ソフトバンクとクレディ・スイスを欺いたグリーンシルの「嘘のピラミッド」 - Lionel Laurent
Photographer: David Hecker/Getty Images Europe

ソフトバンクとクレディ・スイスを欺いたグリーンシルの「嘘のピラミッド」 - Lionel Laurent

ソフトバンクとクレディ・スイスは法廷闘争の準備をしているが、ここには誰にとっても教訓となることがある。グリーンシルが築き上げた「嘘のピラミッド」は、いつかまた作られるかもしれないのだから。

ブルームバーグ

(ブルームバーグ・オピニオン) -- ソフトバンク・グループ(SBG)の孫正義会長とクレディ・スイスAGのアクセル・レーマン会長は、それぞれの会社が失脚した金融業者レックス・グリーンシルに会わなければよかったのにと思うに違いない。

しかし、彼ら、そして金融業界全体が、このスキャンダルから教訓を学ぶことができればと思う。

ダンカン・マヴィン氏の新著「嘘のピラミッド (The Pyramid of Lies)」で明らかになったように、グリーンシルは魅力的で自信に満ち、サプライチェーンファイナンスという地味なビジネスを活気ある現金源に変える技術を持ち、SBGとクレディ・スイスはともにドルサインを見ていたのである。

SBGのビジョン・ファンドが最近記録的な赤字に陥った孫会長にとって、グリーンシルの株式を取得することは、フィンテックのホームランになるはずであった。グリーンシルはボルネオ島に340億ドルの新都市を建設するといった夢を実現するために十分な資金を持ち、猛スピードで成長している、古い金融と新しいデータのトリックをミックスした企業であるはずだった。

クレディ・スイスは、金融取引から個人富裕層からのリピート収益に軸足を移そうと必死だった。グリーンシル資産への顧客資金投入は、影響力のある億万長者のネットワークに加わり、低金利の世界で大きな利益をもたらす方法だった。

しかし、グリーンシル・キャピタルは、「ハウス・オブ・カード」(トランプカードで作った家のように不安定な建物)のような会社であり、コロナによって破綻した。無謀な融資や不正な利益相反が明らかになり、投資家や保険会社は怖気づいた。資金は底をつき、孫氏の自慢の「フィンテック」ユニコーンはすぐに無価値となり、クレディ・スイスの富裕層の顧客は数十億ドルの赤字に陥った。

クレディ・スイスは30億ドルの回収を目指し、SBGに対する法的請求を準備しており、解決には何年もかかるであろういくつかの法廷闘争のうちの1つとして、今後さらに明らかになることは間違いないだろう。SBGは、同社が顧客から預かっているお金を流用したという主張を「絶望的な主張だ」と述べている。

しかし、マヴィン氏の著書は、グリーンシルの軌道に乗った人物たちが、いつかまた同じようなことが起こるリスクを最小限に抑えるために、真剣に取り組むべきことがあることを明らかにしている。多くの出資者は、このエゴの塊のような大物金融家の言うことを鵜呑みにし、下調べを怠っていたようである。この本では、グリーンシルのバカバカしさの露呈を楽しんでいる。たとえば、映画『アメリカン・サイコ』に出てくるような特大の名刺だ。

「グリーンシルは他にもたくさんいるし、正しいことをしようとする人はあまりに少ない」と、マヴィン氏は言う。

この映画では、伝染性の誇大広告が何度もテーマとして登場する。グリーンシルは、退職したバンカーがゴルフをする代わりに新興企業に参加し、低金利が投資会社をよりリスクの高い分野に追いやった時代に誕生した。金融業界では、高成長と高収益はハイリスクなしではあり得ないという現実に、「フィンテック」というマーケティングの妖精の粉は、金融の高成長と高収益はハイリスクと無縁ではないという現実に、多くの人の目をそむけさせた。フィンテック企業のバリュエーションが下がるにつれ、思い出す必要があるのはSBGだけではない。

また、グリーンシルの巧みな話術と人脈に乗せられて買収した従来の金融機関も、誇大広告によって社内の赤信号を無視するようになった。資産運用会社であるGAMは、グリーンシルへのエクスポージャーの増大により、内部危機を招いた。一方、クレディ・スイスのサプライチェーンファンドは、間違いなくグリーンシルに多くの意思決定を委託し、一時はグリーンシルの破滅の鍵となった信用保険に関して、ファンドの独自ルールを適用さえしなかった。

規制当局は、安全で信頼できるように見える市場が重大なリスクを隠している可能性があるため、監視できることを示さなければならないだろう。サプライチェーンファイナンスは銀行と同じくらい古くからあるビジネスだが、不透明さと有利な会計規則を利用した超急成長企業によって利用されてきたのである。グリーンシルは、単に請求書を担保にしてサプライヤーに早期の支払いをさせるだけでなく、将来の理論的なビジネスについて融資を受けていたのである。

来年から始まる米国の新会計基準では、サプライチェーン・ファイナンスの透明性が求められるようになり、業界への信頼が高まることが期待される。

また、パンデミック以降、ビジネスにおいて政府が大きな役割を果たすようになり、伝統的に自由放任主義の英国でさえ、政治家とそのロビー活動にはより高い基準が求められるようになっている。もし、キャメロン首相がグリーンシル社への支援を得るために集中的に働きかけ、それが成功していたならば、英国の納税者はもっとひどい目に遭っていたかもしれない、とマヴィン氏はユーモアたっぷりに表現する。

グリーンシルのスキャンダルに巻き込まれた人々には、まだ何年も法的な争いが待ち受けている。しかし、バンカー、技術者、そして彼らを規制する人々がこの夏を過ごすにあたり、この「嘘のピラミッド」がどのように作られたのか、反省する機会ではないだろうか。いつかまた作られるかもしれないのだから。

Greensill’s Ghost Will Haunt the Finance World: Lionel Laurent.

© 2022 Bloomberg L.P.

翻訳:吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ