金融機関は内密に核戦争とロシア取引のリスクを検討している
2022年2月24日木曜日、ロシア・モスクワの赤の広場にある聖ワシリィ大聖堂の近くをパトロールするパトカー。ウラジーミル・プーチン大統領がウクライナの「非武装化」作戦を命じた後、ロシア軍がウクライナ全土の標的を攻撃し、国際的な非難とモスクワに対するさらなる懲罰的制裁の脅威を招き、市場は世界中で暴落している。

金融機関は内密に核戦争とロシア取引のリスクを検討している

国際的な金融機関はロシアのウクライナ侵攻によるビジネスへの影響が限定的であることを公の場で語っているが、私的な場では、核衝突の可能性について議論している。

ブルームバーグ

国際的な金融機関はロシアのウクライナ侵攻によるビジネスへの影響が限定的であることを公の場で語っているが、私的な場では、核衝突の可能性について議論している。

ゴールドマン・サックス・グループは20日、元英国情報機関MI6のチーフで現在はウォール街の大企業の顧問を務めるアレックス・ヤンガーと顧客を電話でつないだ。核対立の脅威が現実のものとなるのは、この30年余りで初めてのことだという。

このエピソードは、米金融界が皆と同じように、この紛争で未知の領域に突入していることを示す衝撃的な例である。何カ月もかけて警告を発し、シナリオを練ってきたにもかかわらず、ロシアの戦車が国境を越えたことで、バンカーは慌てふためくことになった。

ドイツ銀行やコメルツ銀行などは木曜日、ロシアへの直接的な金融エクスポージャーは「十分に抑制されており」「管理可能である」と熱心に述べた。それは一理ある。フランスのソシエテ・ジェネラル、イタリアのウニクレディト、オーストリアのライファイゼン・バンク・インターナショナルだけが、ロシアで実質的な現場での存在感を示している。

しかし、ホワイトハウス、ブリュッセル、ダウニング街10番地が放った新たな制裁措置の間接的コストは、はるかに定量化するのが難しい。投資家は、経済全体と金融業界のトレーディングおよび個人資産運用へのリスクを考慮し、欧州の銀行株は木曜日にパンデミック開始以来最も下落した。

多くの大手金融機関と取引している弁護士によると、金融機関はロシア資金に支えられた取引相手との取引エクスポージャーを調整するため、緊急のマッピング作業に追われているとのことである。

UBSは木曜日にロシアの資産へのエクスポージャーを制限するために迅速に動き、ロシアの債券を担保にしている一部の富裕層顧客に対するマージンコールを引き起こした。

ウォール街の企業も無関係ではない。JPモルガンチェース、シティグループ、バンクオブニューヨークメロンなどの企業は、トレジャリーサービス事業を通じて世界中に巨額の資金を動かしており、事実上、制裁の執行者となっている。制裁を受けた企業との取引があれば、銀行はブロックし、凍結しなければならない。

Coalition Greenwichのトランザクション・バンキングの責任者であるエリック・リーは、「制裁対象銀行を直接顧客としてしていないとしても、あなたが手にしている取引がロシアの銀行を経由しているかどうかは全く分からない」と述べている。「チェーンは非常に複雑だ」

ロシアはイランでも北朝鮮でもベネズエラでもなく、グローバルビジネスとのつながりが限られている。銀行は、ロシアと同じくらい大きな経済と金融システム、あるいはプーチンの支配下で豊かになったオリガルヒ(新興財閥)の富裕層と接触することになる無数の方法を調べなければならない。

金融機関はまた、地政学的なリスクにも直面しなければならない。ロシアは核保有国であり、プーチンは侵略を正当化するための演説でその核兵器を自慢するという冷戦時代の手段をとった。ジョー・バイデン大統領は木曜日、プーチンが核攻撃をすると脅していると思うかと尋ねられた。バイデンはホワイトハウスで記者団に、「彼が何を脅かしているのか、私にはわからない」と語った。

ロシア制裁の包括的な性質は、前例のないものだ。

木曜日の午後、バイデンは、ズベルバンク・オブ・ロシアとVTB銀行を含むロシアの4大銀行の資産凍結を含む一連の新措置を発表した。国際金融研究所のクレイ・ローリーは、この新しい措置は、特に国内の銀行の暴走を引き起こすことが目的であると述べた。

「これらの制裁はロシア経済全体に大きな影響を与え、平均的なロシア人はその代償を感じることになるだろう」とローリーは述べた。しかし、「既存の制裁措置、追加措置のリスク、過剰なコンプライアンスにより、多くの企業がすでに関与を縮小している」ため、こうした特定の抑制措置による海外の金融機関への影響は限定的であるとIIFは最近の報告書に記している。

バイデンとボリス・ジョンソン英首相は、世界の金融機関のためのグローバルなメッセージングシステムであるSWIFTへのロシアのアクセスを削減することを保留することを決定した。このオプションは、将来の報復のためにまだテーブルの上にある。

金融業界では、スウィフトからの撤退が、ロシア政府と同様に国際的な銀行に多くの問題を引き起こすかどうかという疑問がある。

ジョンソンの同様の動きに続き、バイデンがロシアのエリートとその家族を広くターゲットにしたことは、大規模な資産管理業務を行う銀行、特に欧州の銀行にとってより大きな関心事となるだろう。スイスのプライベートバンクは歴史的にロシアの資金が集まる場所であり、ロンドンのシティも同様である。

Crowell & Moring LLPの弁護士、ミシェル・リンダーマンは、「オリガルヒの関与という点では、ここで解明されることはたくさんあり、ロンドンの至るところで防災訓練が行われている」と語った。

--William Shaw、Sridhar Natarajan、Max Reyesの協力を得ている

Harry Wilson, Hannah Levitt, Nishant Kumar. In Private, Bankers Debate Nuclear War, Russian Trading Risk. © 2022 Bloomberg L.P.