Netflixの失速はストリーミング配信業界への警告かもしれない
ロサンゼルスのネットフリックスのオフィス(2021年10月20日撮影)。同社はさまざまな課題に直面しているが、その問題は、競合他社が不安定な未来に向かって疾走していることの表れかもしれない。(Mark Abramson/ The New York Times)

Netflixの失速はストリーミング配信業界への警告かもしれない

同社は多くの課題を抱えているが、その問題は、競合他社との競争が苛烈なものになったことを意味しているようだ。AppleやAmazon、ディズニーといった資金力のある企業が高い評価を得ている番組への支出を増やし続けている。

ニューヨーク・タイムズ

[著者:John Koblin, Nicole Sperling]シリコンバレーの覇者に追いつくことに疲れた多くのエンターテインメント企業の経営者は、ネットフリックス(Netflix)の失脚を待ちわびていた。しかし、これは彼らが期待したような形ではなかったかもしれない。

Netflixは今週、今年1〜3月の間に契約者数が契約者数を上回り、10年間にわたる着実な成長を覆すことになったと発表した。同社の株価は水曜日に35%急落し、時価総額は約500億ドル減少した。ディズニー、ワーナー・ブラザース・ディスカバリー、パラマウントといった企業の株価も下落し、業界全体で痛みが共有された。

この記事は有料会員のみご覧いただけます

購読する
既にアカウントをお持ちの方 ログイン