トランプ現象とブレグジット、どちらも大きな間違いだった―Ian Buruma
2022年11月15日、フロリダ州パームビーチで、ドナルド・トランプ氏の自動車型ビルボード広告。(写真:Jason Koerner/Getty Images for DNC)

トランプ現象とブレグジット、どちらも大きな間違いだった―Ian Buruma

ブレグジットとトランプ当選は英米双方に深刻なショックを与えたが、ブレグジットのダメージはより大きく、より長く続きそうである。それは、国民投票が大きな問題を解決するための恐ろしい方法であることを思い起こさせるはずだ。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 戦後、英国では3回の全国規模の国民投票が行われた。そのうちの2回は、複雑な問題についての単純な質問に英国民が答えるよう求められた。1975年、イギリスは欧州経済共同体(EEC)に加盟すべきかどうかが問われた。有権者のおよそ2/3が「イエス」と答えた。2016年は、イギリスは欧州連合にとどまるべきかどうかだった。52%弱が「ノー」と答えた。

英国のEU離脱を熱烈に支持する人でさえ、ブレグジットの結果、英国がより良い場所になったことを一つ挙げるのに苦労するようになった。イングランド銀行のマーク・カーニー前総裁は、2016年にイギリスの経済規模がドイツの90%だったのに対し、現在は70%に過ぎないと指摘している。企業経営者や農家など多くの人にとって、ブレグジットは災難だった。世論調査によると、英国民の56%がブレグジットは間違いだったと考えているそうだ。

同様に、ブレグジットと同じ年に、無知でハチャメチャでセレブに憧れるナルシストを米国大統領に選んだのは賢明ではなかったと考える米国人が増えている。中間選挙は、ドナルド・トランプのブランドが損なわれ、共和党に対する彼の支配力が低下している可能性を示している。

しかし、ブレグジットとトランプ当選は英米双方に深刻なショックを与えたが、ブレグジットのダメージはより大きく、より長く続きそうである。それは、国民投票が大きな問題を解決するための恐ろしい方法であることを思い起こさせるはずだ。

トランプの4年間は、確かに十分ひどかった。彼は政治的言説を粗雑にし、米国内のすでに深刻な分裂を煽り、恥知らずな嘘をついたため、政治家への信頼が著しく損なわれた。また、大統領選挙の結果に従わず、独立した司法機関や自由な報道機関など、民主主義の基盤である制度に対する国民の怒りをあおり、政治家だけでなく民主主義制度そのものへの信頼も損ねた。

それでも、悪質な候補者が最高権力者に選ばれることは前代未聞ではないし、強固な自由民主主義は失策や不正な指導者にも耐えることができる。ジョー・バイデン大統領をどう思うかは別にして、彼は政治に平静を取り戻させた。リベラルなアメリカ人の間では、米国の民主主義の終焉が目前に迫っているという心配は、わずか1年前ほどには深刻ではなくなっている。米国の同盟国も、世界で最も強力な民主主義に対して、少し神経質になっていない。

トランプの任命者が最高裁をほとんどのアメリカ人とかけ離れたような過激な右翼の方向に傾けたとしても、主な民主主義制度は彼の大統領就任の衝撃を乗り越えてきたのである。そして、彼が2024年に再選を果たさない限り、彼が与えたダメージの多くはおそらく元に戻すことができるだろう。

ブレグジットについては、同じことは言えない。英国がEUだけでなく欧州単一市場からも離脱することを選択したことは、今後何年にもわたって英国経済に打撃を与え続けるだろう。この後退は、米国や日本など、ヨーロッパから遠く離れた国々との凄まじいまでの新しい貿易取引によって補われるという約束は、夢物語であることが証明されている。その結果、英国のほとんどの人々はより貧しくなり、英国は当分の間、近隣諸国に遅れを取り続けることになるであろう。

かつてハロルド・マクミラン元首相は、戦後、帝国を脱した英国は、19世紀の排外主義者が使った言葉である「見事な孤立」ではなく、ヨーロッパ内部の重要なパワーであり続けるしかないと主張した。だから、1961年にEECに加盟させようとしたのだ。1973年、フランスのドゴール大統領に阻まれ、加盟はかなわなかったが、マクミランは正しかったといえる。ブリュッセルとの度重なる摩擦にもかかわらず、イギリスはフランスの国家主義やドイツの素朴な連邦主義の夢と絶妙にバランスをとる堅固な民主主義国家として、ヨーロッパ内部で大きな役割を果たした。

2016年の国民投票はそのバランスを崩し、英国は重要なパワーではなくなってしまう運命にある。それが国民投票の問題点である。不幸な結果に終わった選挙とは異なり、簡単に元に戻すことはできない。イギリス国民は不公平な質問をされた。残留か離脱かは不条理な選択だった。どのような条件でイギリスが離脱するのか、その結果どのような国を望むのか、EUとの今後の関係はどうあるべきなのか、国民は問われなかった。

1945年、ウィンストン・チャーチルが戦時中の連立政権を延長するかどうかを決めるために、英国で国民投票を実施しようと提案したとき、労働党のクレメント・アトリー党首は拒否した。国民投票という考え方は「英国的でない」というのが彼の考えだった。実際、アトリーは「ナチズムの道具だ」と言った。

マーガレット・サッチャーはチャーチルを崇拝し、自身の政治は社会主義者アトリーが掲げたもの全てに対する挑戦であると言った。アトリーは、国民投票を「独裁者とデマゴーグの装置」と呼んでいた。

どちらも正しい。

イアン・ブルーマ バード大学教授(人権学)。最新作は "The Churchill Complex"。

Was Trump or Brexit the Bigger Mistake? The Answer Is Clear: Ian Buruma.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ