グローバル投資家がリスク拡大を恐れて中国から逃げ出す
2022年3月4日(金)、中国・北京で撮影された中国国旗。中国は、土曜日に行われる重要な政治会議のために首脳が集まる際、30年以上ぶりの低い経済成長目標を発表する可能性が高く、需要や雇用を促進するために財政刺激策を強化するよう政府に圧力をかけている。Photographer: Qilai Shen/Bloomberg

グローバル投資家がリスク拡大を恐れて中国から逃げ出す

グローバルファンドは撤退を開始し、3月には香港との取引所を通じて70億ドル以上の中国本土の上場株を売却している。また、過去2カ月間に140億ドルの中国国債を処分し、保有する債権を切り下げた。

ブルームバーグ

増大するリスクの数々により、中国は世界の投資家にとって潜在的な泥沼となりつつある。

中心的な疑問は、指導者の目標を達成するためならどんなことでも厭わない国で何が起こり得るか、ということだ。習近平国家主席はロシアのプーチン大統領と親交があるため、投資家は中国に対する不信感を強めている。また、共産党は「ゼロコロナ」戦略を執拗に推進し、産業全体を規制する予測不可能なキャンペーンを行うなど「横暴な強者説」が勢いを増してきている。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン