日本が先週「債券自警団」に立ち向かい勝利した経緯
2022年3月18日(金)、東京の日銀本店前を歩く歩行者。日銀の黒田東彦総裁は、日本の年間インフレ率が4月以降に2%程度まで加速する可能性があると述べた。

日本が先週「債券自警団」に立ち向かい勝利した経緯

日本は先週「債券自警団」に立ち向かい、 今のところ勝利している。日銀の歴史的な介入で債券利回りが後退。円は約7年ぶりの安値から上昇するも、市場からの圧力は依然残っている。

ブルームバーグ

日本は先週、世界中でインフレが急上昇し、有害な水準まで円安が進むリスクがあるにもかかわらず、世界第3位の経済大国で金利をゼロ付近に固定する粘り強さを、投資家に示した。

日銀が、日銀は世界的な債務危機を食い止めるため、28日から4日間にわたり国債を無制限に買い続けたことは、市場のドラマの震源地となった。

この動きによって円相場は2015年以来の安値に急落し、関係者のコメントが相次ぎ、黒田東彦日銀総裁と岸田文雄首相が直接会談する事態に発展した。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン