インテル、モービルアイのIPOを2023年に後ろ倒しか
2022年6月20日、ドイツ・ヘッセンで開催されたドイツ交通会社協会年次総会で、モービルアイの自律走行車を含むオンデマンド車のプレゼンテーション。撮影者:Hannes P. Albert/picture alliance/Getty Images

インテル、モービルアイのIPOを2023年に後ろ倒しか

インテルは、広範な株価低迷に直面しモービルアイの新規株式公開(IPO)への期待が縮小しており、状況が改善しなければ株式売却を来年まで延期する可能性があると、このプロセスに詳しい関係者が述べた。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- インテルは、広範な株価低迷に直面しモービルアイの新規株式公開(IPO)への期待が縮小しており、状況が改善しなければ株式売却を来年まで延期する可能性があると、このプロセスに詳しい関係者が述べた。

この関係者によると、同社はIPOによって自動運転技術事業の価値が300億ドル程度になると見込んでおり、これは当初の期待値よりも低いとのことだ。当初の計画では2022年半ばごろの株式公開を予定しており、ロイターなどは500億ドル以上の評価額の可能性があると報じていた。

インテルのパット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)は、2017年に買収したイスラエル拠点の事業を、株式の一部スピンオフで資産化しようとしている。モービルアイはカメラや運転支援機能のチップを製造しており、自動車業界が完全自動運転車に向けて競争する中で、貴重な資産とみなされている。しかし、インテルはチップ株の弱気相場とIPOの少なさに直面しており、取引を完了させるのが難しくなっている。

関係者によると、半導体株が回復すれば、2022年にも株式公開が可能になるという。そうでなければ、延期されることになる。

ブルームバーグがこのニュースを報じた後、インテル株は月曜日に1.1%も下落し、31.10ドルとセッションの最安値に達した。株価はニューヨークの午後1時45分までに損失の大部分を取り戻した。

モービルアイとカリフォルニア州サンタクララに本社を置くインテルの代表者は、コメントを控えた。

モービルアイのIPOが成功すれば、市場参入を待つチップ関連資産の詰まりが解消される可能性がある。ソフトバンク・グループも、来年初めまでに半導体設計会社アームの株式を売却しようとしている。データセンター用プロセッサーを製造する新興企業、アンペア・コンピューティングもIPOを計画している。

インテルのゲルシンガーにとって、IPOの成功は、再建計画が実を結んでいることを示すのに役立つだろう。同社は売上と収益の低迷に加え、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ(AMD)などのライバルに市場シェアを奪われ、苦境に立たされている。同CEOは、インテルの製造能力を再建し、新規事業に参入し、技術的なリーダーシップを回復するために、野心的な支出計画を概説している。

インテルは、新規発行のモービルアイ株式の公募を伴うこの取引後も、過半数の所有者にとどまると、同社は12月に発表している。

会社の大部分はインテルが保有することになるが、モービルアイは拡大計画を推進できるバランスシートを手に入れることになる、とゲルシンガーは述べている。

モービルアイは、特に明るい話題となっている。約150億ドルで買収されたこの事業は、今年16%もの減収を報告する予定の親会社よりも常に速いペースで成長している。第2四半期のモービルアイの売上高は4億6,000万ドルで、前年同期比41%増となった。このため、営業利益は43%増の1億9,000万ドルとなった。

インテルの株価は今年に入ってから39%値下がりし、チップ株全体よりも悪い。フィラデルフィア株式市場半導体指数は、2022年に31%下落している。

-- Liana Bakerの取材協力

Ian King. Intel Lowers Target for Mobileye, Aiming for $30 Billion IPO

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ