SBG出資の仏NFT新興企業、規制当局からギャンブルビジネスとの疑念を浴びる―Lionel Laurent
スペインサッカーリーグLaLigaのトレーディングカード。「NFTで価値が保証される」と運営会社Sorareは主張している。

SBG出資の仏NFT新興企業、規制当局からギャンブルビジネスとの疑念を浴びる―Lionel Laurent

フランスが暗号資産のハブになりたいのであれば、監視の強化、消費者保護の強化、リテラシーの向上は、「ギャンブル化」の潜在的な社会コストを回避するために支払うべき小さな代償であると認識すべきだ。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) – パリは暗号資産の冬から避難する場所を提供している。パリはバイナンス、そして最近ではマット・デイモンで有名なCrypto.comを規制上のライセンスで迎え入れ、ポンピドゥー・センターの向かいにはデジタルアート作品を展示する「NFT Factory」もオープンしている。

エマニュエル・マクロン大統領の政権は、技術系の人材と投資を呼び込むことに優位性を見出し、フランスの文化とエンターテインメントのチャンピオンたちは、シリコンバレーが支配する世界でメタ・コレクションに手を出すことに圧力を感じている。ただし、その熱意はやや薄れてきてはいる。

しかし、暗号資産市場の荒廃の中で、フランスの「例外」としての希望は、より厳しいルールの必要性にぶつかっている。

その一例が、昨年ソフトバンクグループが主導した資金調達ラウンドで43億ドルの評価を受けた、NFTベースのファンタジーフットボールゲーム「Sorare」だ。CryptoSlamのデータによると、平均価格が冷え込んでいるように見えるとはいえ、歴代販売量でNFTコレクションのトップ20に入るなど、紛れもない成功を収めている。通常のスポーツカードと同様、コレクションとしての魅力があり、ファンタジー・フットボールのように、パフォーマンスを得点化するゲーム性がある。

クーリングオフ|CryptoSlamのデータによると、SorareはNFTの熱狂が冷めるのと無縁ではありません。

しかし、カードが暗号通貨を使用して売買できるため、リスクの高い投機的な魅力は無視できなくなり、プレーヤーがローンを組んだり、大きな勝利を得るために仕事を辞めたりするという誇大広告の物語が生まれ、最高の賞品とイーサリアムの報酬がより希少で高価なカードに提供されるようになった。The Price of Footballの著者Kieran Maguireは、「Sorareのようなものは、ゲームとギャンブルの間の境界線を意図的にあいまいにしている」と言う。

そして今、暗号資産の浄化に熱心な規制当局が、Sorareに注目している。ブルームバーグ・ニュースによると、米国では証券取引委員会(SEC)がNFTのコレクションであるBored Apesを監視しているというが、むしろ、依存症やマネーロンダリングに神経を尖らせている各国のギャンブル規制当局が注目している。

昨年、英国ギャンブル委員会はSorareについて「調査を開始」し、スイスの監視機関GespaはSorareをブラックリストに掲載した。そして今、フランスの規制当局がSorareに情報提供を求めるなど、監視の目は熱を帯びている。共和国党の上院議員、クリスティーヌ・ラヴァルドは、Sorareがなぜ国のギャンブル規制当局の監督下に置かれないのか、その結果生じる税金やお役所的な手続きをすべて含めて説明するよう政府に求めている。

Sorareやマクロン政権の反応は、これは新しいタイプのビジネスモデルであり、生まれた時点で首を絞めるべきではない、というものだった。Sorareのチーフスタッフ、ティボー・プレドムは、このゲームはギャンブルではなく、プレイヤーは通常の金融賭博のようにカードが消えるのを見ることはなく、無料のカードも利用可能だと言う。ジャン=ノエル・バロ経済・財務・産業及びデジタル主権大臣は、マネーロンダリングや依存症のリスクを監督しつつも、規制は「機敏」であるべきだとの考えを示した。

しかし、SECが現行のルールに固執せざるを得ないように、Sorareの主張も規制当局の抑止力になりそうもない。フランスでは、金銭的犠牲、公衆への提供、報酬の希望を伴うゲームはギャンブルとみなされる。トーナメントの賞金や転売価値を上げるために、6桁の金額でカードを交換するのは、明らかにこの基準に合致すると、ギャンブルの専門家は言う。Sorareが全く新しい「モデル」であると言ってこれを振り払うことは、スタートアップがNBAのような領域に拡大する際に、ゲームとギャンブルを両立させたがっているふうにしか見えない。

この行き詰まりを打開する方法は、面倒なことになりそうだ。ギャンブル法の専門家であるマチュー・エスカンドは、特例には法律が必要であり、現在の政治環境では、おそらくフランス政府が簡単にできることではない、と言う。あるいは、ギャンブル当局の監督下にある既存の規制分類をSorareに求める必要があるかもしれない。これはSorareの利用率や、暗号資産を警戒しているスポーツクラブと有利な契約を結ぶ能力に影響を与える可能性がある。

しかし、パリが暗号資産のハブになりたいのであれば、監視の強化、消費者保護の強化、デジタルリテラシーの向上は、「ギャンブル化」の潜在的な社会コストを回避するために支払うべき小さな代償であると認識すべきだ。英国の評判は、株式市場スタイルの取引ゲームが崩壊した後、人々が経済的、精神的に苦痛を受けた2021年のスポーツベッティング会社Football Indexのスキャンダルの後をまだ引きずっている。イノベーションが、持続可能なビジネスの創出ではなく、規制を先取りするための手段になってしまったら、この特殊なテクノロジーの夢は、楽しいものにはならないだろう。

Macron’s Crypto Dream May Be a Gamble: Lionel Laurent

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ