中国の締め付けによる経済への波及効果
2022年4月12日(火)、中国・上海で封鎖された地域で行われたCovid-19の一斉検査で、医療従事者が住民をテストしている。中国は、国内最悪の流行の最中でもウイルスとの共存に反対する姿勢を崩していませんが、その指導者は現在、超感染性コロナウイルスを手なずけるための苦しい戦いにおいて、より容易な封じ込め戦略を追求しています。Photogorapher: Qilai Shen/Bloomberg

中国の締め付けによる経済への波及効果

中国が2020年初頭以来最悪のコロナ感染発生を抑えるために実施した閉鎖措置。工場の生産を停滞させ、自宅に引きこもった数百万人の消費を停止させるなど経済に打撃を与えている。製造業や貿易からインフレや食品価格に至るまで、あらゆるものを圧迫している。

ブルームバーグ

中国が2020年初頭以来最悪のコロナ感染発生を抑えるために実施した閉鎖措置は、深センや上海といった主要テクノロジー・金融拠点の生産を停滞させ、自宅に引きこもった数百万人の消費を停止させるなど、経済に打撃を与えている。

この規制は、地域社会におけるウイルスの痕跡を根絶することを目的としているが、製造業や貿易からインフレや食品価格に至るまで、あらゆるものを圧迫しているのである。

李克強首相は経済成長へのリスクを繰り返し警告し、月曜日には地方当局に対し、既存の政策を実施する際には「緊急性を持たせる」べきであると述べた。政府は今のところゼロコロナのアプローチを堅持しているが、エコノミストによれば、この戦略によって今年の成長率は5%に押し下げられ、公式目標の約5.5%を下回ることになるという。

ここでは、世界第2位の経済大国である中国の重要なセクターにロックダウンがどのような影響を及ぼしているかを詳しく見ていこう。

コモディティへの影響

ウクライナ戦争による価格高騰やウイルス規制の強化が需要を圧迫し、3月の中国のコモディティ輸入は低調に推移した。

天然ガスの購入量が最も影響を受け、800万トンを下回り、2020年10月以来の低水準となった。原油と石炭の購入量も昨年に比べ大幅に遅れている。

中国国内の金属加工業者は、原料や完成品の輸送にハードルを感じており、減産につながった。上海金属市場が先に調査した上海近郊の銅ロッド工場12社のうち6社が、生産を停止しているか、停止する予定であると回答している。また、同調査会社はアルミニウムの在庫が増加するとの見通しを示した。

一方、世界最大のLNG輸入国である中国では、価格高騰と国内需要の停滞により、中国のバイヤーが液化天然ガスの購入量を減らしている。海運データによると、第1四半期の輸入量は前年同期比14%減で、かつて高い人気を誇った国営の受け入れ基地の枠を利用するオファーを民間企業が敬遠している。

港の混雑

上海の封鎖は世界最大の港に混雑をもたらし、迂回した貨物を扱う船舶の列が同港や他の寄港地にできている。ブルームバーグの海運データによると、4月11日現在、上海沖で待機しているコンテナ船の数は、1カ月前に比べて15%増加している。

船主や貿易業者によると、上海の港湾労働者の不足が、船舶が貨物を降ろすのに必要な書類の配達を遅らせているという。一方、銅や鉄鉱石などの金属を運ぶ船舶は、トラックが港から加工工場に商品を送ることができないため、沖合で足止めを食らっているという。

水曜日のデータはまた、ロックダウンは輸入に顕著な影響を与え、3月に前年比0.1%減となり、2020年8月以来の縮小となったことを示した。

製造業の苦悩

中国の購買担当者調査によると、3月の製造業は縮小し、特に中小企業は操業上の問題で揺らいでいる。輸出志向の中小企業に対する調査に基づくCaixin(財新)指数は、2年前のパンデミック開始以来最悪の水準まで低下した。

一部の大手製造業は、従業員を工場に待機させ、定期的にテストを行う、いわゆるクローズドループシステムを採用することで、操業を継続することができた。しかし、そうしたプロトコルは完璧ではない。欧州連合(EU)の貿易団体のあるメンバーは先週、規制の中で操業許可を得ても、仕事は「非常に、非常に難しい」ことがあると述べている。

Caixin(財新)製造業購買担当者景気指数(PMI)は、中国の製造業が2020年以来最も急激に収縮したことを示した。
Caixin(財新)製造業購買担当者景気指数(PMI)は、中国の製造業が2020年以来最も急激に収縮したことを示した。

技術的な混乱

中国の制限的な政策が、すでに部品不足に悩まされている部門に重くのしかかり、一部のテクノロジー企業が生産を停止している。

SMICからTSMC、iPhoneメーカーの鴻海まで、ほとんどの大手テクノロジーメーカーは、上海で発生した感染拡大の初期に事業を凍結した。その後、多くのメーカーがクローズドループ・システムを構築し、操業を再開している。

ペガトロン、ウィストロン、コンパルエレクトロニクスなどのメーカーが数週間分の在庫を抱えるほど、物流の渋滞によって部品の出荷が制限され、在庫が枯渇していると、コンサルタント会社のトレンドフォースは予測している。現在進行中の世界的な供給不足は、現地での製造が中断されればさらに悪化し、コンピューターやゲーム機からスマートフォン、サーバー、電気自動車に至るまで、在庫が制約される可能性がある。

自動車産業の苦悩

乗用車の販売台数は先月10.9%減となり、巨大な自動車市場に圧力がかかっていることを示唆している。

一部の自動車メーカーは、操業停止により生産に支障をきたしている。テスラ社の上海工場は3月28日以来、同市の規制により操業を停止している。ウェドブッシュ証券のアナリスト、ダン・アイブスの今月初めの推定によると、この工場では通常、毎日2,000台以上の自動車が生産されている。

フォルクスワーゲンも今月、上海での生産停止を余儀なくされ、中国のEV新興企業NIOは、多くのサプライヤーが休業したため、生産を停止し納品を遅らせたと土曜日に発表した。

自動車部品メーカーのボッシュは月曜日、中国にある2つの工場を閉鎖し、他の2つの工場で閉ループシステムを運用し、「物流とサプライチェーンのソーシングに一時的な影響が見られる」と付け加えたと発表した。

2020年2月17日(月)に中国・上海で撮影された航空写真。テスラ・ギガファクトリーが建っている。テスラは、コロナウイルスの発生により一時停止していた中国製セダン「モデル3」の納品を完全に再開したと、同社担当者は述べている。
2020年2月17日(月)に中国・上海で撮影された航空写真。テスラ・ギガファクトリーが建っている。テスラは、コロナウイルスの発生により一時停止していた中国製セダン「モデル3」の納品を完全に再開したと、同社担当者は述べている。

建設機械

建設業の代表的な指標であるショベルカーの国内販売台数は、3月に前年同月比約64%減となり、同業界の疲弊を表している。

また、中国の住宅販売不振も深刻化している。中国不動産情報会社の速報によると、負債を抱えた不動産業界の大手100社の売上高は前年比53%減となった。この落ち込みは、今年に入ってから最も激しいものだった。

ブルームバーグ・エコノミクスの中国担当エコノミスト、デビッド・クが先週発表した分析によると、中国の鉄筋の在庫は、建設活動が「低速にシフトした可能性がある」ことを示唆している。

インフレのリスク

また、中国の重要な春の植え付けシーズンを複雑化させるような締め付けは、その年の穀物を十分に確保する能力を危うくする可能性がある。

国家統計局が今週発表したデータによると、2月の0.1%減に対し、3月の生鮮野菜価格は前年同月比17.2%増と急騰した。中国の穀物生産量の5分の1以上を生産する東北地方の一部の農家は、畑を耕したり種を蒔いたりすることができない制限と戦わなければならない状況にある。

--Sharon Cho, Sherry Su, Alfred Cang, James Mayger, Lin Zhu, Fran Wang, Ann Koh, Kevin Varley, Chunying Zhang, Peter Vercoe, Jessica Zhou, Jason Rogersの協力のもと、作成。

Jill Disis. Here’s How China’s Lockdowns Are Rippling Through the Economy. © 2022 Bloomberg L.P.