ソフトバンクとクレディ・スイスを欺いたグリーンシルの「嘘のピラミッド」 - Lionel Laurent

ソフトバンクとクレディ・スイスは法廷闘争の準備をしているが、ここには誰にとっても教訓となることがある。グリーンシルが築き上げた「嘘のピラミッド」は、いつかまた作られるかもしれないのだから。

ソフトバンクとクレディ・スイスを欺いたグリーンシルの「嘘のピラミッド」 - Lionel Laurent
Photographer: David Hecker/Getty Images Europe

(ブルームバーグ・オピニオン) -- ソフトバンク・グループ(SBG)の孫正義会長とクレディ・スイスAGのアクセル・レーマン会長は、それぞれの会社が失脚した金融業者レックス・グリーンシルに会わなければよかったのにと思うに違いない。

しかし、彼ら、そして金融業界全体が、このスキャンダルから教訓を学ぶことができればと思う。

ダンカン・マヴィン氏の新著「嘘のピラミッド (The Pyramid of Lies)」で明らかになったように、グリーンシルは魅力的で自信に満ち、サプライチェーンファイナンスという地味なビジネスを活気ある現金源に変える技術を持ち、SBGとクレディ・スイスはともにドルサインを見ていたのである。

SBGのビジョン・ファンドが最近記録的な赤字に陥った孫会長にとって、グリーンシルの株式を取得することは、フィンテックのホームランになるはずであった。グリーンシルはボルネオ島に340億ドルの新都市を建設するといった夢を実現するために十分な資金を持ち、猛スピードで成長している、古い金融と新しいデータのトリックをミックスした企業であるはずだった。

クレディ・スイスは、金融取引から個人富裕層からのリピート収益に軸足を移そうと必死だった。グリーンシル資産への顧客資金投入は、影響力のある億万長者のネットワークに加わり、低金利の世界で大きな利益をもたらす方法だった。

しかし、グリーンシル・キャピタルは、「ハウス・オブ・カード」(トランプカードで作った家のように不安定な建物)のような会社であり、コロナによって破綻した。無謀な融資や不正な利益相反が明らかになり、投資家や保険会社は怖気づいた。資金は底をつき、孫氏の自慢の「フィンテック」ユニコーンはすぐに無価値となり、クレディ・スイスの富裕層の顧客は数十億ドルの赤字に陥った。

クレディ・スイスは30億ドルの回収を目指し、SBGに対する法的請求を準備しており、解決には何年もかかるであろういくつかの法廷闘争のうちの1つとして、今後さらに明らかになることは間違いないだろう。SBGは、同社が顧客から預かっているお金を流用したという主張を「絶望的な主張だ」と述べている。

しかし、マヴィン氏の著書は、グリーンシルの軌道に乗った人物たちが、いつかまた同じようなことが起こるリスクを最小限に抑えるために、真剣に取り組むべきことがあることを明らかにしている。多くの出資者は、このエゴの塊のような大物金融家の言うことを鵜呑みにし、下調べを怠っていたようである。この本では、グリーンシルのバカバカしさの露呈を楽しんでいる。たとえば、映画『アメリカン・サイコ』に出てくるような特大の名刺だ。

「グリーンシルは他にもたくさんいるし、正しいことをしようとする人はあまりに少ない」と、マヴィン氏は言う。

この映画では、伝染性の誇大広告が何度もテーマとして登場する。グリーンシルは、退職したバンカーがゴルフをする代わりに新興企業に参加し、低金利が投資会社をよりリスクの高い分野に追いやった時代に誕生した。金融業界では、高成長と高収益はハイリスクなしではあり得ないという現実に、「フィンテック」というマーケティングの妖精の粉は、金融の高成長と高収益はハイリスクと無縁ではないという現実に、多くの人の目をそむけさせた。フィンテック企業のバリュエーションが下がるにつれ、思い出す必要があるのはSBGだけではない。

また、グリーンシルの巧みな話術と人脈に乗せられて買収した従来の金融機関も、誇大広告によって社内の赤信号を無視するようになった。資産運用会社であるGAMは、グリーンシルへのエクスポージャーの増大により、内部危機を招いた。一方、クレディ・スイスのサプライチェーンファンドは、間違いなくグリーンシルに多くの意思決定を委託し、一時はグリーンシルの破滅の鍵となった信用保険に関して、ファンドの独自ルールを適用さえしなかった。

規制当局は、安全で信頼できるように見える市場が重大なリスクを隠している可能性があるため、監視できることを示さなければならないだろう。サプライチェーンファイナンスは銀行と同じくらい古くからあるビジネスだが、不透明さと有利な会計規則を利用した超急成長企業によって利用されてきたのである。グリーンシルは、単に請求書を担保にしてサプライヤーに早期の支払いをさせるだけでなく、将来の理論的なビジネスについて融資を受けていたのである。

来年から始まる米国の新会計基準では、サプライチェーン・ファイナンスの透明性が求められるようになり、業界への信頼が高まることが期待される。

また、パンデミック以降、ビジネスにおいて政府が大きな役割を果たすようになり、伝統的に自由放任主義の英国でさえ、政治家とそのロビー活動にはより高い基準が求められるようになっている。もし、キャメロン首相がグリーンシル社への支援を得るために集中的に働きかけ、それが成功していたならば、英国の納税者はもっとひどい目に遭っていたかもしれない、とマヴィン氏はユーモアたっぷりに表現する。

グリーンシルのスキャンダルに巻き込まれた人々には、まだ何年も法的な争いが待ち受けている。しかし、バンカー、技術者、そして彼らを規制する人々がこの夏を過ごすにあたり、この「嘘のピラミッド」がどのように作られたのか、反省する機会ではないだろうか。いつかまた作られるかもしれないのだから。

Greensill’s Ghost Will Haunt the Finance World: Lionel Laurent.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ

Read more

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

新たなスエズ危機に直面する米海軍[英エコノミスト]

世界が繁栄するためには、船が港に到着しなければならない。マラッカ海峡やパナマ運河のような狭い航路を通過するとき、船舶は最も脆弱になる。そのため、スエズ運河への唯一の南側航路である紅海で最近急増している船舶への攻撃は、世界貿易にとって重大な脅威となっている。イランに支援されたイエメンの過激派フーシ派は、表向きはパレスチナ人を支援するために、35カ国以上につながる船舶に向けて100機以上の無人機やミサイルを発射した。彼らのキャンペーンは、黒海から南シナ海まですでに危険にさらされている航行の自由の原則に対する冒涜である。アメリカとその同盟国は、中東での紛争をエスカレートさせることなく、この問題にしっかりと対処しなければならない。 世界のコンテナ輸送量の20%、海上貿易の10%、海上ガスと石油の8~10%が紅海とスエズルートを通過している。数週間の騒乱の後、世界の5大コンテナ船会社のうち4社が紅海とスエズ航路の航海を停止し、BPは石油の出荷を一時停止した。十分な供給があるため、エネルギー価格への影響は軽微である。しかし、コンテナ会社の株価は、投資家が輸送能力の縮小を予想している

By エコノミスト(英国)
新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

新型ジェットエンジンが超音速飛行を復活させる可能性[英エコノミスト]

1960年代以来、世界中のエンジニアが回転デトネーションエンジン(RDE)と呼ばれる新しいタイプのジェット機を研究してきたが、実験段階を超えることはなかった。世界最大のジェットエンジン製造会社のひとつであるジー・エアロスペースは最近、実用版を開発中であると発表した。今年初め、米国の国防高等研究計画局は、同じく大手航空宇宙グループであるRTX傘下のレイセオンに対し、ガンビットと呼ばれるRDEを開発するために2900万ドルの契約を結んだ。 両エンジンはミサイルの推進に使用され、ロケットや既存のジェットエンジンなど、現在の推進システムの航続距離や速度の限界を克服する。しかし、もし両社が実用化に成功すれば、超音速飛行を復活させる可能性も含め、RDEは航空分野でより幅広い役割を果たすことになるかもしれない。 中央フロリダ大学の先端航空宇宙エンジンの専門家であるカリーム・アーメッドは、RDEとは「火を制御された爆発に置き換える」ものだと説明する。専門用語で言えば、ジェットエンジンは酸素と燃料の燃焼に依存しており、これは科学者が消炎と呼ぶ亜音速の反応だからだ。それに比べてデトネーシ

By エコノミスト(英国)
ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

ビッグテックと地政学がインターネットを作り変える[英エコノミスト]

今月初め、イギリス、エストニア、フィンランドの海軍がバルト海で合同演習を行った際、その目的は戦闘技術を磨くことではなかった。その代わり、海底のガスやデータのパイプラインを妨害行為から守るための訓練が行われた。今回の訓練は、10月に同海域の海底ケーブルが破損した事件を受けたものだ。フィンランド大統領のサウリ・ニーニストは、このいたずらの原因とされた中国船が海底にいかりを引きずった事故について、「意図的なのか、それとも極めて稚拙な技術の結果なのか」と疑問を呈した。 海底ケーブルはかつて、インターネットの退屈な配管と見なされていた。現在、アマゾン、グーグル、メタ、マイクロソフトといったデータ経済の巨人たちは、中国と米国の緊張が世界のデジタルインフラを分断する危険性をはらんでいるにもかかわらず、データの流れをよりコントロールすることを主張している。その結果、海底ケーブルは貴重な経済的・戦略的資産へと変貌を遂げようとしている。 海底データパイプは、大陸間インターネットトラフィックのほぼ99%を運んでいる。調査会社TeleGeographyによると、現在550本の海底ケーブルが活動

By エコノミスト(英国)