世界的エネルギー危機: 長期的な天然ガス不足が危惧されている
2022年3月29日(火)、スペイン・バルセロナ港にあるエナガスSAの貯蔵・配送ハブで、ガス管と貯蔵タンク。イベリア半島は、ヨーロッパの他の地域とのガス接続はわずかだが、大陸の液化天然ガス再ガス化能力の約30%と、アフリカ北部につながる2本のパイプラインを有している。Photo: Angel Garcia/Bloomberg

世界的エネルギー危機: 長期的な天然ガス不足が危惧されている

天然ガス市場の微妙なバランスが崩れつつあり、各国が十分な燃料の確保に苦労する中、世界経済にさらなる負担を強いている。世界のLNG市場は10年半ばまでに年間1億トン近く不足する可能性があるという。

ブルームバーグ

天然ガス市場の微妙なバランスが崩れつつあり、各国が十分な燃料の確保に苦労する中、世界経済にさらなる負担を強いている。

戦争、エネルギー転換、悪天候、需要の急増により、かつてないほど供給が逼迫する激動期を迎えている。世界的に電力不足が叫ばれる中、各国や企業はパンデミックからの回復に向け、十分なガスの確保に取り組んでいる。

天然ガスは、工場に活気を与え、明かりを灯し、家を暖かく保つ、世界経済における重要な要素である。天然ガスの価格高騰と供給不足は、経済を混乱させ、インフレを促進し、サプライ・チェーンを停止させる恐れがあるため、現状が続けば、有限な燃料の供給競争は悪化する一方だろう。

ヒューストン大学法律センター客員助教授のスーザン・L・サクマーは、「今日の市場は、私がこれまで見た中で最も困難な市場の一つだ」と言う。「世界は、より大きなエネルギーのパイを共有する必要がある。世界的な不況か、成長を鈍化させるようなコロナロックダウンがない限り、世界の多くの地域がエネルギー不足に直面することになると思う」。

パンデミック後の需要回復が供給を上回ったため、世界はすでにこの冬にガス不足のリスクに直面していた。電力会社が石炭の消費を抑え、断続的な再生可能エネルギーを拡大する一方で、2011年の福島原発事故を受けて原子炉を停止したため、各国はガスへの依存度を高めたのである。一方、供給側の増産は遅々として進まなかった。

幸いなことに、この冬はヨーロッパとアジアの一部で気温が下がったため、暖房用燃料の需要が抑えられ、電力会社は既存の在庫でしのぐことができた。北京の吹雪やイギリスの猛暑は、記録的な価格変動や深刻な供給不足を引き起こす可能性があるため、トレーダーは「穏やかな天候を祈るのが季節の風物詩になるだろう」と冗談を言っている。

そして今、戦争はこのような脆弱な市場に予想外の壊滅的な打撃を与えている。

欧州がロシア産ガスの輸入をほとんど止めようとしていることは、予備の液化天然ガスの供給をアジアと真っ向から争うことを意味し、一方で急増する需要を満たすための新規生産への投資が十分でないことを意味している。欧州連合(EU)が今週、ロシアの石炭輸入を禁止することを提案したことで、電力会社は発電のためにさらにガスに頼る必要が生じる可能性があり、市場はさらに緊張を強いられることになる。

長期的には、特にロシアのガスが排除された場合、LNGの需給バランスはさらにおかしくなることが予想される。クレディ・スイスが先月発表したレポートによれば、世界のLNG市場は10年半ばまでに年間1億トン近く不足する可能性があるという。これは、世界一のLNG購入国である中国の年間需要量に匹敵する。

S&Pグローバルのシニアディレクター、ジェームス・タバナーは「ロシア・ウクライナ危機以前から、世界のLNG市場は記録的な高値で逼迫していた」と語る。「市場の逼迫感は今後数年間は続くだろう。価格は日によって乱高下し続けるだろう」と述べた。

すでに天然ガスのスポット価格は高騰しており、北アジアの世界的な買い手は海外からの追加購入による在庫の補充を行わないことを選択している。その代わりに、今年の夏が穏やかであるか、ロシアとウクライナの和平交渉によって価格が下がることを期待している、とトレーダーは語っている。

中国とインドのLNG輸入業者は、スポット購入を大幅に減らし、代わりに国内供給を最大化し、貯蔵中のガスを消費しているとトレーダーは述べている。この戦略は経費節減に役立つが、予期せぬ事態が発生する可能性をほとんど許容しない巨大なリスクを伴う--この賭けは、最近うまくいっていない。

ガス需要が突然急増したり、生産上の問題で契約していた荷物が届かなかったりした場合、アジアの大消費地のいくつかは今年の夏や来年の冬にガス不足に陥るかもしれない。その場合、スポット市場に戻って非常に高価な燃料を購入するか、自国の顧客へのガス配送を抑制することを余儀なくされるでしょう。

天候頼み|北アジアの穏やかな夏はLNG需要を削減するとBNEFは述べている
天候頼み|北アジアの穏やかな夏はLNG需要を削減するとBNEFは述べている

ヨーロッパでは、LNGをスポットで調達し、貯蔵義務を満たす必要があるため、アジアの穏やかな夏を当てにすることになる。欧州連合は、11月までに80%の貯蔵量を満たすという目標を掲げている(現在の貯蔵量は約26%)。BloombergNEFによれば、ロシアのパイプラインのガス流量が安定し、欧州の価格がアジアの価格に勝って利用可能なLNGを誘引すれば、この目標は達成可能だという。

現在、ロシアは市場への供給を続けており、欧州はそのガスに対する制裁を回避している。しかし、制裁措置やモスクワの一方的な行動によって、ロシアの輸出が突然減少すれば、大混乱に陥り、市場のバランスを保つためには、需要破壊しか選択肢がない。

ドイツ銀行CEOのクリスチャン・ソーイングによれば、ロシアのガスはドイツにとって非常に重要であり、直ちに輸入を停止すれば不況の引き金になるという。そうなれば、世界的なガス不足が深刻化し、価格は高騰し、多くの国が自国の経済を支えるだけの燃料を失うことになる。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

エネルギー史家のダニエル・ヤーギンによれば、世界的なエネルギー危機は、1970年代のオイルショックよりも高いリスクをもたらすという。

「石油だけでなく、天然ガスや石炭、そして原子力大国である2つの国が絡んでいる」とヤーギンはブルームバーグTVのインタビューで語っている。もし、ガスの供給に支障が出れば、「産業が停止し、価格が上昇することになる。つまり、マクロ経済の予測を下げざるを得なくなる」。

南アジアや南米の資金難の新興国にとっては、政府が家庭への電力や暖房用燃料の供給を抑制せざるを得なくなる可能性があり、状況は切迫している。アルゼンチンは先月の入札で、5月から6月にかけてのLNG8隻分の代金として約7億5,000万ドルを支払った。これは、2020年の同種の輸送に支払った価格の約20倍であり、電気代が急騰する恐れがある。

パキスタンもまた、政府が海外に出荷された燃料を購入する余裕がなくなり、代替品を探すのに苦労しているため、苦しい立場にある。現地報道によると、パキスタンの発電所は燃料が不足し、政府にもっと供給してくれるよう懇願しているという。価格が高止まりしているため、燃料不足はバングラデシュ、インド、タイに広がる恐れがある。

クレディ・スイスのエネルギー・アナリスト、ソウル・カボニックは「欧州がLNG貨物を本来の目的地から吸い上げるため、アジアの一部でエネルギー貧困が発生する可能性がある」と述べた。

--Anna Shiryaevskaya、Isis Almeida、Faseeh Mangiの協力を得ています。

Stephen Stapczynski. Global Energy Upheaval Threatens Years of Natural Gas Shortages. © 2022 Bloomberg L.P.