熱波はすでに資産価格を歪めている - Jonathan Levin
2009年4月18日:カリフォルニア州ファイアボー近郊の乾燥した農地で、熱波が揺らいでいる。(写真:David McNew/Getty Images)

熱波はすでに資産価格を歪めている - Jonathan Levin

気候変動は、海面上昇やハリケーン活動の活発化、干ばつ、山火事などを通じて、世界経済に深刻な影響を与えるだろう。しかし、最大の経済的コストは熱波の頻度が高まることだろう。熱波は空調のエネルギーコストを押し上げ、主に屋外で働く必要のある多くの種類の労働者の生産性を低下させる。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- 気候変動は、海面上昇やハリケーン活動の活発化、干ばつ、山火事などを通じて、世界経済に深刻な影響を与えるだろう。しかし、最大の経済的コストは熱波の頻度が高まることだろう。熱波は空調のエネルギーコストを押し上げ、主に屋外で働く必要のある多くの種類の労働者の生産性を低下させる。

ニューヨーク大学の経済学者Viral Acharyaが率いる新しい研究では、こうしたコストがすでに株式、社債、地方債の価格設定にどの程度反映されているかを測定することを試みている。その結果、熱波への暴露が3つすべてに大きな影響を及ぼしていることがわかりました。Acharyaと共著者の一人、Boston CollegeのTuomas Tomunen助教授(金融学)に話を聞いた。以下に、その内容を要約し、軽く編集したものを掲載する。彼らの論文は、コロンビア大学のSuresh Sundaresanとイリノイ大学のTimothy Johnsonの共著で、こちらで読むことができる。


Jonathan Levin:重要なポイントは何でしょうか?

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン