英クラブが欧州サッカーでの財務的影響力を強める

英クラブが欧州サッカーでの財務的影響力を強める

イングランドのサッカークラブは現在、このスポーツで最も価値のあるチームのほぼ3分の1を占めている。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) --イングランドのサッカークラブは現在、このスポーツで最も価値のあるチームのほぼ3分の1を占めている。

コロナウイルス感染症の大流行から財政を立て直したイングランド・プレミアリーグの10クラブが、フットボール・ベンチマーク社の最新ランキング「ヨーロッパの最も価値ある32チーム」にランクインしている。アストン・ヴィラFCが初めてリストに加わり、ウェストハム・ユナイテッドFCが1年ぶりに復帰した。

マンチェスター・ユナイテッドFC、リバプールFC、マンチェスター・シティFCがプレミアリーグで最も価値のあるクラブとなっている。今週、米国の投資家トッド・ベーリーに売却を完了したチェルシーFCと、オーナーが1億5,000万ポンド(1億8,800万ドル)の追加資本を約束したばかりのトッテナム・ホットスパーFCもトップ10にランクインしている。

プレミア・パフォーマンス|世界で最も価値あるクラブのほぼ3分の1をEPLのチームが占めるようになった
プレミア・パフォーマンス|世界で最も価値あるクラブのほぼ3分の1をEPLのチームが占めるようになった

プレミアリーグは世界で最も裕福なサッカーリーグであり、クリスティアーノ・ロナウド、モハメド・サラー、ケビン・デ・ブルイネなど、サッカー界の大選手が多く所属しているリーグである。このリーグは世界中に観客を持つため、クラブは放送やスポンサー契約から数百万ドルの収入を得ることができる。

フットボール・ベンチマーク社は、「国内のテレビ放映権交渉で割引契約に合意した他の5大リーグとは異なり、プレミアリーグは価値を失うことなく現在の国内パッケージを固定し、国際放送からの報酬を増やすことに成功した」と述べている。

2022年のランキングでは、スペインのレアル・マドリードCFが32億ユーロの価値でトップ。

David Hellier. English Clubs Tighten Their Financial Grip on European Football.

© 2022 Bloomberg L.P.