NFTは「崖っぷち」、販売は過去1年で最低水準に沈む
2022年4月21日(木)、米カリフォルニア州ロングビーチのレストラン「Bored & Hungry」に設置されたBored Apesのディスプレイ。

NFTは「崖っぷち」、販売は過去1年で最低水準に沈む

NFTの販売額は過去1年で最低水準に沈んだ。6月は販売が急減し、10億ドルの大台を割り込んだ。JPG NFT Indexは4月以来、約70%減少している

ブルームバーグ

(ブルームバーグ) -- 退屈な猿のアートワークやぷくぷくしたペンギンなど、非代替性トークン(NFT)の市場は、ここ数週間で販売が急減し、人気のNFTの価格が急落したことから、スパイラル的に下降している。

データトラッカーのDappRadarによると、6月、このNFTは2021年6月以来、初めて販売額10億ドル未満を記録する勢いだという。世界最大のNFTマーケットプレイスであるOpenSeaでは、販売量は5月から75%減少し、2021年7月以来の最低レベルを下回りそうだと、データプロバイダーDuneのデータは示している。

売れ筋のNFTの価格も低迷している。5月の発売時にイーサリアムネットワークを詰まらせるほど需要が高かったOtherdeed NFTの一部は、この30日間で最低価格が約30%下落し、Bored Ape Yacht Club(BAYC)のブルーチップNFTコレクションの最低価格も同時期に33%近く下落したことが、NFT Price Floorのデータで明らかになった。

一方、少数の優良なNFTプロジェクトを追跡するJPG NFTインデックスは、4月の開始以来70%以上下落している。

JPG NFT Indexの急落|このインデックスはいくつかの優良なNFTを追跡している
JPG NFT Indexの急落|このインデックスはいくつかの優良なNFTを追跡している

ステーブルコインのテラが崩壊し、貸し手のCelsius NetworkとBabel Finance、そしてヘッジファンドのThree Arrows Capitalが債務超過に陥る可能性が生じた余波で、すべての暗号コインが暴落し、投資家は多くの暗号関連プロジェクトを敬遠するようになった。また、世界で最も価値のあるNFTの多くを購入するために使用されているEtherを投げ売っている。

DappRadarの調査責任者であるPedro Herreraは、「間違いなく、NFT市場は今年6月に崖から転落した」と述べている。「市場はずっと成熟しているが、ここ数週間、テラの崩壊と潜在的な清算を取り巻く噂の中で、投資家は自分のお金を置くより安全な場所を探していたと言ってもよいでしょう」

eBayによるNFTマーケットプレイスKnownOriginの買収やUniswap LabsによるNFTマーケットプレイスアグリゲーターGenieの買収など、注目を集めたNFTプラットフォームの買収や、NFT.NYCカンファレンス、Bored ApesによるニューヨークでのApeFest 2022などの最近のイベントでも、投資家の熱意を蘇らせるには至っていない。

BAYCのNFTを開発したYuga Labs Inc.が、コンセプト・アーティストのRyder Rippsが人々を騙して偽のBored Ape NFTを買わせたとしてロサンゼルスに商標権侵害訴訟を起こしたというニュースも、センチメントの転換には役立ちそうもない。

クリプト投資家でBloomberg OpinionのライターであるAaron Brownは、「NFTから狂気の多くが流出し、彼らは統合の時期を迎えている」と述べている。「私は彼らが生き残るだろう。しかし、マニアが殺到した絶頂期に比べれば、はるかに理にかなった形で生き残るだろう」

Olga Kharif. NFTs Have ‘Fallen Off the Cliff’ as Sales Sink to Lowest Levels in a Year.

© 2022 Bloomberg L.P.