サンフランシスコは住民が郊外に流出したがリッチなままである―Justin Fox
2022年10月27日、カリフォルニア州サンフランシスコで、サンフランシスコ・オークランド・ベイブリッジを渡りながらサンフランシスコのスカイラインを走る車たち。米国国勢調査局によると、サンフランシスコとサンノゼの従業員の35%が在宅勤務を続けていると推定される。(写真:Justin Sullivan/Getty Images)

サンフランシスコは住民が郊外に流出したがリッチなままである―Justin Fox

パンデミック期の大きな経済ストーリーは、大都市や物価の高い沿岸地域から雇用や人々が流出し、南部や山岳地帯が大きな利益を得るというものだった。サンフランシスコは、コロナが上陸して以来、住民と名声を失った、以前は活気のあった場所の最も鮮明な例であろう。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- パンデミック期の大きな経済ストーリーは、大都市や物価の高い沿岸地域から雇用や人々が流出し、南部や山岳地帯が大きな利益を得るというものだった。サンフランシスコは、コロナが上陸して以来、住民と名声を失った、以前は活気のあった場所の最も鮮明な例であろう。

そのため、2019年から2021年にかけて、一人当たりの実質所得が全米で最も上昇したのが、サンフランシスコ湾の周辺とその付近であったことは興味深いことだ。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン