Meta、Appleのプライバシー規則を回避してユーザーを追跡したとして提訴される
2022年7月21日(木)、米カリフォルニア州メンロパークのMeta本社前でスマートフォンを使う歩行者。Meta Platformsは、7月27日に決算数値を発表する予定だ。Photographer: David Paul Morris/Bloomberg.

Meta、Appleのプライバシー規則を回避してユーザーを追跡したとして提訴される

Meta Platformsは、Appleが昨年、iPhoneユーザーがインターネット上での活動を追跡されないよう保護するために開始した安全策を秘密裏に回避した疑いで訴えられた。

ブルームバーグ

Meta Platformsは、Appleが昨年、iPhoneユーザーがインターネット上での活動を追跡されないよう保護するために開始した安全策を秘密裏に回避した疑いで訴えられた。

サンフランシスコの連邦裁判所に提出された集団訴訟の訴状案では、2人のFacebookユーザーが、同社がAppleの2021年プライバシー規則を回避し、個人データの不正収集を制限する州法および連邦法に違反したと訴えている。同様の訴えは先週、同じ裁判所に提出されている。

この訴訟は、データプライバシー研究者のフェリックス・クラウスによる報告に基づいており、MetaのAppleのiOS向けFacebookおよびInstagramアプリは、ユーザーが訪問したウェブサイトにJavaScriptコードを注入していると述べている。クラウスによると、このコードによって、アプリはパスワードの入力を含む「あらゆるウェブサイトでの行動」を追跡することができるという。

Metaはこの報道に対し、Facebookアプリがブラウザーの活動を監視していることは認めたが、ユーザーデータを違法に収集していることは否定した。

訴えによると、MetaがFacebookアプリからユーザーデータを収集することで、2021年にAppleが制定した、すべてのサードパーティアプリがオンラインまたはオフラインでユーザーの活動を追跡する前にユーザーから同意を得ることを義務付ける規則を回避することができるという。

電子フロンティア財団によると、アップルのプライバシーに関する変更は、iOSユーザーからユーザーデータを収集するMetaの能力を深く切り込み、初年度に100億ドルの損害を与えたという。

水曜日の訴状によると、Facebookアプリは、ユーザーのデフォルトブラウザではなく、アプリ内ブラウザでウェブリンクを開くことで、Appleのプライバシー規則を回避しているとのことだ。

「このため、Metaはユーザーと第三者とのやり取りを傍受、監視、記録することができ、Metaにデータを提供して、それを集計、分析し、広告収入を増やすために利用している」と、訴状に書かれている。

Metaは、コメントを求めたところ、すぐに返答はなかった。

訴訟名は、Willis v. Meta Platforms Inc., 22-cv-05376、Mitchell v. Meta Platforms Inc., 22-cv-05267, US District Court, Northern District of California (San Francisco) 。

取材協力:Kurt Wagner

Robert Burnson. Meta Sued for Skirting Apple Privacy Rules to Snoop on Users.

© 2022 Bloomberg L.P.

吉田拓史、株式会社アクシオンテクノロジーズ