もしヨーロッパがガスを買わなくなるか、ロシアがガスを遮断すれば、それは非常に大きなショックになるだろう」と語っている。「非常に深刻な不況に陥るはずだ」

オラフ・ショルツ首相率いる政府は、来年の冬までのガス需要はカバーされていると発表している。しかし、欧州のガス貯蔵施設は現在、需要の3分の1以下しかなく、この時期の平均を大きく下回っている。ドイツの産業ロビー団体DIHKの試算では、失われたロシアのガスを補うために、ドイツは世界全体で600隻の液化天然ガスタンカーからガスを供給する必要があるという。

0:00
/

今のところ、モスクワは供給を停止する兆候を見せず、ドイツはエネルギー全面禁輸を促すような制裁や政治的圧力に反対している。しかし、すでにベルリンは危機的状況に陥っている。

LNGを確保するために15億ユーロの臨時支払を許可するなど、危機感をあらわにしている。BloombergNEFの試算では、現在の価格では1週間分のガスに過ぎず、LNGは通常ロシアからのパイプ供給より少なくとも10%割高である。

「私は非常に後悔し、笑顔もなく『ドイツはロシアのエネルギー輸入に依存している』と言わざるを得ない」と、ドイツのロバート・ハベック副首相兼経済・気候政策担当相は今週述べた。

供給が停止した場合、ユニパーはその影響を最初に受ける企業の1つになる可能性が高い。デュッセルドルフに本社を置く同社は、長期ガス契約の半分以上をロシアと締結しており、供給が停止されれば暗い未来が待っている。その結果、電力に依存している消費者や工場に打撃を与えることになる。

同社は、この危機に不安定な立場で直面している。極端な価格変動により、同社は取引上の賭けを裏付けるために数十億ユーロの借入を余儀なくされている。一方、ドイツがロシアへのガスパイプライン、ノードストリーム2の承認手続きを停止したため、同社への投資は失われる可能性が高い。

ウラジーミル・プーチン大統領が侵攻を開始する前日、ユニパーのクラウス=ディーター・モーバッハ最高経営責任者は「ロシアとウクライナの国境付近の状況は、我々ユニパーに大きな不安を抱かせる」と述べた。

ドイツの石油・ガス生産会社であるWintershall DEAは、110億ドルのプロジェクトに投資した10億ユーロの評価減を行った。このプロジェクトはロシアとの関係で長い間アメリカを苛立たせてきたが、政府が承認手続きを停止するまで完成間近だった。

ウクライナを迂回してドイツとロシアのガス田を直接結ぶ最初のノルドストリーム・パイプラインは、2011年にアンゲラ・メルケル前首相が「目覚ましい成果」と称して開通させた。

ショルツはまた、同国初のLNG基地の建設を急ぐ計画を発表したが、それでもまだ数年はかかるだろう。短期的には、発電所用の石炭の備蓄を増やし、ガス会社に最低限の貯蔵量を維持するよう求めるなど、危機管理計画を発表している。

究極の解決策は再生可能エネルギーへの移行だが、これにも時間と費用がかかる。ドイツは10年前の福島第一原発の事故を受け、すでに原子力発電から撤退しており、今年中に最後の3基の原子炉を停止する予定である。

保険会社のオイラー・ヘルメスやアリアンツは、EUがロシアのエネルギーから独立するためには、年間1,700億ユーロの投資が必要だと試算している。緑の党の前共同党首であるハベックは今週、風力発電と太陽光発電の導入ペースをおよそ3倍にする法案を提出した。

「過去10年、15年の間に意識的に築き上げられたもの、つまりロシアのエネルギーへの依存度を高めることは、もちろん数日や3カ月で完全に変えることはできない」と、ハーベックは3日に危機について話し合うためにビジネスリーダーたちと会議を開いた後、語った。「我々は、ロシアからのエネルギー輸入に対してオープンであり続けるし、そうする必要がある」。

懸念の理由は明確だ。ロシアはドイツのガスの半分以上、石炭の半分、石油のおよそ3分の1を供給している。BloombergNEFの試算によると、ロシアのガスを代替するには、さらに月に82隻のLNGタンカーが必要で、これは世界有数の生産国であるカタールの2月の生産量よりも多い。

BloombergNEFのアナリスト、ステファン・ウルリッヒによると、ガスが政府にもたらす収入は石油の4分の1に過ぎないため、ロシアが供給を停止するというシナリオはあり得ない話ではないという。

ドイツの産業ロビー団体DIHKの外国貿易委員会責任者であるフォルカー・トライアーは、「このような場合、ドイツの工業生産は大きな影響を受けるだろう」と述べ、短期的にロシアのガスの損失を補うことは「不可能に近い」と付け加えた。

ガスが不足すれば、BASFはいくつかの工場を停止することになり、ヨーロッパ中の自動車、肥料、薬品に使われる材料の供給に打撃を与えることになる。ドイツで数百の企業にアドバイスをしているエネルギー・コンサルティング社のオーナー、ウォルフガング・ハーン氏によれば、エネルギー多消費型の企業の中には、ガス欠になった場合の代替燃料について問い合わせを始めているところもあるという。

「これは、第二次世界大戦以来、ヨーロッパの人々が直面した最大のエネルギー危機だ」とハーンは言う。「1970年代は単なる価格危機だった。それよりももっと深刻だ」。

-- Iain Rogersの協力を得た。

William Wilkes, Vanessa Dezem, Arne Delfs. Germany Faces Reckoning for Relying on Putin for Cheap Energy. © 2022 Bloomberg L.P.