「強度を高めて運営する」 ザッカーバーグ、Metaを次の段階へ導く
2020年1月31日(金)、米国ユタ州ソルトレイクシティで開催された「Silicon Slopes Tech Summit」で笑うFacebookのCEO兼創業者、マーク・ザッカーバーグ。George Frey/Bloomberg

「強度を高めて運営する」 ザッカーバーグ、Metaを次の段階へ導く

Facebookの創業者は、世界的な景気後退の中で技術革新を進めるため、容赦ない事業ペースを維持している。不要な人員を削除し、メタバースの陣取り合戦に勝利し、TikTokの天下を終わらせる「強度を高めたオペレーション」が合言葉だ。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:Mike Isaac]サンフランシスコ ― 以前Facebookとして知られていた会社の創業者兼CEOであるマーク・ザッカーバーグは、今月サンフランシスコのベイエリアで行われた会議に、ソーシャルネットワークのトップリーダーを呼んだ。その議題は、ユーザーがサービスを閲覧する方法を変えるような改良を含む、メインのFacebookアプリを改善するためのロードマップを議論する「ワーカ・ソン」であった。

ザッカーバーグは数週間前から、幹部たちにオーバーホール(徹底的に点検・整備すること)に関するメッセージを送り、仕事の速度と実行力を高めるよう迫っていたと、この問題を知る人々は語っている。122ページのスライドデッキを読まなければならない幹部たちは、その異常なまでの集中力に汗をかき始めていたという。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン