トヨタがグーグル的文化を採用しソフトウェアエンジニアを獲得した経緯
2022年1月13日(木)、東京のウーブンプラネットホールディングス本社にて、社員がミーティングを行っている。Photographer: Akio Kon/Bloomberg

トヨタがグーグル的文化を採用しソフトウェアエンジニアを獲得した経緯

トヨタのウーブン・プラネットはマッサージスペース、ガラス張りの部屋、そしてベイエリアの雰囲気を取り入れている。乗用車が約3億行のコードを必要とする時代に、自動車会社はソフトウェアエンジニアを求めていることの現れだ。

ブルームバーグ

ウーブン・プラネットは、シリコンバレーの企業文化の模範となる企業だ。そのオフィスには、ハンモックやマッサージルーム、リラックスを促す植物があり、ガラス張りの部屋は開放感があり、セグウェイのような個人用トランスポーターもある。社員はほとんど好きな時に好きな場所で仕事ができる。近未来的な社名も、ベイエリアの雰囲気を醸し出している。ただし、ウーブン・プラネットはパロアルトではなく東京に本社を置き、新興企業とはほど遠い、日本の産業界の巨頭の一翼を担う企業である。トヨタ自動車だ。

このベンチャー企業は、トヨタの先進的なソフトウェアおよびテクノロジー部門であり、世界最大の自動車メーカーが将来の自動運転やインターネット接続された車を開発している。トヨタや日本のライバル企業は、技術部門にピカピカのオフィスを開設し、柔軟な勤務形態を提供することで、製造に重点を置いたプロセスからコード上で動作するプロセスへの移行に必要なソフトウェアの専門家を集めようとしている。

最近の自動車は、スマートフォンのように、空中で機能やサービスを転送する。マッキンゼー・アンド・カンパニーのレポートによると、10年以内にほとんどの乗用車は約3億行のコードを必要とするようになり、これは標準的なPCのオペレーティングシステムが使用する量の7倍以上となるそうだ。

ウーブン・プラネットの会議室で仕事をする従業員。カメラマン。Photographer: Akio Kon/Bloomberg
ウーブン・プラネットの会議室で仕事をする従業員。Photographer: Akio Kon/Bloomberg

フォルクスワーゲンやフォード・モーターは、ソフトウェア事業の拡大に数十億ドルを投じ、従業員を訓練するためのコーディングスクールを建設し、シリコンバレーの幹部を引き抜いている。年間1,000億ドル以上を輸出する自動車生産国である日本の自動車メーカーは、国際的な競合他社よりもさらに努力しなければならないかもしれない。国内の人材不足に直面しており、外国人を雇用することにあまり慣れていない。

1980年代、日本はデジタル技術の世界的リーダーであり、コンピュータチップの開発をリードし、ソニーグループのウォークマンのような機器を市場に送り出したハードウェア革新の時代であった。経営コンサルティング会社の A.T. カーニーによれば、その後のソフトウェアブームでは、IT人材不足に阻まれ、勢いを失った。

「トヨタのウーブン・プラネットのカナダ人最高執行責任者であるシニード・カイヤは、ソフトウェア業界で20年働いた後、2021年7月に入社した。彼女は、同社が迎え入れるエンジニアにとって、「トヨタと働く魅力は、何百万台もの自動車で彼らのソフトウェアを走らせるチャンスを得ることだ」と言う。

ITエンジニアが不足する日本
ITエンジニアが不足する日本

東京証券取引所や居酒屋が立ち並ぶ商業地区にある明るい高層ビルに、昨年はじめにオープンしたウーブン・プラネット。経営者は、米アルファベットのグーグルのロボット部門の共同創設者であるジェームズ・カフナーだ。そのオフィスは、親会社が時に小銭を稼ぐという評判を裏切るものです。トヨタは、円高が利益を圧迫していた2016年、節約のために東京の自社本社でエレベーターを停止し、空調を調整したことは有名な話だ。

スバルは、東京のハイテク、ショッピング、ナイトライフの中心地である渋谷で同様の取り組みを行っており、2020年後半には、風通しの良い高層ビルに自律走行技術のための人工知能研究所を開設している。そして2016年、本田技研工業は東京の高級商業地区である赤坂の高層ビルにイノベーションラボを開設した。

スイスの国際経営開発研究所で経営とイノベーションを研究するハワード・ユー教授は、豪華な職場やその他の特典に加えて、日本の自動車メーカーが技術部門の優秀な人材を確保するためには、よりリスクを取ることを許容する必要があるかもしれないと言う。「技術者にとっての懸念は、何かを作り、それが何度も何度も見直されることだ。彼らは、自分が作ったものがそれなりの速さで導入されることを望んでいる。それが心配で、日本の古い会社から離れようとするのでしょう」。

また、自動車メーカーは外国人の獲得にもっと力を入れる必要があると、東京に拠点を置く人材紹介会社ロバート・ウォルターズのマネージャー、トン・リューは言う。日本に拠点を置く自動車メーカーは、以前はほとんど日本人だけを採用していた。しかし、報酬はグローバルスタンダードに満たないことが多く、外国人労働者のためのビザをスポンサーしてくれる企業もめったにないと、彼女は言う。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

トヨタとスバルの技術部門は、具体的な数字を公表していないが、雇用の成功の初期兆候が見られるという。ウーブンプラネットによると、今年3月期の採用人数は前年同期比2倍以上になる見込みだという。スバルの渋谷オフィスが開設されて以来、同研究所の斎藤徹副所長が運営する先進運転システム用AIに取り組むチームには、これまでの10倍以上の応募があったという。

斎藤は、自動車メーカーは、単に良いオフィスを提供するだけでなく、それ以上のものを提供することを、入社希望者に示す必要があると言う。「自動車メーカーは、時代遅れで、製造工場しかないというイメージを払拭できていない。それを変えなければならない」

River Davis, Tsuyoshi Inajima. How Google-Style Perks Help Japan’s Carmakers Attract Engineers. © 2022 Bloomberg L.P.