米国の新卒者の大半は学んだ分野で働いていないことが調査で判明
Photo by Vasily Koloda on Unsplash

米国の新卒者の大半は学んだ分野で働いていないことが調査で判明

米新卒者の大半は学んだ分野で働いていない。新しい調査によると、25歳以上の大卒者の半数以上が、学んだ分野とは別の仕事に就いていることが明らかになった。

ブルームバーグ

学生ローンの負債が膨らむ中、米国の親たちは、大学の学位に5桁、時には6桁の値札をつける価値があるかどうかを議論しているのかもしれない。

ここに、ある統計がある。Intelligent.comの新しい調査によると、25歳以上の大卒者の半数以上が、自分が学んだ分野の仕事に就いていないことが明らかになった。

また、この調査では、回答者の25%が年収3万ドル以下、約7人に1人が年収1万5千ドル以下であることも判明した。個人の年収が14,097ドルというのは、連邦政府の貧困基準以下とみなされる。

アクシオン有料購読、初月無料キャンペーン

毎月70本追加される一流海外メディアとオリジナル記事にアクセス

1ヶ月無料で購読する

分野間の格差は歴然としている。ビジネス、工学、生物医学、コンピューターサイエンス専攻の学生の40%近くが年間9万ドル以上稼いでいるのに対し、社会科学、コミュニケーション、教育、芸術専攻の学生の40%以上は4万5千ドル以下しか稼いでいない。この調査は、3月下旬に4年制大学または大学院の学位を持つ25歳以上の米国人1,000人を対象に行われた。

芸術・人文科学と数学・科学の比較|25歳以上の大卒者の個人年収を専攻別で見る
芸術・人文科学と数学・科学の比較|25歳以上の大卒者の個人年収を専攻別で見る

パンデミック以降、遠隔地学習や留学生の渡米障害などにより、大学への入学者数が減少している。3月に8.5%に達した轟音インフレの影響により、家庭が子どもの教育資金を貯蓄することが難しくなり、減少に拍車がかかる可能性がある。

同時に、高等教育費も年々上昇を続けている。カレッジボードによると、2021-22学年度、4年制課程のフルタイム学部生の平均授業料は、インフレ調整前の私立大学で2.1%上昇し38,070ドル、公立学校の州外生は1.5%上昇し27,560ドルである。

高等教育費が膨らむ一方で、アメリカの平均的な労働者の賃金はそれに追いついていない。その結果、特にミレニアル世代とZ世代を中心とする借り手が増え、前の世代よりも多くの借金を背負わなければならなくなった。教育データイニシアチブによると、2020年から2021年にかけて平均的な学生ローン債務が4.5%増加し、公立学校の卒業生は学士号取得のために平均3万3030ドルを借りている。

調査対象となった大卒者のうち、半数近くが給料日前の生活をしている。また、29%が毎月の家賃や住宅ローンを支払えるかどうか不安だと答えている。

大卒者は家を買う、自動車を買うなどの経済的な節目を逃している。
大卒者は家を買う、自動車を買うなどの経済的な節目を逃している。

--Alexandre Tanziの協力を得ています。

Paulina Cachero. Most U.S. College Grads Don’t Work in the Field They Studied, Survey Finds. © 2022 Bloomberg L.P.